光岡ガリュー/ヌエラ 一部改良で燃費向上

2010.07.02 自動車ニュース

光岡、「ガリュー クラシック」「ガリュー2-04」「ヌエラ6-02」の燃費を向上

光岡自動車は、「ガリュー クラシック」「ガリュー2-04」および「ヌエラ6-02」を一部仕様変更し、2010年7月2日に発売した。

「ガリュー クラシック」「ガリュー2-04」「ヌエラ6-02」はすべて「トヨタ・カローラ」シリーズがベース。ガリューはセダンのみ、ヌエラ6-02にはセダンのほかワゴンモデルも用意される。
今回の仕様変更は、2010年4月に行われた「カローラアクシオ」「カローラフィールダー」の燃費向上施策に伴うもの。併せて、一部装備も変更された。

その内容は、「ガリュー クラシック」「ヌエラ6-02セダン/ワゴン」「ガリュー2-04」の1.5リッターモデル(FF/CVT)で、エンジンとトランスミッションの制御システムを変更。これにより燃費(10・15モード)は、20.0km/リッター(従来比+1.4km/リッター)を実現し、「平成22年度燃費基準+25%」を達成した。
1.8リッターモデルは、エンジンに可変バルブ機構「バブルマチック」を搭載。FF車の燃費は18.6km/リッター(従来比:セダン+1.4km/リッター、ワゴン+1.8km/リッター)に向上し、「平成22年度燃費基準+15%」を達成。4WD車は15.6km/リッター(従来比セダン、ワゴンともに+1.2km/リッター)となり「平成22年度燃費基準+20%」を達成した。

装備面では、3車種の1.8リッターモデル全車にオーディオコントロールステアリングスイッチを標準化。タイヤ&ホイールサイズも変更され、1.5リッターFF車全車に185/65R15タイヤ&15×6Jホイール、ヌエラ6-02ワゴンの1.8リッターFF車には195/65R15タイヤ&15×6Jホイールが装着される。

価格は、「ガリュー クラシック」「ガリュー2-04」「ヌエラ6-02セダン」が234.5万円(1.5リッターFF/5MT)から317.5万円(1.8リッター4WD/CVT)、「ヌエラ6-02ワゴン」は、231万円(1.5リッターFF/5MT)から301.5万円(1.8リッター4WD/CVT)まで。

(webCG ワタナベ)

「ガリュー2-04」
「ガリュー2-04」
「ガリュー クラシック」
「ガリュー クラシック」
「ヌエラ6-02セダン」
「ヌエラ6-02セダン」

関連キーワード:
ガリューヌエラガリュー204ミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカが「ビュート」の25周年記念特別仕様車を発売 2018.1.18 自動車ニュース 光岡自動車は2018年1月18日、「ビュート」に特別仕様車「マイ ビュート 25周年記念特別仕様車」を設定し、同年1月20日から12月24日までの期間限定で販売すると発表した。
  • ミツオカの最上級セダン、ガリューが新型に 2015.9.2 自動車ニュース 光岡自動車は2015年9月2日、フラッグシップセダン「ガリュー」をフルモデルチェンジし、同年9月4日に発売すると発表した。5代目となる新型は、ベース車に現行モデルの「日産ティアナ」を採用。予防安全装備として、自動緊急ブレーキなどを用意している。
  • 「DS 3」にパルテノン神殿がモチーフの特別仕様車が登場 2018.2.13 自動車ニュース DSブランドのコンパクトカー「DS 3」に、50台の限定モデル「パルテノン」が登場。車名の通り、古代ギリシアの古代遺跡、パルテノン神殿をモチーフにしたというボディーカラーが特徴で、ルーフカラーには茶系の「ブラントパーズ」が用いられている。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • エンジンに新技術、マツダが「CX-5」を一部改良 2018.2.8 自動車ニュース マツダがミドルサイズSUV「CX-5」に一部改良を実施。ディーゼル車、ガソリン車ともにエンジンの改良によって走りと実燃費を改善したほか、360°ビューモニターを採用したり、パワーリフトゲートの設定を拡大したりと、装備の拡充も図っている。
ホームへ戻る