第409回:あー、楽しかった! サッカー日本代表と「日産ジューク」に見る日本再生の妄想(?)

2010.07.02 エッセイ

第409回:あー、楽しかった! サッカー日本代表と「日産ジューク」に見る日本再生の妄想(?)


第409回:あー、楽しかった! サッカー日本代表と「日産ジューク」に見る日本再生の妄想(?)

ちょっとしたことで変わった、ジュークと日本代表

あー、楽しかった。夢見させてもらったな、サッカーワールドカップ(W杯)2010! っていうかまだ終わってませんけどね。ある種のものは終わりましたね。日本代表の終わりとともに。

最後のパラグアイ戦のPKは残念だったが、おもしろかった。どっかのビールのテレビCMじゃないけど、草サッカー仲間と六本木のバーで肩組んで叫んだ。カ・ワ・シ・マ〜ってね(笑)。今回分かったのは、ブラジル人、アルゼンチン人って毎回こんなにW杯を楽しんでたんだ〜ってこと。ヨーロッパ人もそうだけどさ。

俺が言うまでもないけど、サッカーをスポーツとして見るのと、同胞の戦いとして見るのとでは、意味合いと快楽度が全然違う。なんでもないボールのクリアでも喜べる。別に1点も入らなくてもいいわけよ。
それはきっと心が選手たちと同化してる(たぶんね)からなんだよね。これで日本も快楽のラテン、ブラジルに一歩近づいた! と思いました。違うか(笑)。

さて、開幕当初は、かつてないほど“期待できない”日本代表とか言われておきながら、終わってみれば“今までで一番良かった”とまで言われるチームの変ぼう。それはちょっとしたきっかけというか、小さなことだったよう。

で、それはクルマ作りも同じだと思ったのが、先日デビューした「日産ジューク」。ベースは「キューブ」や「ティーダ」と同じ定番Bプラットフォームを使い、パワートレインも現状既存の1.5リッター直4。新たにデュアルインジェクターや日産自慢の新型エクストロニックCVTを装備しているものの、基本、低速トルクとレスポンスを強化しているだけで、特別斬新なテクノロジーを使ってるとか、素材をおごってるわけじゃない。ポイントは考え方であり、発想なのだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』