クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】C3 エクスクルーシブ(写真手前):全長×全幅×全高=3955×1730×1530mm/ホイールベース=2465mm/車重=1210kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(120ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)/価格=239万円(テスト車=同じ)

シトロエンC3 エクスクルーシブ(FF/4AT)/DS3 スポーツシック(FF/6MT)【試乗記】

ときめく姉妹 2010.06.09 試乗記 シトロエンC3 エクスクルーシブ(FF/4AT)/DS3 スポーツシック(FF/6MT)
……239万円/273万7250円

異なる個性を引っさげて、同時に日本上陸を果たしたシトロエンの「C3」と「DS3」。ニューモデルの魅力を、巨匠 徳大寺有恒が語った。

昔の名前で出ています

松本英雄(以下「松」):2年ほど前に先代「C3」が販売中止されて以来、空白となっていた小型シトロエンが日本市場に復活しました。それも、同時に2モデル! 新しい「C3」と、それをベースとする3ドアのスペシャリティ・コンパクトとでもいうべき「DS3」です。
徳大寺有恒(以下「徳」):「DS3」は「DS」と名乗ってはいるものの、かつての「DS」の復刻版ではないんだよな。

松:ええ。従来からのシトロエンのレギュラーラインである「C」に対して、「DS」は新しいスペシャルなラインの名称ということですね。オリジナルの「DS」が持っていた、前衛的で独自性にあふれた精神を受け継ぎながらも、「アンチレトロ」を標榜(ひょうぼう)しています。
徳:だったらまったく違う名前にしてもよかったんじゃないか。
松:同感です。

徳:「DS」を筆頭に、かつてのシトロエンは、ひと目見ただけで「ほかのクルマとは違う」強烈なオーラを放っていたんだけどな。
松:巨匠はシトロエンにはいろいろ思い出があるんでしょう? 以前に伺った「GS」でハイドロ地獄に陥った話とか。
徳:ああ。あまりに修理費が嵩む(かさむ)のに女房がキレて、離婚の危機を迎えたんだ。(笑)
松:「2CV」にも長く乗られていたし、「エグザンティア」も愛用されてましたよね。
徳:「エグザンティア」はいいクルマだったなあ。「2CV」は女性ウケが抜群だった。あとは「CX」と「SM」にも乗ったよ。言わせてもらうと、「SM」は新車だぜ。

松:それは自慢できますよ。「CX」は僕も乗りました。もちろん中古だけど。調子がいいと本当に快適なクルマですよね。
徳:いや、まったく。ハイドロのシトロエンはすべからくそうなんだ。

松:僕は「アミ6」にも乗ってたんですよ。
徳:ほう。「アミ6」は欲しかったけど買えなかったクルマの1台だよ。
松:「アミ6」は「2CV」や「DS」のスタイリストとして知られる「フラミニオ・ベルトーニ」が手がけた最後の、そして彼がもっとも愛したシトロエンだそうなんです。雨の日に走っていると、水滴がフロントガラスに当たらずにルーフのほうに飛んでいくんですよ。

徳:そいつはすごいな。おっと、つい昔話になってしまったが、そんなこんなで、我々はシトロエンにはちょっとうるさいというわけだ。(笑)
松:では乗ってみましょうか。まずは「DS3」から。

