【スペック】全長×全幅×全高=3956×1715×1455mm/ホイールベース=2455mm/車重=1180kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(120ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)/価格=249.0万円(テスト車=272.0万円)

シトロエンDS3 シック(FF/4AT)【ブリーフテスト】

シトロエンDS3 シック(FF/4AT) 2010.06.29 試乗記 ……272.0万円
総合評価……★★★★

シトロエンのプレミアムライン「DS」シリーズのコンパクトハッチ「DS3」。4AT搭載のベーシックグレード「シック」の使い勝手、走りを細かくチェックした。

フランス車らしさより、フランスらしさ

朝の東名高速を東京から西へ向かっていると、パリのオフィスへとオートルートを走るフランスのビジネスマン気分になってきた。なぜそんな錯覚を抱いたのか。この日ドライブしていた「シトロエンDS3」のためだ。
「アンチレトロ」をコンセプトに掲げているとおり、DS3は半世紀前に誕生した名車「DS」のリメイクではない。フローティングルーフはDSからのフィードバックというが、それ以外はモダンでクールなデザインに統一されている。
走りのシトロエンらしさも、同じプラットフォームを使った「C3」より薄味だ。それ以前に、あらゆる路面で快適な乗り心地、高速道路での盤石の安定性、粘り強いロードホールディングなど、基本性能の高さが印象に残る。
でも個性がないわけじゃない。たしかにシトロエンっぽさはあまり感じないが、いまのフランス、いまのパリの雰囲気は、デザインにも走りにも漂っている。だからパリに通勤するフランス人になったような錯覚を抱いたのだろう。
そもそも「シトロエンらしさ」や「フランス車らしさ」は、過去に基づく判断であることに注意しなければいけない。DS3がアンチレトロを掲げたのは、旧来のイメージときれいさっぱり決別し、いまの視点でのブランドイメージを構築したかったからじゃないだろうか。
手法は異なるにせよ、現状からの脱却を図ったという点では、半世紀前のDSも今回のDS3も変わらない。フランス車好きよりもフランス好き、それも現代美術や最新クラブ事情などに興味を持つ人のほうが、このクルマに引かれるのではないかという印象を持った。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンDS3/DS3カブリオ 2014.5.23 画像・写真 マイナーチェンジを受けた「シトロエンDS3」を写真で紹介する。
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • 「シトロエンDS 60周年ミーティング」の会場から 2015.5.1 画像・写真 2015年4月26日、静岡県掛川市のヤマハリゾートつま恋で「シトロエンDS 60周年ミーティング」が開かれた。1955年のパリサロンで「DS」が衝撃的なデビューを飾ってから、今年でちょうど60年。それを記念してオーナー有志が企画したのがこのミーティングで、当日は27台のDSシリーズが集まった。シトロエンの記念ミーティングを写真で紹介する。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 新デザインのヘッドランプを備えた「DS 3」登場 2015.2.4 自動車ニュース 見た目も安全装備も進化した「DS 3ニューライトシグネチャー」が登場。
ホームへ戻る