アストンDB9がマイナーチェンジ

2010.06.28 自動車ニュース
「アストン・マーティンDB9クーペ」
アストン・マーティン、「DB9」に7年目の手直し

アストン・マーティン、「DB9」に7年目の手直し

英アストン・マーティンは、「DB9」にマイナーチェンジを施し、2010年7月からデリバリーを開始すると発表した。

こちらはオープンバージョンの「DB9ヴォランテ」。マイナーチェンジモデルのデリバリー時期は、クーペ、ヴォランテ同時。
アストン・マーティンDB9がマイナーチェンジ

「DB9」は、2003年のデビュー以降、約1万2500台が生産された、アストン・マーティンの代表的スポーツカー。
今回、エクステリアを中心にマイナーチェンジが施された。

具体的な変更点は、バンパーやグリル、ヘッドランプベゼルなどのフロントまわり。さらに、リアのコンビランプや、サイドシル、アルミホイールのデザインも改められている。

フロントに収まる6リッターV型12気筒エンジンは手付かずとのことだが、足まわりには「DBS」「ラピード」同様の「アダプティブダンピングシステム(ADS)」を標準装備。「快適な乗り心地とシャープなハンドリングを実現」(プレスリリース)するという。
なおトランスミッションは、クーペ、ヴォランテ(オープンモデル)ともに、コンベンショナルな6段MTとトルコン式の6段ATを用意。

すでに生産は始まっており、今年7月からデリバリーが開始されるとのことである。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
  • 第8回:夢の世界をちょこっと拝見!
    輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~
    2017.3.22 JAIA輸入車試乗会2017 ベントレーの「フライングスパー」に「ベンテイガ」、アストンマーティンの最新モデル「DB11」、「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動バージョン……。お値段2000万円オーバーの高級車の中から、webCG編集部員が注目モデルの走りをリポートする。
  • 巨人軍カラーの「レンジローバー イヴォーク」登場 2017.6.23 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年6月23日、「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の特別仕様車「イヴォークARANCIO NERO(アランチョ・ネロ)」を発表。同日、受注を開始した。
ホームへ戻る