1955年生まれの名車「DS」の名が使われる、シトロエンの新型車「DS3」。お互い似ても似つかないが、創造性や斬新さといったポリシーは相通じる、というのがメーカーの主張。
フロント両端にはLEDライトが備わり、アグレッシブなメインランプとともに個性をアピールする。
1955年生まれの名車「DS」の名が使われる、シトロエンの新型車「DS3」。お互い似ても似つかないが、創造性や斬新さといったポリシーは相通じる、というのがメーカーの主張。
フロント両端にはLEDライトが備わり、アグレッシブなメインランプとともに個性をアピールする。 拡大
テスト車「DS3 スポーツシック」は、ターボエンジンを搭載する「DS」ラインのスポーティグレード。ホイールはノーマルよりひとまわり大きな17インチを履く。
テスト車「DS3 スポーツシック」は、ターボエンジンを搭載する「DS」ラインのスポーティグレード。ホイールはノーマルよりひとまわり大きな17インチを履く。 拡大
【スペック】DS3 スポーツシック:全長×全幅×全高=3956×1715×1455mm/ホイールベース=2455mm/車重=1190kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=269万円(テスト車=273万7250円/ルーフステッカー(アーバントライブ)=4万7250円)
【スペック】DS3 スポーツシック:全長×全幅×全高=3956×1715×1455mm/ホイールベース=2455mm/車重=1190kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=269万円(テスト車=273万7250円/ルーフステッカー(アーバントライブ)=4万7250円) 拡大
注目の記事PR
  • 「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった!
    「レンジローバー ヴェラール」に試乗。その走りはライバルと一線を画すものだった! レンジローバー特集
注目の記事一覧へ
「シャークフィン」と呼ばれる三角形のBピラーが際立つサイドビュー。ブラックアウトされたAピラー、Cピラーと相まって、まるでルーフが宙に浮いているような視覚効果を与える。
「シャークフィン」と呼ばれる三角形のBピラーが際立つサイドビュー。ブラックアウトされたAピラー、Cピラーと相まって、まるでルーフが宙に浮いているような視覚効果を与える。 拡大
水平ラインを基調に機能美を追求したという、運転席まわり。トランスミッションは、NAの「DS シック」が4段ATで、ターボの「DS スポーツシック」が6段MTとなる。ハンドル位置はいずれも右のみ。
水平ラインを基調に機能美を追求したという、運転席まわり。トランスミッションは、NAの「DS シック」が4段ATで、ターボの「DS スポーツシック」が6段MTとなる。ハンドル位置はいずれも右のみ。 拡大
エンジンは、「MINIクーパーS」と基本を同じくする1.6リッターターボユニット。156psの最高出力こそあちら(184ps)に一歩ゆずるが、最大トルクは同値となる24.5kgmを、より低い回転域から発生する。
エンジンは、「MINIクーパーS」と基本を同じくする1.6リッターターボユニット。156psの最高出力こそあちら(184ps)に一歩ゆずるが、最大トルクは同値となる24.5kgmを、より低い回転域から発生する。 拡大

クセはないけどアジがある

徳:ガンメタのボディにワインレッドのルーフ。シックなコンビネーションだな。
松:高級感がありますね。「DS3」の最大のトピックが、ボディとルーフ、インテリアなどのカラーコーディネートを、幅広い設定のなかから選べることだそうなんです。

徳:うれしいじゃないか。なんたって色選びは、クルマを買うときの大きな楽しみだからな。
松:「待つのは構わないから、好きな色を選べるようにしてほしい」というのが巨匠の持論ですものね。

徳:うん。インテリアもコンパクトにしてはなかなか質感が高いんじゃないか。
松:そうですね。「C3」と同じダッシュまわりのデザインは、とくに目新しくはないですが、光を通すスリットが入ったメータークラスターがちょっと変わってます。
徳:それを見て、1954年のフォードを思い出した。メーターナセルの裏側を透明プラスチックにして、外光を採り入れていたんだ。
松:へえ、そんなのがあったんですか。

徳:これ、エンジンは?
松:DOHC1.6リッターのターボです。市場で直接競合するであろう「MINIクーパーS」と基本的に同じユニットですが、とてもいいエンジンですね。低回転域からトルクがあって、パワーにもまったく不足はありません。

徳:大きなボディを非力なエンジンで走らせていた昔のシトロエンを知る身としては、むしろパワーがありすぎるくらいかも。(笑)
松:あまり昔と比べるのもなんですが、予備知識なしで乗っても、運転に困ることなど皆無ですね。逆にとても運転しやすいです。

徳:「2CV」のギアシフトとか、「DS」のブレーキとか、良くいえば個性的、悪くいえばクセが強かったからなあ。
松:唯一昔日の面影を残しているのがステアリングですね。電動パワステなんですが、直進位置への戻りをアシストする「アクティブリターン機能」が備えられているんです。
徳:かつての「セルフセンタリング」だな。

高速道路をゆく2台。寸法はほぼ同じだが、背丈だけは「DS3」(写真手前)のほうが「C3」より75mmも低い。
高速道路をゆく2台。寸法はほぼ同じだが、背丈だけは「DS3」(写真手前)のほうが「C3」より75mmも低い。 拡大
かたや5ドア、かたや3ドアの「C3」(写真手前)と「DS3」。姉妹車ではあるものの、メーカーによれば、異なる個性で全く違った顧客層に支持されるとのこと。
かたや5ドア、かたや3ドアの「C3」(写真手前)と「DS3」。姉妹車ではあるものの、メーカーによれば、異なる個性で全く違った顧客層に支持されるとのこと。 拡大

