第8戦カナダGP決勝結果【F1 2010 速報】

2010.06.14 自動車ニュース

【F1 2010 速報】第8戦カナダGP、ハミルトン2連勝、マクラーレン2戦連続1-2

F1世界選手権第8戦カナダGP決勝が、2010年6月13日、カナダはモントリオールのジル・ビルヌーブ・サーキット(4.361km)を70周して行われた。

2年ぶりの開催となった人気GPでマクラーレンが復活。渾身(こんしん)の予選アタックで今季初、カナダ3連続ポールポジションを獲得したルイス・ハミルトンが優勝し、ジェンソン・バトンとともに2戦連続1-2フィニッシュを飾った。

3位はフェラーリのフェルナンド・アロンソ。8位に終わった前戦トルコから復調の兆しをみせ、開幕戦の勝利を含む今シーズン3度目の表彰台にあがった。

ライバルが上り調子ないっぽうで帳尻が合わなかったのがレッドブル・ルノー勢。今季全戦ポールポジション獲得記録は途絶え、セバスチャン・ベッテル4位、マーク・ウェバー5位とレースでも上位に食い込むことはできなかった。

メルセデスのニコ・ロズベルグはスタート直後の混乱で順位を落としたが挽回し6位、ルノーのロバート・クビサは序盤ミハエル・シューマッハーと丁々発止を繰り広げ7位でゴール、トロロッソ・フェラーリのセバスチャン・ブエミは健闘し今年初入賞の8位、そしてビタントニオ・リウッツィ9位、エイドリアン・スーティル10位とフォースインディア・メルセデスの2台がダブルスコアでトップ10に入った。

以下、11位シューマッハー(メルセデス)、12位ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ)、13位ニコ・ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ・コスワース)、14位ルーベンス・バリケロ(ウィリアムズ)、15位フェリッペ・マッサ(フェラーリ)、16位ヘイキ・コバライネン(ロータス・コスワース)、17位ビタリー・ペトロフ(ルノー)、18位カルン・チャンドック(HRTコスワース)、19位ルーカス・ディ・グラッシ(バージン・コスワース)が完走を果たした。

2戦連続1-2でマクラーレンの2人がチャンピオンシップでも1-2。ハミルトン109点、バトン106点で、前戦トルコまでのポイントリーダー、103点のウェバーを上回った。アロンソが94点、ベッテルは90点でこれを追っている。
またコンストラクターズチャンピオンシップでもマクラーレンが215点で首位をキープ。レッドブルは22点差の2位、フェラーリは161点で3位につけている。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。