グランドチェロキーSRT8、価格見直して発売

2010.07.01 自動車ニュース

「ジープ・グランドチェロキーSRT8」2010年モデル発売

クライスラー日本は、高級SUV「ジープ・グランドチェロキー」のハイパフォーマンスモデル「グランドチェロキーSRT8」の2010年モデルを、2010年7月3日に発売する。

「グランドチェロキーSRT8」は、SRT(ストリート・アンド・レーシング・テクノロジー)によってチューンされた6.1リッターV8 OHV “HEMI”エンジンを搭載。最高出力426ps、0-100km/h加速は5秒というパフォーマンスを発揮する、「ジープ史上、最速のジープ」(プレスリリース)だ。

2010年モデルでは、新車登録日から3年の間の法定定期点検や一部消耗部品の交換が無料で受けられるメンテナンスパッケージ「メンテナンス フォー ユー」や、HDDナビゲーションシステムをオプション装備とするなどして、価格の見直しがされた。

価格は、2009年モデルより51万9750円安い、696万6750円となる。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
グランドチェロキージープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(ジープ) 2017.12.4 画像・写真 いよいよ登場した新型「ラングラー」に、700psオーバーのモンスターSUV「グランドチェロキー トラックホーク」の姿も。ロサンゼルスオートショー2017の会場から、話題満載のジープブースの様子を写真でリポートする。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ジュネーブモーターショー2018(その26) 2018.3.11 画像・写真 2018年3月6日に開幕した第88回ジュネーブ国際モーターショー。FCA傘下のジープブランドは新型「ラングラー」と「チェロキー」のマイナーチェンジモデルを欧州初公開した。その姿を写真で紹介する。
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る