MINIの限定車「サヴィル・ロー」発売

2010.06.30 自動車ニュース

ブラック&クロームのボディが自慢 「MINIサヴィル・ロー」発売

BMWジャパンは、MINIに特別限定車「SAVILE ROW(サヴィル・ロー)」を設定し、2010年7月1日に発売すると発表した。

■クロームパーツでキラッとカスタム

「MINIサヴィル・ロー」は、日本市場向けに設定された、100台限定の特別仕様車だ。高級テーラーが軒を連ねるロンドン中心部のストリートから名をとったこのモデルは、ブラックボディとクロームパーツのコンビネーションによって、クールな雰囲気が演出されている。

サヴィル・ローのベースとなるのは、「MINIクーパー」(ハッチバック)の6AT車。ミッドナイトブラックのボディ+ブラックルーフを選び、車体をブラックで統一したうえで、クローム仕上げの17インチアロイホイールやミラーキャップ、給油口キャップなどを装着。色のコントラストを際立たせた。

プライバシーガラス(リア)やバイキセノンヘッドライト、ホワイトターンシグナルインジケーター(クリアタイプのウインカーレンズ)、クロームライン・インテリアなど、あわせて約75万円相当のオプション装備を盛り込みながら、ベース車の40万円アップに抑えられた価格も、セリングポイントのひとつとされる。

価格は、310.0万円。

(webCG 曽宮)

「MINIサヴィル・ロー」
「MINIサヴィル・ロー」

MINIの限定車「サヴィル・ロー」発売の画像

MINIの限定車「サヴィル・ロー」発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.10 試乗記 「MINIクラブマン」に追加されたホットモデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。ワゴンボディーがもたらす高い利便性と、“JCW”専用チューニングによる高い走行性能は果たして両立するのか。340kmあまりのドライブで得られた結論とは?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • MINI ONE(FF/6AT)【試乗記】 2014.8.28 試乗記 3代目となった新型「MINI」に、エントリーグレードの「ONE」が登場。試乗を通して実感した、「愛されキャラ」であり続けるための秘訣(ひけつ)とは?
  • MINIクーパーS(FF/6MT)【試乗記】 2014.6.30 試乗記 より大きく、力強く、かつ効率的に生まれ変わった「MINI」。持ち前のゴーカートフィーリングは健在だが、この新型では“何か”が、旧型とは根本的に違っていた。その何かとは……。高性能仕様「クーパーS」で箱根を目指した。
ホームへ戻る