【スペック】クラウン2.5ロイヤルサルーン(写真中央):全長×全幅×全高=4870×1795×1470mm/ホイールベース=2850mm/車重=1600kg/駆動方式=FR/2.5リッターV6DOHC24バルブ(203ps/6400rpm、24.8kgm/4800rpm)/価格=415万円(テスト車=427万3900円/スペアタイヤ=6万900円/アルミホイール=6万3000円)

トヨタ マイナーチェンジ車試乗会(クラウン/ノア/ヴァンガード)【試乗記】

気に入ればチャンス 2010.06.15 試乗記 トヨタ・クラウン2.5ロイヤルサルーン/ノア X “Lセレクション”(7人乗り)/ヴァンガード240S“Sパッケージ”(7人乗り)
……427万3900円/303万5000円/291万8200円

トヨタ車がこぞってマイナーチェンジ。メーカーは“買わなきゃ損”と自信を見せるが……? 『webCG』のコンドーと関がチェックしてみた。
13代目となる「トヨタ・クラウン」。2010年2月に、バンパーまわりやリアランプが(少しだけ)変わった。
13代目となる「トヨタ・クラウン」。2010年2月に、バンパーまわりやリアランプが(少しだけ)変わった。

トヨタ マイナーチェンジ車試乗会(クラウン/ノア/ヴァンガード)【試乗記】の画像
エンジンルームは、カバーしか目に入らない。すっきり、モノクロな世界。
エンジンルームは、カバーしか目に入らない。すっきり、モノクロな世界。

お化粧直しただけじゃない

コンドー(以下「コ」):今日は、トヨタの一押しモデルを試せるて聞いたんやけど?
関(以下「せ」):それがこちら、「いつかはクラウン」です!

コ:……“いつもの”クラウンやん。
せ:今年の2月に、いろいろと手直しされたんですよ。

コ:見た目がちょっと変わったのはわかる。バンパーやフォグランプの形が、「ロイヤル」も、走りの「アスリート」も、いままでとは違ってる。
せ:それぞれ外観を一段と“らしく”して、お互いの差別化を図ったそうです。
コ:ハイブリッドは、いままでアスリートっぽかったのに、ロイヤルみたいなってる……。
せ:社用車として使われることが多いので、ロイヤル顔のほうがふさわしいというわけ。でも、実は専用のブレーキ冷却ダクトがあったり、ハイブリッドのはオリジナル外装なんですよ。
コ:で、化粧直しだけ? ほかにアピールできる変化は?

せ:ずばり、減税です!
コ:……そのモノマネ、年齢制限あるねんで。で、こども店長、燃費はそんなによくなったんか?

せ:2.5リッターのFRモデルだけですが、10・15モードの燃費値が12.0km/リッターから12.4km/リッターに増えました。
コ:15km/リッターくらいいってくれると、けっこうインパクトあるねんけどなぁ……3%増しじゃなぁ。
せ:その3%に加えて、さらに今回、ハイオク仕様からレギュラー仕様になったおかげで、リッターあたり約10円、7%のコストダウン。
コ:合わせて、ガス代が約1割おトク。となると、大きいな! エンジン載せ替えたん?

モーターとガソリンエンジンを併用する「クラウンハイブリッド」も同時にお化粧直し。デザインのベースが「アスリート」から「ロイヤル」に変更された。
モーターとガソリンエンジンを併用する「クラウンハイブリッド」も同時にお化粧直し。デザインのベースが「アスリート」から「ロイヤル」に変更された。

トヨタ マイナーチェンジ車試乗会(クラウン/ノア/ヴァンガード)【試乗記】の画像

せ:基本的に同じですが、パーツの見直しでフリクションロスを減らしたり、ATの制御を変更した結果だそうです。なかでも、オルタネーター(発電機)の制御を改めてエンジンの回転抵抗を減らしたのが大きいとか。
コ:エンジンの回転力使って発電する部品やろ? そんなに大事なもんやろか。
せ:今回から、バッテリーの充電状態をより細かくチェックして、不要なときはこまめにオルタネーターへの動力伝達をオフ。ちょっとでもロスをなくそうってわけです。

コ:細かい努力の積み重ねで、まだまだ省エネできるんやな。でも、2008年2月にデビューした時点で、そうしといてほしかったよな。
せ:やはり、2009年4月から始まった、「エコカー減税」が追い風でしょう。今回の燃費改善で、クラウン(2.5リッターFR車)の自動車税と重量税、半額ですよ。いきなり11万8900円も安くなっちゃって。
コ:かなりグッとくる数字になってきた! でも、燃費の数字ばかり意識して、走りがショボなってたら本末転倒。実際はどうなんやろ?

関連記事
  • トヨタFJクルーザー オフロードパッケージ(4WD/5AT)【試乗記】 2011.5.9 試乗記 トヨタFJクルーザー オフロードパッケージ(4WD/5AT)
    ……350万5850円

    ジャパンメイドの北米向けSUV「FJクルーザー」の評判がいい。なにが、そんなにイイのか!? モリケータはその“地盤”に注目した。
  • トヨタFJクルーザー(5AT/4WD)【海外試乗記】 2008.6.4 試乗記 トヨタFJクルーザー(5AT/4WD)

    日本ではあまり聞き慣れないトヨタのSUV「FJクルーザー」。1960年代のランドクルーザー「40系」のスタイルを再現した、トヨタが北米向けに生産するモデルだ。自動車ジャーナリスト河村康彦がアメリカで試乗した。
  • トヨタFJクルーザー(4WD/5AT)【試乗記】 2011.2.4 試乗記 トヨタFJクルーザー(4WD/5AT)
    ……336万7850円

    オフロード性能も本格的! 「FJクルーザー」はルックスだけでなく、ヘビーデューティさでもランクルの魂を継承していた。
  • トヨタ海外仕様車試乗会(後編)【試乗記】 2010.10.31 試乗記 先に、「マトリックス」や「アイゴ」などハッチバックを中心にリポートした「日本で買えないトヨタ」の試乗記。後編では、個性的な3台のSUVを紹介する。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――メルセデスAMG G63(後編) 2017.4.13 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「メルセデスAMG G63」に試乗する。レーシングドライバー視点で“ゲレンデヴァーゲン”を斬る!
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
ホームへ戻る