独BMW、MINIを一部改良

2010.06.29 自動車ニュース

独BMW、「MINI」を一部改良

独BMWは、「MINI」シリーズを一部改良し、2010年9月18日より販売を開始すると発表した。

今回の改良の目玉は、新しいディーゼルエンジンの採用だ。ディーゼル車のエントリーモデル「MINI ONE D」と上級モデル「MINIクーパー D」に新エンジンが搭載され、新グレードの「MINI ONE D クラブマン」と、オープンモデル初のディーゼル車となる「MINIクーパー D コンバーチブル」が仲間入りした。

「MINI ONE D」(90hp)と「MINIクーパー D」(112hp)は、100km/3.8リッター(約26.3km/リッター)の低燃費と、99g/kmの低CO2排出を実現。排出ガス性能は、欧州の最新の排出ガス規制「ユーロ5」をパスするレベルに仕上がっているという。

MINIシリーズ全般に共通する改良としては、外装が一部変更された。歩行者保護性能が高められた新形状のフロントバンパー、LED内蔵式のリアコンビランプ、急ブレーキ時に点滅して後続車に注意を促す「ダイナミックブレーキライト機能」などが採用された。また、ホイールのバリエーションに新デザインが追加されたほか、新しいボディカラーも設定された。

装備面では、オプションのバイキセノンヘッドライトに、ブラックのヘッドライトリフレクターまたはアダプティブヘッドライトの組み合わせが可能となった。また、バックミラーとサイドミラーの両方に自動防眩式ミラーが設定された。さらに3色のLEDの組み合わせにより、様々な色彩で車内を演出できるアンビエントライトがオプション設定された。このほか「MINIクラブマン」には、ローラー式のラゲッジカバーが採用された。

(webCG 曽宮)

 
独BMW、MINIを一部改良の画像
 
独BMW、MINIを一部改良の画像
 
独BMW、MINIを一部改良の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
ホームへ戻る