第112回:まず、ドライブの行き先を作ろう……ようやく鉄道に追いついた!

2010.06.28 エッセイ

第112回:まず、ドライブの行き先を作ろう……ようやく鉄道に追いついた!

「プリウス プラグインハイブリッドの試乗会」

……って、なんで今ごろ? そう思うのは、至極真っ当な感覚だ。特に新しい展開があるわけでもないのに、力の入ったイベントが行われたのは、深い理由があってのことだ。それは、GAZOOと村とエコにまつわる物語なのである……?

自動車メディア向きではないイベント(!?)

蕎麦(そば)粉8に対して小麦粉2の割合で配合された粉に水を注ぎ、両手で混ぜあわせていく。粉のひとつぶひとつぶに水がまんべんなく行き渡るように、指を使って合わせていくのだ。最初サラサラだった粉が徐々に粘り気を帯びてゆき、最後にはしっとりとした艶(つや)のある饅頭(まんじゅう)型の玉ができる。今度はそれを麺棒で延ばしていくのだ……。

おいおい、自動車サイトなのになんで蕎麦打ちの話なのだ。実は、トヨタが開催した「プリウス プラグインハイブリッド(PHV)」の試乗会に行ったのだが、これがなぜか蕎麦打ちとセットになっていたのである。当サイトとしては、どちらかというと蕎麦よりはプリウスを取り上げるべきだろう。よろしい。本格的プラグインハイブリッドカーであるプリウスPHVのインプレッションを記すことにしよう。

スタートボタンを押すとエコドライブモニターには満充電を示すアイコンが光り、20kmほどのEV走行が可能であることを教えている。操作方法は、フツーの「プリウス」と同様だ。ステアリングコラムのセレクターを「D」に入れ、するすると無音で走りだす。バッテリーを追加したせいで140キロほど重いはずだが、通常の走行で気になるほどではない。プリウスといえば乗り心地には少々難有りというのが定評だが、それを重量増が押し隠してくれるという側面もある……。

いやいや、今年1月に行われた試乗会の報告で、こんな記事はいくらも出ていたから今さら書くことではないな。さて、何を書くべきか。自動車メディアにとっては、まったく“無茶振り”ではないか、このイベントは!

第112回:まず、ドライブの行き先を作ろう……ようやく鉄道に追いついた!の画像
試乗会会場で蕎麦打ちに興じる筆者。でも、何ゆえにソバ?
試乗会会場で蕎麦打ちに興じる筆者。でも、何ゆえにソバ?
第112回:まず、ドライブの行き先を作ろう……ようやく鉄道に追いついた!の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