【スペック】全長×全幅×全高=4210×1790×1485mm/ホイールベース=2575mm/駆動方式=FF/交流同期モーター(最高出力115ps、定常出力69ps、最大トルク27.5kgm)/リチウムイオンバッテリー(26.5kWh)/航続距離=150km(開発車両)

フォルクスワーゲン・ゴルフ ブルーe モーション(FF/1AT)【試乗速報】

近未来のゴルフ 2010.06.23 試乗記 フォルクスワーゲン・ゴルフ ブルーe モーション(FF/1AT)


フォルクスワーゲンが2013年の市販化に向け開発中の、ゴルフの電気自動車「ゴルフ ブルーe モーション」。将来、エンジン車から主役の座を奪ってしまいそうな次世代車の実力を、中国・上海サーキットで試すことができた。

中国でもこれからはEV

これまで予想していたより早く、世の中の流れがドッと変わりそうな雲行きになってきた。電気自動車(EV)への流れだ。ヨーロッパの巨人フォルクスワーゲン・グループも2010年6月初旬、折から万博が開かれている中国・上海に各国のジャーナリストを集めて次世代のEVを公開、「クルマの動力は最終的には電気になる」という考えを明らかにした。

すでに三菱とスバルからはEVが発売され、日産の本格攻勢も間近。トヨタはアメリカのテスラと手を結んだ。そのほかBMW 、ダイムラー、GM、フォード、BYD など各国の大手が軒並みEV戦線に名乗りを挙げたとあれば、もうクルマ界の動きは決まったも同然。10年後、EVが無視できない勢力になるのは確実だ。

今回フォルクスワーゲンが公開したのは、「ラヴィーダ」と「ゴルフ」のEVに「トゥアレグハイブリッド」の3車種。EVには“ブルーe モーション”の称号が付く。「ラヴィーダ」は中国で企画開発された、このところ勢力を伸ばしている現地の中産階級向けの小型セダンで、かつての「ゴルフIV」のプラットフォームを活用しており、乗った感じも記憶にある「IV」そのもの。

そのエンジンの代わりに最高出力85kW(115ps) 、最大トルク270Nm(27.5kgm)の永久磁石型同期モーターとリチウムイオン電池を積んだもので、当然スイ〜ッと強力かつ滑らかによく走る。フォルクスワーゲンが考えるいくつかの可能性の中で最も多い場合、10年後の中国の自動車の半分近くがEVになるかもしれないというから、これはテストケースとして大切な存在だろう(すでにスクーターの分野では、電動が最大多数になりかけている)。

中国の中産階級向け低価格路線の乗用車「フォルクスワーゲン ラヴィーダ」のEV仕様。
中国の中産階級向け低価格路線の乗用車「フォルクスワーゲン ラヴィーダ」のEV仕様。
「ラヴィーダ ブルーe モーション」のボンネットの中。モーターやインバーターなど基本コンポーネントは「ゴルフ ブルーe モーション」と共通だが、走行モード切り替えなどは省略されている
「ラヴィーダ ブルーe モーション」のボンネットの中。モーターやインバーターなど基本コンポーネントは「ゴルフ ブルーe モーション」と共通だが、走行モード切り替えなどは省略されている
「ラヴィーダ」は、「ゴルフIV」のプラットフォームをベースにつくられた中国専用のノッチバックセダン。
「ラヴィーダ」は、「ゴルフIV」のプラットフォームをベースにつくられた中国専用のノッチバックセダン。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る