プジョー207GT、パワーアップして復活

2010.06.30 自動車ニュース

「プジョー207GT」、パワーアップして復活

プジョー・シトロエン・ジャポンは、マイナーチェンジを施したスポーティハッチバック「207GT」を導入。2010年7月1日に発売する。

プジョーのコンパクトハッチバック「207」。2009年末にカタログから姿を消したそのホットモデル「207GT」が、マイナーチェンジを受け、このたび復活する。

他の「207」シリーズ同様、フロントまわりの造形が従来モデルよりもマイルドに。「洗練され落ち着きのある、優しいデザイン」(プレスリリース)になった。さらに、リアのバンパーモールは黒からボディ同色に変更され、サイドプロテクションモールにはクロームストリップが入れられるなどした。

心臓部は1.6リッターターボエンジンのままだが、アニュアルトランスミッションは従来の5段から1段増えて6段に。マネージメントシステムの変更などにより、排ガスはよりクリーン(欧州の新規制ユーロ5をクリア)になり、最高出力も150psから156psへとアップした。24.5kgmの最大トルク値は変わらない。

価格はマイナーチェンジ前から据え置きの、266.0万円。

(webCG 関)

「プジョー207GT」
「プジョー207GT」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

207の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る