エディターから一言番外編島下泰久が提言、「東京ショーは、生のクルマ情報のネタ元たれ!」

現役自動車ジャーナリストが来場者を案内する「ガイドツアー」には、約450人が参加した。
第105回:東京モーターショーを内部から眺めて〜これからのショーの楽しみ方とは?

2009年10月23日から11月4日まで催された「東京モーターショー」。今回は海外主要メーカーの出展とりやめ、開催期間の短縮などもあって、総来場者数は61万4400人と前回(2007年)より81万1400人も減ってしまった(57%の減少)。
そんなショーを、自動車ジャーナリストの島下泰久はどう見たのだろうか?

目玉のひとつ、「レクサスLFA」のメカニズム。じっくり眺めると面白い発見がいくつもあったが、詳細な説明があればもっと楽しめたはず。
エディターから一言番外編島下泰久が提言、これからのショーの楽しみ方とは?
なんとショー直前にブランドの撤退、日本市場撤退ではなくブランド自体の終了が決まってしまったビューエル。東京が最後の勇姿となった。
エディターから一言番外編島下泰久が提言、これからのショーの楽しみ方とは?

クルマへの熱、まだまだあるじゃん!

今年の東京モーターショーには、取材者といういつもの立場とはちょっと違ったかたちでも関わることになった。今年初頭、今年のショーがどうやら危機的状況となりそうだと判明した時点で、何とかしなければと立ち上がった同業有志とともに、色々なイベントを行ったからだ。

まず10月24日と11月3日の休日には、AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)主催のタウンミーティングを開催した。講演会でもトークショーでも無く、タウンミーティング。ようするに皆でクルマのことを話そうよ、ということだ。清水和夫氏と行った24日のテーマは「クルマ好きが考えるクルマ社会の未来」。3日には河口まなぶ氏、それと「トヨタFT-86コンセプト」開発責任者の多田哲哉氏、「マツダ・ロードスター」開発主査の貴島孝雄氏らと「スポーツカーに未来はあるのか?」というテーマで話をした。

また、これもAJAJからの提案として「自動車ジャーナリストによるモーターショーガイドツアー」も行った。我々が取材などで得た知識をもとに、色々な角度から、あるいはもっと深くショーを観てもらえるようガイドを務めたのである。

これらもあって、結局都合5日間通った今回のショーを振り返って思うのは、クルマへの熱、まだまだあるじゃん! ということだ。彼らと話もしないで「若者のクルマ離れ」とか安易に言わないでほしいもんだ、と改めて思ってしまう。

たしかに来場者数は激減した。けれど、これだけ悲観的な報道の中で、これほどの人が来たのだ。楽観しろというわけではなく、それでも来てくれた人達のことを思わなければ、という話である。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。