スペシャル版「トゥインゴ」、限定発売

2010.07.01 自動車ニュース

スペシャルチューンの「ルノー・トゥインゴ」、22台限定で発売

ルノー・ジャポンは2010年7月1日、コンパクトハッチ「トゥインゴ」に特別仕様車「Coupe des Alpes(クープ・デ・ザルプ)」を設定。22台限定で発売した。

「ルノー・トゥインゴ クープ・デ・ザルプ」は、「トゥインゴGT」をベースに専用パーツを組み込み、走行性能を向上させたというスペシャルモデル。
ルノー車のインポーターであるルノー・ジャポンと、ルノースポールが開発するスポーツ車両やパーツを扱うシーフォがタッグを組んで送り出す、日本市場限定の特別仕様車だ。

特別装備の最たるものは、床下や荷室など各所に配される補強バー。車体のねじり剛性を高めることで、コーナリングでの応答性や乗り心地の向上を図ったという。

足まわりは、ノーマルに比べて1本で3.6kg、4本合わせて14.4kgも軽い鍛造ホイールを採用。ボディの補強による増加分を差し引いても、トータル8kgの軽量化に貢献する。なお、1.2リッターターボエンジン(100ps、14.8kgm)は手付かずのままで、5段MTが組み合わされる。

エクステリアでは、アルミ製のショートアンテナや、専用のサイドシルデカール、Bピラーのデカールなどが限定モデルならではの装備。インテリアはノーマルと変わりないが、運転席のみ20mm低められた「ローポジションシート」となっている。

価格は、222万2000円。ベースモデルより17万円8000円安い価格で販売される。

(webCG 関)

「ルノー・トゥインゴ クープ・デ・ザルプ」
「ルノー・トゥインゴ クープ・デ・ザルプ」
車体を下から見たところ。床下には専用の補強バーが入れられる。
車体を下から見たところ。床下には専用の補強バーが入れられる。
15インチの軽量鍛造アルミホイール。1本あたり3.6kg軽くなっている。
15インチの軽量鍛造アルミホイール。1本あたり3.6kg軽くなっている。
サイドシルの専用プレート。「No.22」は、ルノースポールの前身であるアルピーヌ社の創設者、ジャン・レデレー氏が1954年のアルペンラリー「クープ・デ・ザルプ」で優勝したときのゼッケンだ。
サイドシルの専用プレート。「No.22」は、ルノースポールの前身であるアルピーヌ社の創設者、ジャン・レデレー氏が1954年のアルペンラリー「クープ・デ・ザルプ」で優勝したときのゼッケンだ。

スペシャル版「トゥインゴ」、限定発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
ホームへ戻る