スズキ、新型「スイフト」の生産を開始

2010.06.11 自動車ニュース

スズキ、新型「スイフト」をハンガリーで生産開始

スズキは2010年秋ごろから欧州で販売が予定される新型「スイフト」の生産を、世界に先駆けハンガリーで開始したと発表した。

「スズキ・スイフト」は、日本では2004年に現行型が発売され、欧州、中国、インドを含む世界各国でも販売されるグローバルカー。今回ハンガリーでの生産開始が発表されたのは、モーターショーなどでもまだ発表されていない、フルモデルチェンジされた新型である。

新たなプラットフォームを採用した新型は、現行型に比べ、ホイールベースを50mm延長。全長も90mm延ばされ、ひとまわり大きくなった。(いずれも欧州仕様の数値)
新型エンジンの採用による燃費向上や、7エアバッグなど安全装備の充実も図られたという。

ハンガリー生産の新型スイフトは、2010年秋よりハンガリーをはじめ、ドイツ、イギリス、イタリアなど欧州各国で順次発売するとのこと。当然、今後日本でも発売される予定(日本仕様は国内生産)だが、その時期は明らかにされていない。

(webCG 本諏訪)

新型「スズキ・スイフト」(欧州仕様車)
新型「スズキ・スイフト」(欧州仕様車)
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2012.3.13 試乗記 スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)
    ……174万3000円

    従来型ではMT仕様の販売比率が7割に上ったという「スイフトスポーツ」。これはスポーツカー好きのノスタルジアか? それとも現実派のロジカルな選択か? ワインディングロードで考えた。
ホームへ戻る