【スペック】C3 エクスクルーシブ(写真手前):全長×全幅×全高=3955×1730×1530mm/ホイールベース=2465mm/車重=1210kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(120ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)/価格=239万円(テスト車=同じ)

シトロエンC3 エクスクルーシブ(FF/4AT)/DS3 スポーツシック(FF/6MT)【試乗記】

ときめく姉妹 2010.06.09 試乗記 シトロエンC3 エクスクルーシブ(FF/4AT)/DS3 スポーツシック(FF/6MT)
……239万円/273万7250円

異なる個性を引っさげて、同時に日本上陸を果たしたシトロエンの「C3」と「DS3」。ニューモデルの魅力を、巨匠 徳大寺有恒が語った。

昔の名前で出ています

松本英雄(以下「松」):2年ほど前に先代「C3」が販売中止されて以来、空白となっていた小型シトロエンが日本市場に復活しました。それも、同時に2モデル! 新しい「C3」と、それをベースとする3ドアのスペシャリティ・コンパクトとでもいうべき「DS3」です。
徳大寺有恒(以下「徳」):「DS3」は「DS」と名乗ってはいるものの、かつての「DS」の復刻版ではないんだよな。

松:ええ。従来からのシトロエンのレギュラーラインである「C」に対して、「DS」は新しいスペシャルなラインの名称ということですね。オリジナルの「DS」が持っていた、前衛的で独自性にあふれた精神を受け継ぎながらも、「アンチレトロ」を標榜(ひょうぼう)しています。
徳:だったらまったく違う名前にしてもよかったんじゃないか。
松:同感です。

徳:「DS」を筆頭に、かつてのシトロエンは、ひと目見ただけで「ほかのクルマとは違う」強烈なオーラを放っていたんだけどな。
松:巨匠はシトロエンにはいろいろ思い出があるんでしょう? 以前に伺った「GS」でハイドロ地獄に陥った話とか。
徳:ああ。あまりに修理費が嵩む(かさむ)のに女房がキレて、離婚の危機を迎えたんだ。(笑)
松:「2CV」にも長く乗られていたし、「エグザンティア」も愛用されてましたよね。
徳:「エグザンティア」はいいクルマだったなあ。「2CV」は女性ウケが抜群だった。あとは「CX」と「SM」にも乗ったよ。言わせてもらうと、「SM」は新車だぜ。

松:それは自慢できますよ。「CX」は僕も乗りました。もちろん中古だけど。調子がいいと本当に快適なクルマですよね。
徳:いや、まったく。ハイドロのシトロエンはすべからくそうなんだ。

松:僕は「アミ6」にも乗ってたんですよ。
徳:ほう。「アミ6」は欲しかったけど買えなかったクルマの1台だよ。
松:「アミ6」は「2CV」や「DS」のスタイリストとして知られる「フラミニオ・ベルトーニ」が手がけた最後の、そして彼がもっとも愛したシトロエンだそうなんです。雨の日に走っていると、水滴がフロントガラスに当たらずにルーフのほうに飛んでいくんですよ。

徳:そいつはすごいな。おっと、つい昔話になってしまったが、そんなこんなで、我々はシトロエンにはちょっとうるさいというわけだ。(笑)
松:では乗ってみましょうか。まずは「DS3」から。

1955年生まれの名車「DS」の名が使われる、シトロエンの新型車「DS3」。お互い似ても似つかないが、創造性や斬新さといったポリシーは相通じる、というのがメーカーの主張。
フロント両端にはLEDライトが備わり、アグレッシブなメインランプとともに個性をアピールする。
1955年生まれの名車「DS」の名が使われる、シトロエンの新型車「DS3」。お互い似ても似つかないが、創造性や斬新さといったポリシーは相通じる、というのがメーカーの主張。
フロント両端にはLEDライトが備わり、アグレッシブなメインランプとともに個性をアピールする。
テスト車「DS3 スポーツシック」は、ターボエンジンを搭載する「DS」ラインのスポーティグレード。ホイールはノーマルよりひとまわり大きな17インチを履く。
テスト車「DS3 スポーツシック」は、ターボエンジンを搭載する「DS」ラインのスポーティグレード。ホイールはノーマルよりひとまわり大きな17インチを履く。
【スペック】DS3 スポーツシック:全長×全幅×全高=3956×1715×1455mm/ホイールベース=2455mm/車重=1190kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=269万円(テスト車=273万7250円/ルーフステッカー(アーバントライブ)=4万7250円)
【スペック】DS3 スポーツシック:全長×全幅×全高=3956×1715×1455mm/ホイールベース=2455mm/車重=1190kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=269万円(テスト車=273万7250円/ルーフステッカー(アーバントライブ)=4万7250円)
関連記事
  • シトロエンC3 2016.6.30 画像・写真 仏シトロエンが新型「C3」の概要を発表した。外観はAセグメントの「C1」やクロスオーバー車の「C4カクタス」に通じるデザインで、ドアパネルにはポリウレタン製のエアクッションを装着できる。個性的なルックスの新型「C3」を写真で紹介する。
  • シトロエンC3/C3 WRCコンセプト/CXPERIENCE 2016.9.29 画像・写真 グループPSAはパリモーターショー2016で、新型「シトロエンC3」や2017年のWRCに投入予定の「C3 WRCコンセプト」、次世代サルーンのデザインコンセプト「CXPERIENCE」ほかを公開する。その姿を画像で紹介。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 「アルファ4C/4Cスパイダー」に創業107周年記念の特別仕様車 2017.4.25 自動車ニュース FCAジャパンは2017年4月25日、アルファ・ロメオの創業107周年を記念した特別仕様車「4C/4C Spider 107th Edition」を設定し、2017年5月1日から6月30日までの期間限定で注文を受け付けると発表した。
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
ホームへ戻る