第120回:フィアット軽食堂の夜

2006.05.03 エッセイ

第120回:フィアット軽食堂の夜

紙製テーブルクロスからしてシビれる「オステリアF.I.A.T.」
第120回:フィアット軽食堂の夜
マンボなポスターがちりばめられた店内
第120回:フィアット軽食堂の夜

御曹司までご用達

フィアットの都トリノに「オステリアF.I.A.T.」という軽食堂がある。別にフィアットの社員食堂でも、フェラーリ本社前にあるリストランテ・カヴァリーノのようなオフィシャル・レストランでもない。

その証拠に、その軽食堂のF.I.A.T.とは、本家の「トリノ・イタリア自動車工場」の略ではない。「Fate In fretta A Tavola!=早くテーブルにつけ!」の頭文字をとったものである。

しかし店内は、フィアットの関連アイテムで溢れている。それも、昨日今日に寄せ集めたものではない。1970年代モデルの発売前スクープ写真や、戦前戦後にかけて生産されたフィアット製冷蔵庫なんていう、激レアグッズが散りばめられているのだ。

そんなオンリー・フィアットなムードゆえだろう、レジのそばには、数々の有名人の写真が飾られている。
「ウチの町内の餃子屋だって、ガッツ石松のサインがサランラップで包んで貼ってある」などと言うなかれ。
フィアット創業家の御曹司が来店したときの記念写真まであるのだ。けっしてオフィシャルでないけど、ほとんどオフィシャルのようなもの。このあたりの「ゆるさ」が、イタリアっぽくていい。

見れば見るほどカルトな切り抜きあり。
第120回:フィアット軽食堂の夜
「10ユーロ定食」の第一の皿。この日はフジッリのオリーブ和え。
第120回:フィアット軽食堂の夜

失恋レストランではなく

夜8時を過ぎると、予約客でいっぱいになる。壁際にかけられた往年のポスター類も、カップルに遮られて鑑賞しづらくなる。仲むつまじい彼らへのやっかみもあって、思わず「オイ、どけ」とつぶやいてしまう悲しいボクである。

ただし、昼間や夜早くは独り者が多い。一瞬、清水健太郎の失恋レストランか?と思ったが、その秘密はメニューにあった。

ブリモ(第一の皿)のパスタ、セコンド(第ニの皿)とコントルノ(つけ合わせ)、それにテーブルワインかミネラルウォーターが付く。テーブルワインといっても、なかなか濃い。実際、ある晩、ボクは店を出た途端、クラッときて歩道の段差を踏み外した。

おいしいパンも紙袋に入ってドーンとテーブルに置かれている。それでいてテーブルチャージもない。さらに気になるお値段も、いまどき10ユーロぽっきり(約1400円)という、「ファッションセンターしまむら」も驚く良心価格なのである。

さらに、その10ユーロメニュー、中身は日替わりである。それもヴェネツィア風やトスカーナ風が巧みに盛り込まれる。素朴で芳醇なソースは、思わずスカルペッタしたくなる。つまりパンですくって残さず食べたくなる。

出張族や、料理を作るのが面倒になった独り者が常連になってしまうのは、容易に想像できる。

限りなく「人間チンクエチェント」な店主、カルロおじさん。
第120回:フィアット軽食堂の夜

昇華したエンスーを見た!

店主のカルロおじさんは、1971年に18歳でフィアット工場で働きはじめた。
「124やX1/9の生産ラインでも働いたよ」と彼は自慢する。そして、16年前までフィアットと人生を歩んできた。
グッズは長年、見つけるごとに収集してきたものという。

ところで、ひとつのクルマブランドに浸かっていると、そのクルマのような人になってしまう、という法則がある。AMGに長く乗っている人はAMGのような人になるし、シトロエンにハマっている人はシトロエンのような人になる。
ちなみに、本欄担当の編集者A君は、愛車スマート・フォーツーのような人?になりつつある。

カルロおじさんしかり。
往年の「サクマのいちごみるく」のCMソングではないが、まるくて小柄で、そして何とも気さくである。
そう、まさに「人間チンクエチェント」のような御方なのである。
エンスーの昇華した姿を、ボクはおじさんに見たのだった。

なお、軽食堂の所在地を知りたい方は、発売中の二玄社刊『STILE vol.2』をご覧いただきたい。
それではBuon appetito!

(文と写真=大矢アキオ-Akio Lorenzo OYA)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「World Wide WebCG」の過去記事リストへ