日本カー・オブ・ザ・イヤー2009-2010、最後まで接戦の開票劇

【会場リポート】日本カー・オブ・ザ・イヤー2009-2010、最後まで大接戦の開票劇

この1年で最も優秀なクルマを決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー2009-2010」の最終選考会が、今年は東京モーターショー会場で行われた。

 
日本カー・オブ・ザ・イヤー2009-2010、最後まで接戦の開票劇

今回、初の試みとして、「日本カー・オブ・ザ・イヤー」最終選考の投票と開票、表彰式が東京モーターショー会場で行われることとなった。
2009年10月21日の東京モーターショープレスデイ初日に行われた開票式では、選考委員および関係者、ノミネート車を有するメーカーとインポーターの広報部員が集まり、その結果を見守っていた。

大賞は既報のとおり、「トヨタ・プリウス」が受賞した。ホンダのハイブリッド車「インサイト」とは最後の最後まで接戦となり、選考委員20名の開票時点で151点と137点、44名開票時点では299点と293点まで肉薄。その後はトヨタ、ホンダの両陣営が指を折りながら開票を見守る様子がうかがえた。翌22日の表彰式では、各受賞車に表彰状とトロフィーが与えられ、「プリウス」は初代と合わせ、2度目の栄冠を勝ち取る結果となった。

日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員長を務める三好正巳氏(右)から大賞のトロフィーを受け取る、プリウスのチーフエンジニア大塚明彦氏。
日本カー・オブ・ザ・イヤー2009-2010、最後まで接戦の開票劇
インポート・カー・オブ・ザ・イヤー2009-2010を受賞した「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。
日本カー・オブ・ザ・イヤー2009-2010、最後まで接戦の開票劇
会場では日本カー・オブ・ザ・イヤーと同じく誕生30周年を迎える、タカラトミーの「チョロQ」に、選考委員特別賞が贈られた。中央はタカラトミーの佐藤慶太取締役副社長。
日本カー・オブ・ザ・イヤー2009-2010、最後まで接戦の開票劇

以下、受賞者のコメント。

●日本カー・オブ・ザ・イヤー「トヨタ・プリウス」
「いやあ、本当にうれしいです。ほっとしています。4年半、2000名にわたる苦労が、栄えある賞をいただき、ふっとびました。夢のあるプリウス、明るい未来に向かって、引き続き開発に邁進したいです」(トヨタ自動車 トヨタ第2乗用車センターチーフエンジニア 大塚明彦)

●インポート・カー・オブ・ザ・イヤー「フォルクスワーゲン・ゴルフ」
「こんな素晴らしい賞を受賞したことにすべての方に感謝いたします。トータルパッケージとして評価されたのだと思います。東京モーターショーに素晴らしいスパイスを与えてくれました」(フォルクスワーゲングループジャパン 代表取締役 ゲラシモス・ドリザス)

●Most Fun「日産フェアレディZ」
「Zは40周年で、2代続けてのモーストファン受賞となりました。日本でもっとも楽しいクルマ、みなさんに愛されるクルマに選ばれてうれしいです。これからももっとも楽しいクルマづくりにはげんでいきたい」(日産自動車 日本商品企画室リージョナルプロダクトマネージャー 後藤裕)

●Most Advanced Technology「三菱i-MiEV」
「4年前、電気自動車の本格的な開発が始まったときは懐疑の声もありましたが、今回、技術を高く評価いただいたことは、ご協力いただいた方々ともども喜びを分かち合いたい。これからも先駆けとしてがんばっていきたい」(三菱自動車 商品戦略本部プロダクト・エグゼクティブ 橋本徹)

●Best Value「スバル・レガシィシリーズ」
「レガシィ20周年の節目のタイミングで素晴らしい賞をいただきました。レガシィを愛していただいている皆様にもいいごほうびになりました」(富士重工業 スバル商品企画部プロジェクトゼネラルマネージャー 熊谷泰典)

●日本カー・オブ・ザ・イヤー30周年記念 ベストサードディケードカー「ホンダ・フィット」
「過去10年間の数あるクルマの中から選んでいただき、ありがとうございます。環境性能が高く評価されたと思っています。ホンダは今後もこの方向で進んでいきたいと考えています」(本田技研工業 執行役員四輪事業本部四輪商品担当 横田千年)

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。