日産ジューク、売れてる色とグレードは?

2010.06.18 自動車ニュース

「日産ジューク」が販売好調! 人気の色とグレードは?

日産自動車は2010年6月16日、同月9日に発売したばかりのニューモデル「ジューク」の販売状況を発表した。

「ジューク」は、個性的なデザインと軽快な走りをウリとする、日産の新型クロスオーバーモデルだ。
同社によれば、2010年6月9日の発売から1週間後の受注台数は5296台。月間目標販売台数(1300台)の4倍を超える数字だと胸を張る。

ベーシックグレードの「15RS」と装備を充実させた「RX」、2グレードのうち、売れているのは後者のほうで、圧倒的多数(全体の98%!)を占めるとのこと。

一番人気のボディカラーは、イメージカラーのラディアントレッド(27%)。これに、サファイアブラック(22%)、ホワイトパール(16%)が続く。
レッドとブラック、2種類から選べるインテリアは、それぞれ57%と43%で“派手なほう”がやや優勢なものの、その支持率はほぼ互角となっている。

(webCG 関)

「日産ジューク」と日産自動車の志賀俊之COO。発表会場でのひとこま。
「日産ジューク」と日産自動車の志賀俊之COO。発表会場でのひとこま。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)【試乗記】 2013.3.20 試乗記 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)
    ……319万7250円

    日産のモータースポーツ事業を担う「NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)」が、パワーユニットから内外装に至るまで、くまなく手を加えた「ジュークNISMO」。よりヤンチャに、より痛快に仕上げられたその走りを確かめた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る