プジョー207GT、パワーアップして復活

2010.06.30 自動車ニュース

「プジョー207GT」、パワーアップして復活

プジョー・シトロエン・ジャポンは、マイナーチェンジを施したスポーティハッチバック「207GT」を導入。2010年7月1日に発売する。

プジョーのコンパクトハッチバック「207」。2009年末にカタログから姿を消したそのホットモデル「207GT」が、マイナーチェンジを受け、このたび復活する。

他の「207」シリーズ同様、フロントまわりの造形が従来モデルよりもマイルドに。「洗練され落ち着きのある、優しいデザイン」(プレスリリース)になった。さらに、リアのバンパーモールは黒からボディ同色に変更され、サイドプロテクションモールにはクロームストリップが入れられるなどした。

心臓部は1.6リッターターボエンジンのままだが、アニュアルトランスミッションは従来の5段から1段増えて6段に。マネージメントシステムの変更などにより、排ガスはよりクリーン(欧州の新規制ユーロ5をクリア)になり、最高出力も150psから156psへとアップした。24.5kgmの最大トルク値は変わらない。

価格はマイナーチェンジ前から据え置きの、266.0万円。

(webCG 関)

「プジョー207GT」
「プジョー207GT」

関連キーワード:
207プジョー207シリーズ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラール ファーストエディション(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.9.2 試乗記 「レンジローバー」ファミリーに新たに4番目のモデルが追加された。その名は「ヴェラール」。優雅なスタイリングが自慢のニューフェイスの“フィジカル”を、ノルウェーのオンロードとオフロードで試した。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
ホームへ戻る