第146回:【Movie】実録! ルマンの「フツーの日」に「フツーのクルマ」で走ってみた

2010.06.12 エッセイ

第146回:【Movie】実録! ルマンの「フツーの日」に「フツーのクルマ」で走ってみた

ルマン「ブガッティ・サーキット」のゲート。脇には博物館もある。(コース図内①)
ルマン「ブガッティ・サーキット」のゲート。脇には博物館もある。(コース図内①)
博物館の中には、広いミュージアムショップもあります。
博物館の中には、広いミュージアムショップもあります。

「ルマン」じゃなくて「ル・マン」

今週末は、フランスで第78回ルマン24時間レースが開催される。
「ルマン」というと、いまから25年前の大学時代、先輩のひとことを思い出す。ボクが日本語の「ロマン」を発音する要領で「ルマン、ルマン」と騒いでいたら、「ポルシェ924」乗りであった先輩は、「あ、それは『ル・マン』よ」と矯正してくれた。
それを聞いたボクは、往年のCMで「デリシャスじゃなくて、デリ〜シャスよ」と言っていた評論家・竹村健一氏じゃあるまいし……と軽くあしらっていた。
しかし後日、このフランス・サルト県の地名は、定冠詞と分かれていて「Le Mans」と書くことがわかった。「ル」と「マン」は離れていたことを知り、己を恥じたのだった。

以下の段落もフランス語をご存知の方は読み飛ばしていただいてよい。
定冠詞を伴っているおかげで、「ルマンへ」といった意味のときは、「au Mans」となり、「ルマンの」と言いたい場合は、「du Mans」となる。「ルマン24時間レース」のフランス語表記も「24 heures du Mans」だ。
したがって、フランス人との会話の中で、ルマンは「オウマン」とか「デュマン」になってしまうから、聞き取るのには耳をダンボにしていないといけない。

「テルトル・ルージュ」から「ユノディエール」直線方面を臨む。脇の食堂は最近閉店したもよう。(コース図内②)
「テルトル・ルージュ」から「ユノディエール」直線方面を臨む。脇の食堂は最近閉店したもよう。(コース図内②)
「ユノディエール」の途中。左脇の中華レストランは長年ある。ジョギングする人もあり。(コース図内③)
「ユノディエール」の途中。左脇の中華レストランは長年ある。ジョギングする人もあり。(コース図内③)

ほとんどが公道の「サルト・サーキット」

さて、ルマン24時間レースにおけるコース・通称“サルト・サーキット”は、大部分が公道であることは多くの人が知っているとおりだ。
正確にいうとサルト・サーキットは、公道部分と、それに隣接した「ブガッティ・サーキット」といわれる本物のサーキットを足したものだ。1周は約13.6kmである。
13kmを東京に当てはめると、およそ都心から環状8号線までの直線距離である。その間を丸1日行ったり来たりしていると思えばよい。

しかし考えてみると、24時間レースの日以外のルマンの映像というのは、あまり流布されていない。そこで今回は、ルマンのコースをボクが実際に走ってみた動画をお届けすることにした。

ブガッティ・サーキット部分には一般車は入れないので、動画撮影したのは公道部分だけである。だが逆にいえば、読者の皆さんも、ルマンを訪れるチャンスがあればいつでも走れるコースということだ。

撮影は、ルマン旧市街からアクセスしやすい「テルトル・ルージュ」のコーナーから始めている。

この先を真っすぐ行くとミュルザンヌ村、右に折れればアルナージ村方面。(コース図内④)
この先を真っすぐ行くとミュルザンヌ村、右に折れればアルナージ村方面。(コース図内④)
「ミュルザンヌ」のコーナー。レース用の道にはバリケードが。(コース図内⑤)
「ミュルザンヌ」のコーナー。レース用の道にはバリケードが。(コース図内⑤)
「ミュルザンヌ」の一般車走行路はロンポワン(ロータリー)になっている。
「ミュルザンヌ」の一般車走行路はロンポワン(ロータリー)になっている。

ヨン様ツアーを笑うな

欧州で、レースのコースで日頃走れるところといえば、モナコのモンテカルロもあるが、ルマンの魅力はユノディエールといわれる約6kmにわたる直線であろう。
通りすぎるクルマを見ると「ポルシェ911」や「ダッジ・バイパー」など、「いかにも」なクルマに乗ったオーナーたちが次々とやってくる。きっと、気分はポール・ニューマンやスティーブ・マックイーンである。こうした人たちに、「冬のソナタ」のロケ現場を訪ねるヨン様の追っかけ奥様たちを笑う資格はないだろう。
ただし、ドライバーたちの名誉のために言うと、危ないスピードを出している人はボクが観察する限りいなかった。ついでに言えば、そうした不良ドライバーを制するため、「安全運転の街ルマン。スピードは控えめに」といったお節介な標語も立っていないところが、大人である。

ユノディエールのストレートのあと現れるのは、あの有名なコーナー「ミュルザンヌ」である。ベントレーのモデル名にもなっているからといってビビることはない。実際は、「超」の文字がつくほどのどかな村だ。コーナーを抜けると、次はこれまたベントレーの名前にもなっているアルナージ村へと向かうストレートが続く。

もうひとつ、意外に心躍ることがある。
レース後も残された「PEUGEOT」「Audi Power」などと書かれた看板の下をくぐるときだ。普段公道では超穏健派のボクが、妙にレーシングドライバー気分になるのだから、熱い人にはたまらないだろう。
そこで思いついたのだが、日本でも横断歩道橋にクルマやタイヤの広告を入れたりしたら、それなりのムードが出るのではないか?
広告効果抜群、改修費用や自治体の収入にもなるという一石二鳥、われながら良いアイデアだと思うんですけど。

(文と写真=大矢アキオ/Akio Lorenzo OYA)

これが真実のミュルザンヌ! 素朴さがたまらない。
これが真実のミュルザンヌ! 素朴さがたまらない。
24時間レースのときの広告が残っている。
24時間レースのときの広告が残っている。
コースに隣接する「アラン・プロスト・カート場」。
コースに隣接する「アラン・プロスト・カート場」。

【Movie】ルマン24時間レースの舞台「サルト・サーキット」を走る

(撮影と編集=大矢アキオ/Akio Lorenzo OYA)

こちらはブガッティ・サーキット内。オフィシャルカーの「アウディQ7」が待機中。
こちらはブガッティ・サーキット内。オフィシャルカーの「アウディQ7」が待機中。
こちらのセーフティカーのナンバーは「ドン・プジョー」。
こちらのセーフティカーのナンバーは「ドン・プジョー」。
表彰台も残っていました。
表彰台も残っていました。
サルト・サーキットのコース図。点線のところがブガッティ・サーキット。
第146回:【Movie】実録! ルマンの「フツーの日」に「フツーのクルマ」で走ってみた

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。