新型「VWクロスポロ」、販売開始

2010.06.29 自動車ニュース

2代目「フォルクスワーゲン・クロスポロ」、発売

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2010年6月29日、新型「クロスポロ」を日本に導入。同日に発売した。

■より強く、よりエコに

2006年9月に日本デビューした「フォルクスワーゲン・クロスポロ」。今回、2代目となる新型が発売された。

「クロスポロ」は、その名が示すとおり、コンパクトハッチバックの「ポロ」にSUVテイストを加えた、クロスオーバーモデルだ。
専用デザインの前後バンパーや、そのバンパーからフェンダーまでボディをぐるりと取り囲む黒いウレタンのプロテクター、ルーフレール、17インチアルミホイールなどで、ノーマルポロとは異なる活動的な雰囲気を演出。インテリアも、ツートーンのスポーツシートなどで個性を主張する。

実際のボディサイズは、全長×全幅×全高=4000×1710×1505mmで、ホイールベースは2470mm。ノーマルな外観の「ポロTSIハイライン」に比べると、5mm長く、25mm幅広く、30mm高い寸法で、最低地上高は、15mm高くなっている。

見た目のほかに注目なのが、心臓部だ。
搭載されるエンジンは、「ゴルフ」や「ポロ」でも既に採用されている1.2リッターターボの「TSIユニット」(105ps/5000rpm、17.8kgm/1550-4100rpm)。7段の2ペダルMT「DSG」が組み合わされ、10・15モードで18.6km/リッターの燃費性能を発揮する。
1.6リッターNAユニットにATを組み合わせた先代モデルに比べ、最高出力はそのまま、最大トルクは18%増しに。いっぽう、燃費値が29%向上したのが自慢。エコカー減税とエコカー補助金の対象車であることも、セリングポイントとなっている。

ボディカラーは、先代でもイメージカラーとなっていた「マグマオレンジ」のほか、レッド、シルバー、ブラック系の3色も用意。モノグレードで、価格は260.0万円だ。

(webCG 関)

「フォルクスワーゲン・クロスポロ」
「フォルクスワーゲン・クロスポロ」
黒い“ふち取り”が目を引くサイドビュー。ホイールは大きめの17インチを履く。
黒い“ふち取り”が目を引くサイドビュー。ホイールは大きめの17インチを履く。

新型「VWクロスポロ」、販売開始の画像
新型「フォルクスワーゲン・クロスポロ」のエンジンは、1.2リッターターボのみ。高出力と低燃費の両立をうたう、同社自慢のパワーユニットだ。
新型「フォルクスワーゲン・クロスポロ」のエンジンは、1.2リッターターボのみ。高出力と低燃費の両立をうたう、同社自慢のパワーユニットだ。

新型「VWクロスポロ」、販売開始の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.8.7 試乗記 アウディのSUV製品群である「Q」シリーズの末っ子こと「Q2」。“ポリゴン”をモチーフにしたという、ユニークなスタイリングが目を引くニューフェイスの出来栄えを、中間グレードの「1.0 TFSIスポーツ」で試した。
ホームへ戻る