【スペック】全長×全幅×全高=4365×1835×1635mm/ホイールベース=2615mm/車重=1560kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=385.0万円(テスト車=同じ)

プジョー3008グリフ(FF/6AT)【試乗速報】

常識を打ち破れ! 2010.06.30 試乗記 プジョー3008グリフ(FF/6AT)
……385.0万円

プジョーの新型クロスオーバー「3008」が日本上陸。上級グレードに試乗し、その個性を確かめた。

犬顔の目立ちたがり屋

2009年、フランクフルトショーの会場で「3008」を初めて見たとき、しばらくポカンとしていたことを思い出す。フロントマスクは見る角度によっては“犬顔”だし、プロポーションもカタマリ感があって、まわりのプジョーとは明らかに違うオーラを放っていた。名前を聞いて、「308」から派生した個性的なクルマということは理解できたが、そのインパクトは「1007」をしのぎ、“4桁プジョー”きっての目立ちたがり屋、というのが私の第一印象だった。

そんな3008が、EURO5対応の最新1.6リッター直噴ターボエンジンと待望の6段オートマチックを搭載し、満を持しての日本上陸となった。ハッチバックと異なる、すこしずんぐりとしたプロポーションの持ち主は、ハッチバックとSUV、そしてモノスペースのいいとこどり。つまり、いま流行の“クロスオーバー”というわけだ。ボディの前後にステンレス製アンダーガードを備えるものの、SUV臭さはさほど強くなく、スポーティなモノスペースを演出するうえでは、とてもバランスのいい仕上がりを見せている。さしずめ、ヨーロッパ市場でのライバルは、フォルクスワーゲンの「クロスゴルフ」あたりだろうか?

後席頭上まで広がる、大型のパノラミックガラスルーフが標準で備わる。
後席頭上まで広がる、大型のパノラミックガラスルーフが標準で備わる。
プジョー3008グリフ(FF/6AT)【試乗速報】の画像
リアハッチゲートは上下2分割で開く。荷室床板は3段階に調整が可能。
クリックするとシートアレンジによる荷室の変化が見られます。
リアハッチゲートは上下2分割で開く。荷室床板は3段階に調整が可能。
クリックするとシートアレンジによる荷室の変化が見られます。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3008の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
ホームへ戻る