スペシャル版「トゥインゴ」、限定発売

2010.07.01 自動車ニュース

スペシャルチューンの「ルノー・トゥインゴ」、22台限定で発売

ルノー・ジャポンは2010年7月1日、コンパクトハッチ「トゥインゴ」に特別仕様車「Coupe des Alpes(クープ・デ・ザルプ)」を設定。22台限定で発売した。

「ルノー・トゥインゴ クープ・デ・ザルプ」は、「トゥインゴGT」をベースに専用パーツを組み込み、走行性能を向上させたというスペシャルモデル。
ルノー車のインポーターであるルノー・ジャポンと、ルノースポールが開発するスポーツ車両やパーツを扱うシーフォがタッグを組んで送り出す、日本市場限定の特別仕様車だ。

特別装備の最たるものは、床下や荷室など各所に配される補強バー。車体のねじり剛性を高めることで、コーナリングでの応答性や乗り心地の向上を図ったという。

足まわりは、ノーマルに比べて1本で3.6kg、4本合わせて14.4kgも軽い鍛造ホイールを採用。ボディの補強による増加分を差し引いても、トータル8kgの軽量化に貢献する。なお、1.2リッターターボエンジン(100ps、14.8kgm)は手付かずのままで、5段MTが組み合わされる。

エクステリアでは、アルミ製のショートアンテナや、専用のサイドシルデカール、Bピラーのデカールなどが限定モデルならではの装備。インテリアはノーマルと変わりないが、運転席のみ20mm低められた「ローポジションシート」となっている。

価格は、222万2000円。ベースモデルより17万円8000円安い価格で販売される。

(webCG 関)

「ルノー・トゥインゴ クープ・デ・ザルプ」
「ルノー・トゥインゴ クープ・デ・ザルプ」
車体を下から見たところ。床下には専用の補強バーが入れられる。
車体を下から見たところ。床下には専用の補強バーが入れられる。
15インチの軽量鍛造アルミホイール。1本あたり3.6kg軽くなっている。
15インチの軽量鍛造アルミホイール。1本あたり3.6kg軽くなっている。
サイドシルの専用プレート。「No.22」は、ルノースポールの前身であるアルピーヌ社の創設者、ジャン・レデレー氏が1954年のアルペンラリー「クープ・デ・ザルプ」で優勝したときのゼッケンだ。
サイドシルの専用プレート。「No.22」は、ルノースポールの前身であるアルピーヌ社の創設者、ジャン・レデレー氏が1954年のアルペンラリー「クープ・デ・ザルプ」で優勝したときのゼッケンだ。

スペシャル版「トゥインゴ」、限定発売の画像

関連キーワード:
トゥインゴルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • RRのホットハッチ「ルノー・トゥインゴGT」登場 2017.9.28 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年9月28日、コンパクトカー「トゥインゴ」に新グレード「GT」を設定し、同年10月19日より200台限定で販売すると発表した。ルノー・スポールが手がけた高性能グレードであり、より高出力なエンジンなど特徴としている。
  • ホンダX-ADV(MR/6AT)【レビュー】 2017.9.23 試乗記 スクーターのようなボディーに、オフロードも行けそうなタイヤとホイール。そしてナナハンクラスの大型エンジン。個性的なホンダの“アドベンチャーモデル”「X-ADV」とはどんなオートバイなのか? その走りをリポートする。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • 「ルノー・ルーテシア」に5段MTの新グレード 2017.10.12 自動車ニュース
  • 「A110」登場は年明け アルピーヌ・ジャポンが始動 2017.10.11 自動車ニュース