【スペック】全長×全幅×全高=4915×1850×1815mm/ホイールベース=3000mm/駆動方式=FF/3.5リッター V6DOHC24バルブ(テスト車はプロトタイプ)

日産エルグランド350 Highway STAR Premium プロトタイプ(FF/CVT)【試乗速報】

あのクルマの後継車? 2010.06.21 試乗記 日産エルグランド350 Highway STAR Premium プロトタイプフルモデルチェンジに先だって、日産の新型エルグランドのプロトタイプ試乗会が同社の栃木テストコースで催された。新しいキング・オブ・ミニバンの仕上がり具合はいかに!?

3代目というより4代目!?

エルグランドのモデルチェンジと聞いて、「おおっ」と思う。先代にあたる2代目のデビューは2002年だからモデルチェンジは8年振り。随分と長寿だ。そういえば去年だったか一昨年だったか、間もなくエルグランドがモデルチェンジするという噂を聞いたような聞かなかったような。

8年間、変える必要がなかったのか、それとも変えられなかったのか。といったあたりのお話を、試乗を行う栃木テストコースの隅っこで平野剛志CPS(チーフ・プロダクト・スペシャリスト)にうかがう。ちなみに、CPSとは開発のまとめ役。すると平野CPSは「実は一度、モデルチェンジが延期になりました」と、きっぱり。開発の最終段階でのチェックで、「これがエルグランドと呼べるのか、ヘンなものは出せない」というダメ出しにいたったそうだ。

ちゃぶ台をひっくり返した時期までは聞き出せなかったけれど、「残すところは残しましたが、フロアのレイアウトから何から、基本的には全部やり直しました」という。つまり満を持して登場した、3代目というより4代目のエルグランドということになる。

乗り込む前に新型エルグランドの周囲をぐるっとひと回り、外観と寸法をチェック。外観は、ひとことで言えば押し出しが強くなった。寸法を現行型エルグランドと比べると、全長が80mm、全幅で35mmほど大きくなっている。フロントマスクの強化とボディの大型化は、どちらも「トヨタ・アルファード」との関ヶ原の合戦に備えたものだろう。事実、新型エルグランドは全長とホイールベースで50mm、全幅で10mmほどアルファードを上回っている。ただし、全高は現行エルグランドより95mm、アルファードと比べても85mm低い。そして、外からでは見えない大きな“変革”が行われていた。

 
日産エルグランド350 Highway STAR Premium プロトタイプ(FF/CVT)【試乗速報】の画像
 
日産エルグランド350 Highway STAR Premium プロトタイプ(FF/CVT)【試乗速報】の画像
現行型の3列目シートは(サイドへの)ハネ上げ式だが、新型は6:4の分割可倒式。ハネ上げ式は操作に力がいるというユーザーからの声を受けての変更だという。
写真をクリックすると、シートの倒れるさまが見られます
現行型の3列目シートは(サイドへの)ハネ上げ式だが、新型は6:4の分割可倒式。ハネ上げ式は操作に力がいるというユーザーからの声を受けての変更だという。
	写真をクリックすると、シートの倒れるさまが見られます

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エルグランドの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る