独BMW、MINIを一部改良

2010.06.29 自動車ニュース

独BMW、「MINI」を一部改良

独BMWは、「MINI」シリーズを一部改良し、2010年9月18日より販売を開始すると発表した。

今回の改良の目玉は、新しいディーゼルエンジンの採用だ。ディーゼル車のエントリーモデル「MINI ONE D」と上級モデル「MINIクーパー D」に新エンジンが搭載され、新グレードの「MINI ONE D クラブマン」と、オープンモデル初のディーゼル車となる「MINIクーパー D コンバーチブル」が仲間入りした。

「MINI ONE D」(90hp)と「MINIクーパー D」(112hp)は、100km/3.8リッター(約26.3km/リッター)の低燃費と、99g/kmの低CO2排出を実現。排出ガス性能は、欧州の最新の排出ガス規制「ユーロ5」をパスするレベルに仕上がっているという。

MINIシリーズ全般に共通する改良としては、外装が一部変更された。歩行者保護性能が高められた新形状のフロントバンパー、LED内蔵式のリアコンビランプ、急ブレーキ時に点滅して後続車に注意を促す「ダイナミックブレーキライト機能」などが採用された。また、ホイールのバリエーションに新デザインが追加されたほか、新しいボディカラーも設定された。

装備面では、オプションのバイキセノンヘッドライトに、ブラックのヘッドライトリフレクターまたはアダプティブヘッドライトの組み合わせが可能となった。また、バックミラーとサイドミラーの両方に自動防眩式ミラーが設定された。さらに3色のLEDの組み合わせにより、様々な色彩で車内を演出できるアンビエントライトがオプション設定された。このほか「MINIクラブマン」には、ローラー式のラゲッジカバーが採用された。

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
MINI 3ドアMINIクラブマンMINIコンバーチブルMINI自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • “英国らしさ”を際立たせた、MINIの特別仕様車「ヴィクトリア」登場 2018.6.28 自動車ニュース 「MINI 3ドア/5ドア」に特別仕様車「VICTORIA(ヴィクトリア)」が登場。ベースとなったのはエントリーグレードの「ONE(ワン)」で、ボディーの各所にタータンチェックやユニオンジャックのデザインが用いられている。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)/up! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.7.6 試乗記 日本において13年ぶりに出そろったフォルクスワーゲンGTI 3兄弟の中から、デビューしたての最新モデル「up! GTI」と「ポロGTI」に試乗。他のホットハッチとは一味違う、抑えのきいたGTIならではの妙味に触れた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
ホームへ戻る