レトロな限定車、フィアット500C ヴィンテージ登場

2010.06.24 自動車ニュース
チャチャチャアズール+アイボリーソフトトップ。
レトロな限定車、フィアット500Cヴィンテージ登場

「フィアット500C」に、レトロな雰囲気の限定車「ヴィンテージ」登場

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは2010年6月23日、「フィアット500C」に限定車「ヴィンテージ」を設定し、発売した。

テックハウスグレー+レッドソフトトップ。
レトロな限定車、フィアット500Cヴィンテージ登場

「フィアット500C ヴィンテージ」は、「500C 1.2 8V POP」をベースに、日本では通常設定のないカラーコンビネーションを採用し、レトロな雰囲気に仕上げられたリミテッドエディションだ。

設定されるのは、チャチャチャアズールのボディにアイボリーソフトトップを組みあわせたタイプ(限定100台)と、テックハウスグレーのボディにレッドソフトトップを組みあわせたタイプ(限定50台)の2種類。計150台が販売される。

また、「500C ヴィンテージ」は、信号待ちなど停車中にエンジンを切り燃費を向上させる「スタート&ストップシステム」を「500」シリーズで初めて搭載したのもトピック。これにより10・15モード燃費を、ベース車が15.6km/リッターであるのに対し、17.2km/リッターまで向上させた。エコカー補助金の対象車両にもなっている。

価格は、ベース車より6.0万円高の、245.0万円。

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
500Cフィアット自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)【試乗記】 2011.6.21 試乗記 フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)
    ……279万円

    「500」シリーズに加わった、2気筒ターボの「ツインエア」。ECOとFUNは両立するのか? オープンモデルでその走りを試した。
  • フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)【レビュー】 2016.4.1 試乗記 2007年のデビュー以来、初のビッグマイナーチェンジが加えられたフィアットのコンパクトカー「500」。イタリアを代表する自動車界の“愛されキャラ”は、大幅改良によって何がどう変わったのか? その変化の内容をリポートする。
  • 特別なソフトトップの「フィアット500C」限定発売 2017.6.28 自動車ニュース FCAジャパンは2017年6月28日、「フィアット500C」に特別仕様車「Ivory Top(アイボリートップ)」を設定し、同年7月8日に60台の台数限定で発売すると発表した。
  • フィアット、限定車「500Cヴォラーレ」を発売 2012.2.7 自動車ニュース フィアット グループ オートモービルズ ジャパンは2012年2月7日、「500C」の限定車「500C Volare(ヴォラーレ)」を発売した。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
ホームへ戻る