【スペック】クラウン2.5ロイヤルサルーン(写真中央):全長×全幅×全高=4870×1795×1470mm/ホイールベース=2850mm/車重=1600kg/駆動方式=FR/2.5リッターV6DOHC24バルブ(203ps/6400rpm、24.8kgm/4800rpm)/価格=415万円(テスト車=427万3900円/スペアタイヤ=6万900円/アルミホイール=6万3000円)

トヨタ マイナーチェンジ車試乗会(クラウン/ノア/ヴァンガード)【試乗記】

気に入ればチャンス 2010.06.15 試乗記 トヨタ・クラウン2.5ロイヤルサルーン/ノア X “Lセレクション”(7人乗り)/ヴァンガード240S“Sパッケージ”(7人乗り)
……427万3900円/303万5000円/291万8200円

トヨタ車がこぞってマイナーチェンジ。メーカーは“買わなきゃ損”と自信を見せるが……? 『webCG』のコンドーと関がチェックしてみた。
13代目となる「トヨタ・クラウン」。2010年2月に、バンパーまわりやリアランプが(少しだけ)変わった。
13代目となる「トヨタ・クラウン」。2010年2月に、バンパーまわりやリアランプが(少しだけ)変わった。

トヨタ マイナーチェンジ車試乗会(クラウン/ノア/ヴァンガード)【試乗記】の画像
エンジンルームは、カバーしか目に入らない。すっきり、モノクロな世界。
エンジンルームは、カバーしか目に入らない。すっきり、モノクロな世界。

お化粧直しただけじゃない

コンドー(以下「コ」):今日は、トヨタの一押しモデルを試せるて聞いたんやけど?
関(以下「せ」):それがこちら、「いつかはクラウン」です!

コ:……“いつもの”クラウンやん。
せ:今年の2月に、いろいろと手直しされたんですよ。

コ:見た目がちょっと変わったのはわかる。バンパーやフォグランプの形が、「ロイヤル」も、走りの「アスリート」も、いままでとは違ってる。
せ:それぞれ外観を一段と“らしく”して、お互いの差別化を図ったそうです。
コ:ハイブリッドは、いままでアスリートっぽかったのに、ロイヤルみたいなってる……。
せ:社用車として使われることが多いので、ロイヤル顔のほうがふさわしいというわけ。でも、実は専用のブレーキ冷却ダクトがあったり、ハイブリッドのはオリジナル外装なんですよ。
コ:で、化粧直しだけ? ほかにアピールできる変化は?

せ:ずばり、減税です!
コ:……そのモノマネ、年齢制限あるねんで。で、こども店長、燃費はそんなによくなったんか?

せ:2.5リッターのFRモデルだけですが、10・15モードの燃費値が12.0km/リッターから12.4km/リッターに増えました。
コ:15km/リッターくらいいってくれると、けっこうインパクトあるねんけどなぁ……3%増しじゃなぁ。
せ:その3%に加えて、さらに今回、ハイオク仕様からレギュラー仕様になったおかげで、リッターあたり約10円、7%のコストダウン。
コ:合わせて、ガス代が約1割おトク。となると、大きいな! エンジン載せ替えたん?

モーターとガソリンエンジンを併用する「クラウンハイブリッド」も同時にお化粧直し。デザインのベースが「アスリート」から「ロイヤル」に変更された。
モーターとガソリンエンジンを併用する「クラウンハイブリッド」も同時にお化粧直し。デザインのベースが「アスリート」から「ロイヤル」に変更された。

トヨタ マイナーチェンジ車試乗会(クラウン/ノア/ヴァンガード)【試乗記】の画像

せ:基本的に同じですが、パーツの見直しでフリクションロスを減らしたり、ATの制御を変更した結果だそうです。なかでも、オルタネーター(発電機)の制御を改めてエンジンの回転抵抗を減らしたのが大きいとか。
コ:エンジンの回転力使って発電する部品やろ? そんなに大事なもんやろか。
せ:今回から、バッテリーの充電状態をより細かくチェックして、不要なときはこまめにオルタネーターへの動力伝達をオフ。ちょっとでもロスをなくそうってわけです。

コ:細かい努力の積み重ねで、まだまだ省エネできるんやな。でも、2008年2月にデビューした時点で、そうしといてほしかったよな。
せ:やはり、2009年4月から始まった、「エコカー減税」が追い風でしょう。今回の燃費改善で、クラウン(2.5リッターFR車)の自動車税と重量税、半額ですよ。いきなり11万8900円も安くなっちゃって。
コ:かなりグッとくる数字になってきた! でも、燃費の数字ばかり意識して、走りがショボなってたら本末転倒。実際はどうなんやろ?

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴァンガードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る