【スペック】全長×全幅×全高=4135×1765×1565mm/ホイールベース=2530mm/重量=1170kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(114ps/6000rpm、15.3kgm/4000rpm)/価格=179万250円(テスト車=238万3500円)

日産ジューク 15RX(FF/CVT)【試乗速報】

女子もふり向く 2010.06.25 試乗記 日産ジューク 15RX(FF/CVT)
……238万3500円

日産が放つ、新型クロスオーバー「ジューク」。特異なデザインをまとうニューモデルの、走りと乗り心地やいかに?

大事に育てられたカタチ

「ジューク」に乗って横浜の日産グローバル本社を後にする。さっそく最初の信号に引っかかった。そこで、チャンス、この瞬間にスイッチやメーターをひと通りチェックしておこうと視線をインパネに落としたら、なぜだか妙に落ち着かない。強力な“眼力”がどこからか注がれているらしいのだ。いったい誰だ? と見回すと、その発信源は横断歩道を渡る若い女性だった。メールをチェックしているのか、ツイッターでつぶやいているのか、手には『iPhone』らしき携帯電話。それを中断せざるをえないほど、ジュークのカタチはインパクトがあったらしい。

新車に乗っていて、これほど容赦なく見られたのは久しぶりである。ましてや若い女性からの熱いマナザシとなると、ここんとこちょっと記憶にない。彼女はきっと「ジューク発見なう」とつぶやいてくれただろう。
それはともかく、このスタイリングは、とあるショーカーがベースになっているのを覚えているだろうか? 去年3月のジュネーブショーで発表された「カザーナ」である。

「いや、正確には(量産型の)ジュークの方が先に完成していました。それをモーターショーで先行公開するために、ショー向けの表現を施したのがカザーナだったのです。順序が逆なんですね」とは、同席した開発者の方の言葉。基本的なスタイリングはロンドンにある日産デザインヨーロッパが描き、それを厚木にあるグローバルデザインセンターで洗練して、仕上げたという。

通常、あまりに凝ったデザインになると、自動車メーカーの中ではそれを実現しようとするグループ(たとえばデザイナーたち)と、それに難色を示すグループ(エンジニアや生産関連のスタッフなど)に分かれることがあると聞く。それは“挑戦”の意味合いが強いプロジェクトに対して、新しい技術を投入しなければならなかったり、生産コストの増加を強いられたりするからだ。
しかし前出のエンジニア氏によれば、ジュークはこれだけ凝っているにもかかわらず、社内が一丸となり、大事に作り上げた印象が強いクルマという。
実はもっと保守的な代案もあったが、日産の経営陣はこのファンキー(?)なデザインを推したというし、開発の初期段階において、組み立て工場で「今後こういうデザイン志向の新車を開発します」という社内レクチャーも行なった。これは異例なことだそうだ。開発途中にリーマンショックも経験したが、プロジェクトに大きな縮小を強いられることもなかった。大事に育てられたカタチなのである。

SUVとコンパクトスポーツカーのデザインを結合させたというジューク。同社のスポーツカー「フェアレディZ」を意識した(?)ブーメラン型リアランプが採用された。
SUVとコンパクトスポーツカーのデザインを結合させたというジューク。同社のスポーツカー「フェアレディZ」を意識した(?)ブーメラン型リアランプが採用された。
異形4灯のフロントまわりが強烈なインパクトを放つ。大きな丸目がメインランプで、その上にあるのが、ポジションランプおよびウィンカー。
異形4灯のフロントまわりが強烈なインパクトを放つ。大きな丸目がメインランプで、その上にあるのが、ポジションランプおよびウィンカー。
曲線的なデザインが特徴のインテリア。いっぽう、メーターパネルやセンターコンソールは、オートバイのパーツをモチーフにした機械的意匠とし、コントラストの強い空間を演出したという。内装色は、写真のレッドのほかにガンメタも選択可能。
曲線的なデザインが特徴のインテリア。いっぽう、メーターパネルやセンターコンソールは、オートバイのパーツをモチーフにした機械的意匠とし、コントラストの強い空間を演出したという。内装色は、写真のレッドのほかにガンメタも選択可能。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
ホームへ戻る