グランドボイジャー 2010年モデル発売

2010.06.24 自動車ニュース

「クライスラー・グランドボイジャー」2010年モデル発売、エントリーグレードを追加

クライスラー日本は、2010年モデルの「クライスラー・グランドボイジャー」を2010年6月26日に発売する。

「グランドボイジャー」は、2列目・3列目を床下に収納可能な「Stow'n Go」シートシステムをウリとする多目的ミニバンだ。
2010年モデルのポイントは、従来の「グランドボイジャーリミテッド」に加え、エントリーグレードとして「LX」を新たに設定、2グレード構成となったこと。

今回追加された「LX」は、「リミテッド」と同じ3.8リッターV6エンジンを搭載。フロント/リアバンパーやドアハンドルがボディ同色となるほか、16インチのタイヤ/ホイールを装着(リミテッドは17インチ)。インテリアには、ウッド調/シルバーインストゥルメントパネル、プレミアムファブリックシートが採用されている。その他装備も一部簡素化された結果、395万8500円と戦略的な価格設定がなされた。

上級モデルとなる「リミテッド」は、ブラックウッド調/シルバーインストゥルメントパネルやブラックウッド調ドアパネルが採用され、オートヘッドライトも標準装備。2列目のキャプテンシートを180度回転させて、3列目と対面させられる「Swivel'n Go」シートシステムも、リミテッドにのみメーカーオプションで用意される。

両グレードともメーターパネル内に「ECO」表示が追加されたのも新しい。

価格は、「LX」が395万8500円、「リミテッド」は502万9500円。リミテッドのパワーガラスサンルーフ付きが518万7000円、同「Swivel'n Go」シートシステム搭載車は513万4500円。ハンドル位置は右のみとなる。

(webCG ワタナベ)

グランドボイジャー 2010年モデル発売の画像
「リミテッド」のインストゥルメントパネル。
「リミテッド」のインストゥルメントパネル。
2列目・3列目を床下に収納できる「Stow'n Go」シートシステム。
2列目・3列目を床下に収納できる「Stow'n Go」シートシステム。
2列目を180度回転して3列目と対面させられる「Swivel'n Go」シートシステム。
2列目を180度回転して3列目と対面させられる「Swivel'n Go」シートシステム。

関連キーワード:
グランドボイジャークライスラー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クライスラー・グランドボイジャー リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2008.6.24 試乗記 クライスラー・グランドボイジャー リミテッド(FF/6AT)
    ……546.0万円

    2007年の東京モーターショーで日本初披露された「クライスラー・グランドボイジャー」。7年ぶりにフルモデルチェンジを果たした、アメリカ生まれの3列シート7人乗りミニバンを試す。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • クライスラー・ボイジャーLXプレミアム(4AT)【ブリーフテスト】 2004.10.9 試乗記 ……390.6万円
    総合評価……★★★

    FFプラットフォーム、乗用車と同じサスペンションなどを採用した“元祖ミニバン”「クライスラー・ボイジャー」。本革シートなどを奢った上級「LXプレミアム」に、自動車ジャーナリストの生方聡が乗った。


  • クライスラー・ボイジャー&グランドボイジャー(4AT)【試乗記】 2001.5.31 試乗記 クライスラー・ボイジャー&グランドボイジャー(4AT)
    ……356.0から422.0万円

    1983年の登場以来、全世界74カ国で873万台余を販売したクライスラーの元祖ミニバン、ボイジャー。2001年モデルから第4世代に移行し、日本でも6月1日から販売が開始される。クライスラー顔になった最新モデルに、webCG記者が試乗した。


  • 谷口信輝の新車試乗――マクラーレン570GT(前編) 2017.9.21 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は「マクラーレン570GT」である。その名の通りグランツーリスモ的に仕立てられたマクラーレンを、谷口はどう評価する?
ホームへ戻る