第148回:「ダサかっこいい日本車」が流行の兆し?

2010.06.26 エッセイ

第148回:「ダサかっこいい日本車」が流行の兆し?

絶版和製クーペ

「Il tempo vola」−時は飛ぶ− とはよく言ったものだ。「トヨタ・セリカ」が生産終了して4年、「日産180SX」(欧州では200SX)が生産終了して12年がたった。にもかかわらず、イタリアやフランスでは、いまだにそれらを時折見かける。

横綱級としては「日産フィガロ」がある。イギリスで並行輸入が行われたこともあって、すでに生産終了から18年近く経過するのに熱心な愛好者がいる。ディーゼル全盛の今日、そうしたガソリン車に乗り続けていることや、クルマがよく磨かれていることから察するに、オーナーはそれなりのエンスージアストである。

よく考えてみれば、安くてスタイリッシュな日本製クーペは、今日新車で買おうと思っても買えない。したがって、ユーザーとしては以前買ったモデルを大切に乗るのが、楽しみを続けるための唯一の手段になりつつある。

日本では「友達以上、恋人未満」のキャッチコピーで知られた「トヨタ・サイノス」発見。シエナにて。
日本では「友達以上、恋人未満」のキャッチコピーで知られた「トヨタ・サイノス」発見。シエナにて。
パリ・シャンゼリゼ通りで見つけた英国ナンバーの「日産フィガロ」。
パリ・シャンゼリゼ通りで見つけた英国ナンバーの「日産フィガロ」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。