【スペック】全長×全幅×全高=3976×1682×1452mm/ホイールベース=2468mm/重量=1194kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ+スーパーチャージャー(180ps/6200rpm、25.5kgm/2000-4500rpm)

フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/7AT)【海外試乗記】

期待は決して裏切らない 2010.06.26 試乗記 フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/7AT)

フォルクスワーゲンのホットハッチ「ポロGTI」が新型にスイッチ。母国ドイツでいち早く試乗した!

前走車が道を譲る

聞けば「ポロGTI」の世界販売において、日本市場の占めるシェアは5指に入るほど大きいのだという。日常で扱いやすく狭いカントリーロードでも楽しめる、適度なボディサイズ、使い切る楽しみを満喫できるパフォーマンス、そして小さくても「GTI」の名に恥じないデザインやクオリティ等々が、この日本のユーザーのニーズにぴたりと合っているのだろう。
新型ポロGTIも、そんな期待を裏切ることは無い。それがドイツ・フランクフルトからニュルブルクリンク周辺で試乗した、偽りのない感想だ。

ベースとなったポロ自体もそうだが、新型ポロGTIの外観も存在感は兄貴分に決して負けてはいない。フロントマスクは、ハニカム形状のグリルに赤いピンストライプとGTIのおなじみのロゴが入れられ、バンパー下側の開口部も大型化されている。試乗車にはオプションのLEDデイタイムランニングライトが装着されて、表情をさらに目を引くものとしていた。なにしろアウトバーンの追い越し車線で、前走車が次々道を譲るのだ、この小さなポロのために!

他にも外装は専用のサイドシルパネル、リアスポイラー、下側をディフューザー形状としたリアバンパーに2本出しのエグゾーストパイプで、GTIらしくコーディネート。ホイールは17インチが標準となった。

インテリアも定番の仕上げだ。スポーツシートはチェック柄で、ステアリングホイールや新意匠となるDSGのセレクターレバー/ハンドブレーキのグリップやブーツには、赤いステッチが入れられている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る