アストン、大阪・名古屋で「ラピード」お披露目

2010.06.16 自動車ニュース

「アストン・マーティン ラピード」大阪と名古屋でお披露目

アストン・マーティンの4ドアスポーツカー「ラピード」が、2010年6月19日〜20日、大阪と名古屋でお披露目される。

アストン・マーティンの最新スポーツカー「ラピード」。「ポルシェ・パナメーラ」とともに、“ラクシャリー4ドアスポーツ”という新たな市場を開拓するこのクルマは、2009年9月にフランクフルトショーで世界初公開され、2009年末に日本での受注が始まった。

しかしながら「ラピード」は、オーストリアの名門マニュファクチャラー、マグナ・シュタイアー社で年間2000台程度のみが造られるモデル。日本における年間販売見込みは約50台というレアな商品だけに、受注が開始されたといっても各地域のショールームに一斉に並ぶわけではない。実際のところ、大阪および名古屋のディーラーでデモカーが一般公開されるのは、今回が初となる。

展示会場となるのは、アストン・マーティン大阪八光(大阪市西区)、および同名古屋八光(名古屋市中区)の2つのディーラー。
2010年6月中旬時点で、国内受注台数は35台程度と希少性が高く、街中で見かける機会も少ないスーパースポーツ「アストン・マーティン ラピード」。その姿をひと目見たいという人にとっては、今回の展示会は貴重な機会かもしれない。

アストン・マーティン大阪八光/名古屋八光ホームページ:
http://www.astonmartin-hakko.co.jp/

(webCG 曽宮)

「アストン・マーティン ラピード」
「アストン・マーティン ラピード」

アストン、大阪・名古屋で「ラピード」お披露目の画像

アストン、大阪・名古屋で「ラピード」お披露目の画像

関連キーワード:
ラピードアストンマーティン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ラピードS シャドーエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.10.13 試乗記 「アストンマーティン・ラピードS」は不思議な存在だ。ある時はスポーツカー、またある時はフォーマルサルーン、そしてハッチゲートを開ければ“ユーティリティービークル”に早変わり。しかしてその実体は……。 特別仕様車「シャドーエディション」に試乗した。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
ホームへ戻る