アウトドアなインプレッサ「XV」発売

2010.06.25 自動車ニュース

アウトドアなインプレッサ「XV」発売

富士重工業は2010年6月24日、「スバル・インプレッサ」シリーズのニューモデル「インプレッサXV(エックスブイ)」を発表。同日に発売した。

「インプレッサXV」は、5ドアハッチバック「インプレッサ」をベースに、内外装にオフロードテイストを加えたクロスオーバーモデルだ。

4輪のホイールアーチを縁取る黒いウレタン樹脂や、ルーフレール、専用デザインのフロントバンパー&グリルなどが外観上の特徴。茶色と黒、ツートンカラーのシートや茶色いステッチなどで、室内空間も他インプレッサファミリーとの差別化を図った。
ボディのサイズは、全長×全幅×全高=4430×1770×1520mmで、ノーマルのインプレッサより15mm長く、30mm幅広く、45mm高くなっている。

エンジンは、1.5リッター(110ps、14.7kgm)と2リッター(140ps、19.0kgm)の、NA水平対向4気筒の2本立て。トランスミッションは、1.5リッターモデルが5段MTと4段ATの2種類で、2リッターモデルが4段ATのみ用意される。全てのモデルでFFと4WD、ふたつの駆動方式が選べる。
なお、足まわりには、リアのスタビライザーをはじめ専用のセッティングが施されているとのこと。

価格は、「1.5i」(FF/5MT)の178万5000円から、「2.0i」(4WD/4AT)の214万2000円まで。

(webCG 関)

「スバル・インプレッサXV」。車名の「XV」は、クロスオーバー・ヴィークルの意。
「スバル・インプレッサXV」。車名の「XV」は、クロスオーバー・ヴィークルの意。
 
アウトドアなインプレッサ「XV」発売の画像
 
アウトドアなインプレッサ「XV」発売の画像
 
アウトドアなインプレッサ「XV」発売の画像
 
アウトドアなインプレッサ「XV」発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサXVの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・レガシィアウトバック リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2015.1.14 試乗記 「ツーリングワゴン」がベースの派生モデルという出自でありながら、今や「レガシィ」シリーズの主軸を担うまでに成長を遂げたクロスオーバーSUV「レガシィアウトバック」。新型の実力を、上級グレードの「リミテッド」で試した。
  • スバル・フォレスター2.0XT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.11 試乗記 安全装備の強化や運動性能の向上、快適性の改善など、スバルのミドルサイズSUV「フォレスター」が大幅な改良を受けた。進化を遂げた現行モデルの実力を、280psを発生する直噴ターボエンジンを搭載した最上級グレード「2.0XT EyeSight」で確かめた。
  • スバル・エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.8 試乗記 スバルの多人数乗用モデルである「エクシーガ」が、SUVテイストの仕立てと「クロスオーバー7」の車名を得て“再”登場。ラインナップ戦略に見るその狙いと、実際のプロダクトの仕上がりをチェックする。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
ホームへ戻る