レトロな限定車、フィアット500C ヴィンテージ登場

2010.06.24 自動車ニュース
チャチャチャアズール+アイボリーソフトトップ。
レトロな限定車、フィアット500Cヴィンテージ登場

「フィアット500C」に、レトロな雰囲気の限定車「ヴィンテージ」登場

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは2010年6月23日、「フィアット500C」に限定車「ヴィンテージ」を設定し、発売した。

テックハウスグレー+レッドソフトトップ。
レトロな限定車、フィアット500Cヴィンテージ登場

「フィアット500C ヴィンテージ」は、「500C 1.2 8V POP」をベースに、日本では通常設定のないカラーコンビネーションを採用し、レトロな雰囲気に仕上げられたリミテッドエディションだ。

設定されるのは、チャチャチャアズールのボディにアイボリーソフトトップを組みあわせたタイプ(限定100台)と、テックハウスグレーのボディにレッドソフトトップを組みあわせたタイプ(限定50台)の2種類。計150台が販売される。

また、「500C ヴィンテージ」は、信号待ちなど停車中にエンジンを切り燃費を向上させる「スタート&ストップシステム」を「500」シリーズで初めて搭載したのもトピック。これにより10・15モード燃費を、ベース車が15.6km/リッターであるのに対し、17.2km/リッターまで向上させた。エコカー補助金の対象車両にもなっている。

価格は、ベース車より6.0万円高の、245.0万円。

(webCG 曽宮)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その18) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フィアットのブースを画像で紹介する。
  • 100台限定、5段MTの「フィアット500」が登場 2017.6.28 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット500」に特別仕様車「500S Plus」を設定。2気筒の「ツインエア」エンジンに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた限定モデルで、100台が限定販売される。価格は236万5200円。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • 日産が「フェアレディZ」を一部改良 2017.7.7 自動車ニュース 日産が「フェアレディZ」を一部改良。エクステリアデザインの一部を変更したほか、ボディーカラーに新色の「カーマインレッド」を採用した。走りに関しては、新開発のクラッチの採用により、MT車の運転時における負担を軽減している。
  • シトロエン、「C3」をフルモデルチェンジ 2017.7.7 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年7月7日、新型「シトロエンC3」を発表し、同日発売した。1.2リッター直3ガソリンターボ(110ps、205Nm)+6段ATのみの設定で、ハンドル位置は右。車両価格は216万円から。
ホームへ戻る