日産ジューク、売れてる色とグレードは?

2010.06.18 自動車ニュース

「日産ジューク」が販売好調! 人気の色とグレードは?

日産自動車は2010年6月16日、同月9日に発売したばかりのニューモデル「ジューク」の販売状況を発表した。

「ジューク」は、個性的なデザインと軽快な走りをウリとする、日産の新型クロスオーバーモデルだ。
同社によれば、2010年6月9日の発売から1週間後の受注台数は5296台。月間目標販売台数(1300台)の4倍を超える数字だと胸を張る。

ベーシックグレードの「15RS」と装備を充実させた「RX」、2グレードのうち、売れているのは後者のほうで、圧倒的多数(全体の98%!)を占めるとのこと。

一番人気のボディカラーは、イメージカラーのラディアントレッド(27%)。これに、サファイアブラック(22%)、ホワイトパール(16%)が続く。
レッドとブラック、2種類から選べるインテリアは、それぞれ57%と43%で“派手なほう”がやや優勢なものの、その支持率はほぼ互角となっている。

(webCG 関)

「日産ジューク」と日産自動車の志賀俊之COO。発表会場でのひとこま。
「日産ジューク」と日産自動車の志賀俊之COO。発表会場でのひとこま。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
ホームへ戻る