【スペック】全長×全幅×全高=4450×1770×1550mm/ホイールベース=2700mm/駆動方式=FF/交流同期モーター(109ps、28.6kgm)/航続距離=160km以上(米国LA4モード)(プロトタイプ)

日産リーフ プロトタイプ(FF/1AT)【試乗速報】

気配りのEV 2010.06.17 試乗記 日産リーフ プロトタイプ(FF/1AT)

電気自動車の本格的普及を目指して開発された、「日産リーフ」のプロトタイプに初試乗! 乗って、触って、感じたことは……。

日産リーフ プロトタイプ(FF/1AT)【試乗速報】の画像
「リーフ」にはバンパーをはじめ、各種部材にリサイクル材が用いられる。室内ではペットボトルから作られた繊維が、シート表皮として使われている。
「リーフ」にはバンパーをはじめ、各種部材にリサイクル材が用いられる。室内ではペットボトルから作られた繊維が、シート表皮として使われている。
後席には3点式のシートベルトとヘッドレストが3人分備わる。
後席には3点式のシートベルトとヘッドレストが3人分備わる。

さまざまな発見

2009年8月の発表から10カ月。日産の電気自動車(EV)「リーフ」にやっと乗ることができた。テストコース内で15分という、場所も時間も限られた条件で、おまけに試乗車は左ハンドル中国仕様のプロトタイプだったが、事前の情報ではつかめなかった部分をいろいろ確認できたので、速報としてリポートしたい。

発表直後から「EVらしさが薄い」と陰口を叩かれていたデザインは、実はいろいろな工夫が込められていた。たとえばヘッドランプの峰がとがっているのは、ドアミラーに向かう空気の流れを上下に分断するためだとか……。縦長のリアコンビランプがリアウィンドウ面から突き出しているのも、空力対策が理由だった。

ルーフエンドには小さなソーラーパネルがつく。でもここで発生した電力が走りに使われるわけではない。リーフの場合、モーター/エアコンとそれ以外の電装系が別系統で、太陽光発電は12Vを使うライトやオーディオ用なのだ。

室内は、前席まわりについては広く開放的。後席は床下にバッテリーを内蔵する関係で、座面との高さの差が少ないが、頭上やひざ前の空間は身長170cmの僕には不満ない。ペットボトルから作った表皮を持つシートの座り心地は快適だった。見た目を含め、もっとリサイクルっぽさを出したほうが説得力が増すのではないかと思ったほどだ。ラゲッジスペースは、EVの常識を打ち破る深さだった。

あぜんとしたのはフロントフード内だ。開けると姿を見せたのは、エンジン風カバーをつけたインバーターだった。メカニズムを低く抑え、上にサブトランクを用意したほうが、EVのメリットをアピールできたのではないだろうか。

これに限らず、リーフにはガソリン車との違いをなるべく小さくしようという、日本の自動車会社らしい気配りが各所にあふれていた。

バッテリーはキャビン床下に搭載されるため、荷室の床面は低い。付属の黒いバッグは、充電ケーブルが収められたもの。
バッテリーはキャビン床下に搭載されるため、荷室の床面は低い。付属の黒いバッグは、充電ケーブルが収められたもの。
ルーフには小さなソーラーパネルがあり、オーディオやライトなどの電力をまかなう。アンテナは空力を考慮した特殊な形状。
ルーフには小さなソーラーパネルがあり、オーディオやライトなどの電力をまかなう。アンテナは空力を考慮した特殊な形状。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

リーフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第27回:元リーフタクシー運転手、最新型リーフに仰天する(最終回)
    俺、感動しちゃったよ(小さな旅編)
    2016.4.14 エッセイ 最新型「日産リーフ」で横浜から小田原の漁港に向かった、元リーフタクシー運転手の矢貫 隆。「航続距離200kmはいける」「約6000基の急速充電器」という数字のすごさを実感しながら、今回の旅を振り返る。
  • 日産リーフ G(FF)【試乗記】 2013.1.9 試乗記 日産リーフ G(FF)
    ……417万5850円

    発売から2年、電気自動車の代名詞となった「日産リーフ」がマイナーチェンジを受けた。新型の見どころは、航続距離の延長や利便性を向上させたところ。その仕上がり具合をチェックする。
  • 日産の新型電気自動車「リーフ」 2009.8.2 画像・写真 2009年8月2日に公開された、日産の新型電気自動車「リーフ」を写真で紹介する。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る