ロータス・エリーゼ、2011年モデル発売

2010.06.25 自動車ニュース

ロータス・エリーゼ、2011年モデル発売

「ロータス・エリーゼ」2011年モデル発売、フロントマスクを一新

英国ロータスカーズの正規輸入代理店であるエルシーアイは、2010年6月24日、2シーターミドシップスポーツ「エリーゼ」の2011年モデルを発売した。


ロータス・エリーゼ、2011年モデル発売の画像
新デザインのリアバンパー。ボディ下部のディフューザーはかなりワイルド。
新デザインのリアバンパー。ボディ下部のディフューザーはかなりワイルド。

■11年振りのフェイスリフト

「ロータス・エリーゼ」2011年モデルは、2010年3月のジュネーブモーターショーでデビュー。今回3カ月遅れで日本上陸を果たした。

2011年モデル最大の特徴は、11年振りにフロントマスクデザインが新しくなったこと。新設計されたバンパーや、LEDスモールライトとウィンカーを一体化した新型ヘッドライトの採用などにより、同社の「エヴォーラ」に似た表情となった。

また、リアバンパーやエンジンカバー、標準・オプションそれぞれのホイールデザインも一新されたほか、ラジエーター開口部には軽量アルミ製のメッシュカバーを新たに採用。これらボディデザインの変更にともなって、空力性能も改善され、燃費向上にも寄与しているという。

2011年モデルのラインナップは、従来どおり3グレード展開。エントリーグレードには、新開発1.6リッターエンジンが搭載され、モデル名は従来の「エリーゼS」から「エリーゼ」に変更された。そのほか1.8リッター直4DOHC搭載の「エリーゼR」と、同エンジンにスーパーチャージャーを装着した上級モデル「エリーゼSC」が揃う。


ロータス・エリーゼ、2011年モデル発売の画像
「ロータス・エリーゼ」のエンジンルーム。搭載エンジンの変更に伴い、カバーのデザインも見直された。
「ロータス・エリーゼ」のエンジンルーム。搭載エンジンの変更に伴い、カバーのデザインも見直された。
ボディサイズは変わらず、全長3800×全幅1720×全高1130mm。
ボディサイズは変わらず、全長3800×全幅1720×全高1130mm。

■新開発の1.6リッターエンジン採用

エントリーモデル「エリーゼ」に搭載される1.6リッターエンジンは、バルブマチックシステム(可変バルブリフト機構)とデュアルVVT-i(連続可変バルブタイミング機構)を組み込んだトヨタ製「1ZR-FAE型」エンジン。従来の1.8リッター「エリーゼS」よりも200cc小さい排気量ながら、最大出力は136ps/6500rpmと同レベルのパフォーマンスを実現。最大トルクは16.3kg/4400rpmを発生する。
さらに、「燃費は6.14リッター/100km(=16.3km/リッター)と、従来のエリーゼS比で23%向上し、CO2排出量も13%以上削減された」(プレスリリース)と、環境性能の高さもアピールされる。
組み合されるトランスミッションは、従来の5段MTから6段MTに変更された。

ブレーキシステムは、フロント:APレーシング製、リア:ブレンボ製ブレーキキャリパーと、ドリルドベンチレーテッドディスクを組み合わせ、レーシングチューンのABSを標準搭載。安全面では、運転席・助手席のエアバッグやプリテンショナーシートベルトも全モデルに備わる。

価格は、「エリーゼ」が510.0万円、「エリーゼR」が588.0万円、「エリーゼSC」は680.0万円となる。なお、日本でのデリバリー開始は2010年9月頃の予定。

(webCG ワタナベ)

関連記事
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2010.10.14 試乗記 ロータス・エリーゼ(MR/6MT)
    ……532万円

    新エンジンの感触やいかに!? マイナーチェンジを受けた「ロータス・エリーゼ」のベーシック仕様を試乗する。
  • ロータス・エリーゼS(MR/6MT)【試乗記】 2012.9.14 試乗記 ロータス・エリーゼS(MR/6MT)
    ……713万4000円

    新世代のエクステリアをまとい、日本の道に“復活”した「ロータス・エリーゼS」。スーパーチャージャーで武装した、最新型ライトウェイトスポーツカーの走りをリポートする。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
ホームへ戻る