アウトドアなインプレッサ「XV」発売

2010.06.25 自動車ニュース

アウトドアなインプレッサ「XV」発売

富士重工業は2010年6月24日、「スバル・インプレッサ」シリーズのニューモデル「インプレッサXV(エックスブイ)」を発表。同日に発売した。

「インプレッサXV」は、5ドアハッチバック「インプレッサ」をベースに、内外装にオフロードテイストを加えたクロスオーバーモデルだ。

4輪のホイールアーチを縁取る黒いウレタン樹脂や、ルーフレール、専用デザインのフロントバンパー&グリルなどが外観上の特徴。茶色と黒、ツートンカラーのシートや茶色いステッチなどで、室内空間も他インプレッサファミリーとの差別化を図った。
ボディのサイズは、全長×全幅×全高=4430×1770×1520mmで、ノーマルのインプレッサより15mm長く、30mm幅広く、45mm高くなっている。

エンジンは、1.5リッター(110ps、14.7kgm)と2リッター(140ps、19.0kgm)の、NA水平対向4気筒の2本立て。トランスミッションは、1.5リッターモデルが5段MTと4段ATの2種類で、2リッターモデルが4段ATのみ用意される。全てのモデルでFFと4WD、ふたつの駆動方式が選べる。
なお、足まわりには、リアのスタビライザーをはじめ専用のセッティングが施されているとのこと。

価格は、「1.5i」(FF/5MT)の178万5000円から、「2.0i」(4WD/4AT)の214万2000円まで。

(webCG 関)

「スバル・インプレッサXV」。車名の「XV」は、クロスオーバー・ヴィークルの意。
「スバル・インプレッサXV」。車名の「XV」は、クロスオーバー・ヴィークルの意。
 
アウトドアなインプレッサ「XV」発売の画像
 
アウトドアなインプレッサ「XV」発売の画像
 
アウトドアなインプレッサ「XV」発売の画像
 
アウトドアなインプレッサ「XV」発売の画像

関連キーワード:
インプレッサXVスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.12.14 試乗記 足まわりの改良、燃費の改善、安全装備や運転支援システムの強化と、2012年のデビュー以来、度重なる改良を通して進化を遂げてきた「スバルXV」。ハイブリッドシステムを搭載した上級グレードの試乗を通し、今日におけるその実力を測った。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバルが「レガシィ アウトバック/B4」をマイナーチェンジ 2017.9.4 自動車ニュース スバルは2017年9月4日、「レガシィ アウトバック/B4」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。今回の改良では、運転支援システム「アイサイト」や走行性能の強化、内外装デザインのブラッシュアップが行われた。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
ホームへ戻る