第111回:新型EyeSight(ver.2)を搭載したレガシィにプチ試乗!

2010.06.21 エッセイ

第111回:新型EyeSight(ver.2)を搭載したレガシィにプチ試乗!

「スバル・レガシィツーリングワゴン2.5i EyeSight」
第111回:新型EyeSight(Ver.2)を搭載したレガシィにプチ試乗!


2010年5月、レガシィシリーズに年改(一部改良)が行われ、スバル独自の安全技術「EyeSight」の新型(ver.2)が採用された。その実力を確かめるべく、レガシィツーリングワゴンでバリアに突っ込んでみた。

EyeSigth(ver.2)のステレオカメラ。プリクラッシュブレーキ、プリクラッシュブレーキアシスト、全車速追従機能付きクルーズコントロール、AT誤発進抑制制御、車間距離警報、車線逸脱警報、ふらつき警報の機能を持つ。
(写真=富士重工業)
第111回:新型EyeSight(Ver.2)を搭載したレガシィにプチ試乗!

より安全なレガシィに

「レガシィは日本車のベストツーリングワゴンだ」。
あまりに月並みな印象ですが、試乗してあらためて思う。2009年5月に登場した5代目レガシィシリーズ。デビュー当初は、先代モデルに比べ、米国市場をより重視して大きくなったボディサイズと、そのスタイリングから賛否両論が起こったが、「外見より中身」で勝負する、スバルらしいクルマであることに間違いない。独立行政法人事故対策機構(NASVA)が行う衝突安全評価で、平成21年度のグランプリを獲得したことも、その証左だろう。

そんなレガシィシリーズが、さらに安全になったという。2010年5月に一部改良を受け、EyeSight(ver.2)を搭載したモデルが登場したのだ。
フロントガラス上部にステレオカメラを設置、前方の交通状況を監視して、衝突事故を回避するために自動でブレーキをかけてくれるというもの。車両を停止、または減速させて被害の低減を図るシステムだ。今回は、そのEyeSight(ver.2)が搭載される「レガシィツーリングワゴン2.5i EyeSight」にプチ試乗した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