光岡ガリュー/ヌエラ 一部改良で燃費向上

2010.07.02 自動車ニュース

光岡、「ガリュー クラシック」「ガリュー2-04」「ヌエラ6-02」の燃費を向上

光岡自動車は、「ガリュー クラシック」「ガリュー2-04」および「ヌエラ6-02」を一部仕様変更し、2010年7月2日に発売した。

「ガリュー クラシック」「ガリュー2-04」「ヌエラ6-02」はすべて「トヨタ・カローラ」シリーズがベース。ガリューはセダンのみ、ヌエラ6-02にはセダンのほかワゴンモデルも用意される。
今回の仕様変更は、2010年4月に行われた「カローラアクシオ」「カローラフィールダー」の燃費向上施策に伴うもの。併せて、一部装備も変更された。

その内容は、「ガリュー クラシック」「ヌエラ6-02セダン/ワゴン」「ガリュー2-04」の1.5リッターモデル(FF/CVT)で、エンジンとトランスミッションの制御システムを変更。これにより燃費(10・15モード)は、20.0km/リッター(従来比+1.4km/リッター)を実現し、「平成22年度燃費基準+25%」を達成した。
1.8リッターモデルは、エンジンに可変バルブ機構「バブルマチック」を搭載。FF車の燃費は18.6km/リッター(従来比:セダン+1.4km/リッター、ワゴン+1.8km/リッター)に向上し、「平成22年度燃費基準+15%」を達成。4WD車は15.6km/リッター(従来比セダン、ワゴンともに+1.2km/リッター)となり「平成22年度燃費基準+20%」を達成した。

装備面では、3車種の1.8リッターモデル全車にオーディオコントロールステアリングスイッチを標準化。タイヤ&ホイールサイズも変更され、1.5リッターFF車全車に185/65R15タイヤ&15×6Jホイール、ヌエラ6-02ワゴンの1.8リッターFF車には195/65R15タイヤ&15×6Jホイールが装着される。

価格は、「ガリュー クラシック」「ガリュー2-04」「ヌエラ6-02セダン」が234.5万円(1.5リッターFF/5MT)から317.5万円(1.8リッター4WD/CVT)、「ヌエラ6-02ワゴン」は、231万円(1.5リッターFF/5MT)から301.5万円(1.8リッター4WD/CVT)まで。

(webCG ワタナベ)

「ガリュー2-04」
「ガリュー2-04」
「ガリュー クラシック」
「ガリュー クラシック」
「ヌエラ6-02セダン」
「ヌエラ6-02セダン」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ガリューの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 長〜いミツオカ、「ガリューリムジンS50」発売 2008.10.23 自動車ニュース 光岡自動車は2008年10月23日、新型車「ガリューリムジンS50」を発表。同日に発売した。
  • ミツオカ・ガリュー、全車自動ブレーキ標準に 2016.1.20 自動車ニュース 光岡自動車は2016年1月20日、フラッグシップセダン「ガリュー」の一部仕様を変更し、同年1月22日に発売すると発表した。
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 特集 スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • ミツオカの最上級セダン、ガリューが新型に 2015.9.2 自動車ニュース 光岡自動車は2015年9月2日、フラッグシップセダン「ガリュー」をフルモデルチェンジし、同年9月4日に発売すると発表した。5代目となる新型は、ベース車に現行モデルの「日産ティアナ」を採用。予防安全装備として、自動緊急ブレーキなどを用意している。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
ホームへ戻る