【スペック】全長×全幅×全高=4910×1860×1475mm/ホイールベース=2970mm/車重=1960kg/駆動方式=FR/4.4リッターV8DOHC32バルブターボ(407ps/5500-6400rpm、61.2kgm/1750-4500rpm)/価格=1040万円(テスト車=1171万4000円)

BMW550i(FR/8AT)【試乗記】

オーダーメイドする歓び 2010.06.22 試乗記 BMW550i(FR/8AT)
……1171万4000円


407psのV8エンジンを積む「5シリーズ」の最高性能バージョンは、BMWが考える新時代のファン・トゥ・ドライブを表現していた。

こんなもんじゃないはずなのに

排気量4.4リッターのV8ツインターボを積む「5シリーズ」の最高性能版、「550i」で首都高速に駆け上ってすぐに、「おやっ?」と思う。50〜60km/h程度のスピードだと、乗り心地がパッとしない。こっつんこっつんという質の悪い突き上げが、比較的ダイレクトに伝わってくる。ちょっと前に、3リッター直6ターボの「535i」で東京→福島を往復したのだけれど、「550i」より205万円安い「535i」の乗り心地には感銘を受けたのだ。東北道のざらざらとした轍(わだち)を補修しながら走っているようだった。

おっかしいなぁ、こんなもんじゃなかったのにな……。407psの超高性能車には速度域が低すぎるのかもしれない。そう思ってちょこっとスピードを上げてみるけれど、多少マシになるぐらい。覆面パトやオービスを気にしなくていい速度帯だと、劇的な変化はない。ここで、最近のBMW車に乗る時は常に「スポーツ」を選択している「ダイナミック・ドライビング・コントロール」の設定を変更してみる。この調整システムはエンジンや変速のレスポンス、パワステのアシスト量などをコントロールするもの。

通常だと「ノーマル」「スポーツ」「スポーツ・プラス」の順にスポーティなセッティングになる仕組みだけれど、「550i」の場合は少し説明が必要だ。「550i」にはサスペンションの設定を調整する「ダイナミック・ダンピング・コントロール」が標準装備される。これが加わると、パワートレイン系に加えてサスペンション(ダンパー、スタビライザー)のセッティングも「ダイナミック・ドライビング・コントロール」の管轄となる。同時に、「ノーマル」よりもう1レベル快適方向に振った「コンフォート」というセッティングが用意されるようになるのだ。円盤形の操作装置「iDrive」でセッティングを変更して、なるほどとひざを打つ。

全体に見慣れた、BMWの文法にのっとったインテリア。ただしウッド部分の手触りや金属部分のテカり加減など、各部のフィニッシュレベルは高い。物入れのフタがスーっと開く感覚は、レクサスを思わせた。
全体に見慣れた、BMWの文法にのっとったインテリア。ただしウッド部分の手触りや金属部分のテカり加減など、各部のフィニッシュレベルは高い。物入れのフタがスーっと開く感覚は、レクサスを思わせた。
「BMW550iグランツーリスモ」などに積まれるのと同じ4.4リッターV8ツインターボユニット。8段ATとのマッチングも良好で、100km/hのクルージングでは1500-1600rpmで温和に回るプレミアム感を感じさせる一方、アクセルペダルを踏み込むや、ケンカにも強そうな表情も見せる。
「BMW550iグランツーリスモ」などに積まれるのと同じ4.4リッターV8ツインターボユニット。8段ATとのマッチングも良好で、100km/hのクルージングでは1500-1600rpmで温和に回るプレミアム感を感じさせる一方、アクセルペダルを踏み込むや、ケンカにも強そうな表情も見せる。
ドア、ボンネット、フロントフェンダーなどボディ各所にアルミパネルを用いて軽量化に取り組んだという。パッと見のデザインは、アクの強かった先代にインパクトで劣る。ただし、実車を間近で見ると鋭利なキャラクターラインや陰影に富んだボディサイドの曲面など、丁寧に作り込まれている印象。
ドア、ボンネット、フロントフェンダーなどボディ各所にアルミパネルを用いて軽量化に取り組んだという。パッと見のデザインは、アクの強かった先代にインパクトで劣る。ただし、実車を間近で見ると鋭利なキャラクターラインや陰影に富んだボディサイドの曲面など、丁寧に作り込まれている印象。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(後編) 2017.3.30 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「BMW 540i」に試乗する。新しい直列6気筒エンジンを搭載する「5シリーズ」の真打ちは、どんなドライバーにお薦めか。谷口視点で分析する!
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る