松:ええ。ハイパフォーマンスモデルだけに足まわりのセッティングはシトロエンとしては硬めですが、それでもMINIあたりと比べると乗り心地はソフトですね。
徳:ああ。女房が先代と現行の「MINIクーパー」を乗り継いでいるからよくわかるけど、これよりぜんぜん硬いぜ。

松:乗り心地にはシートも貢献してますね。
徳:クルマのシートに限らず、フランスはイスづくりが本当にうまい。ウチで「エアボーン」っていうフランスの家具メーカーのイスを愛用してるんだが、これがまた絶妙な座り心地なんだよ。
松:なるほど。さて、そろそろ「C3」に乗り換えますか。

おデコにほれぼれ

徳:丸っこいフォルムは、先代「C3」から受け継いだものだな。
松:ええ。パッと見にはあまり変わった印象は受けないんですが、最大の特徴が「ゼニス フロントウィンドウ」と呼ばれる大きなフロントガラスです。
徳:これはすごいな。ほぼ前席の頭上までウィンドウじゃないか。
松:ガラスの前後長は1.35m、垂直方向の視界は最大108度だそうです。

徳:透明ルーフを持つ市販車はさかのぼれば1950年代からあったが、ドライバーの頭上に梁(はり)がないものなんて、これ以外にお目にかかったことがないよ。
松:頭上まで視界を遮るものがないんだから、ある意味オープンカーより開放的とも言えますね。シトロエンではこれを「ビジオドライブ」(「ビジョン」と「ドライブ」の造語)と名付け、異次元のドライビングプレジャーを提供するとうたっています。

徳:あながち大げさじゃないな。走り慣れた道も、これだと違った景色に見えるよ。今日みたいな雨降りでも室内が明るくて、雨もまたいいかなという気分になるし。
松:キャビン全体のガラス面積が広く、視界が良好で運転しやすそうですね。ということで走ってみましょうか。
徳:金属バネでもソフトという、シトロエン伝統の乗り心地だな。
松:「ぼよよ〜ん」とした感じが、なんともいいですね。

徳:エンジンは?
松:こちらもMINIの「クーパー」などと基本的に同じ、ノンターボの1.6リッターです。特筆すべきものはありませんが、このボディを走らせるには必要十分なパワーユニットでしょう。

徳:トランスミッションはおなじみの「AL4」こと4段トルコンATだろう?
松:ええ。でも変速プログラムがブラッシュアップされ、よりスムーズになりました。もともとシトロエン用の「AL4」は、プジョーやルノー用に比べればトラブルが少なかったんですけどね。
徳:以前のようにドライバーの意思にそぐわないシフトを繰り返したり、ブレーキを踏むとガツーンとシフトダウンされる心配はなさそうだな。

松:総じて走りに不満はないし、室内や荷室も広いから、ファミリーカーとしてはなかなか好ましい存在ではないでしょうか。
徳:なんといっても大きなフロントガラスが魅力的だよ。高価でスペシャルなモデルではなく、実用的なコンパクトカーにあれを導入したところが画期的じゃないか。

松:シトロエンらしい独創性を感じますね。サンシェードを降ろしていれば単なる小型ファミリーカーなんだけど、ひとたび幕が上がればドリームカーに変身するんだから。
徳:それが200万円ちょっとから手に入るとなると、食指が動くってもんだろう。

(語り=徳大寺有恒&松本英雄/まとめ=沼田亨/写真=河野敦樹)

新型「C3」最大の特徴が、ごらんの「ゼニス フロントウィンドウ」。ドライバーの頭上まで広がる前後長1350mmのフロントウィンドウが、良好な前方視界(と新たな運転の楽しみ)を約束する。
新型「C3」最大の特徴が、ごらんの「ゼニス フロントウィンドウ」。ドライバーの頭上まで広がる前後長1350mmのフロントウィンドウが、良好な前方視界(と新たな運転の楽しみ)を約束する。 拡大
テスト車の「C3」は、上級グレードの「エクスクルーシブ」。バックソナーやESP、オートヘッドランプなどが標準で備わる。
テスト車の「C3」は、上級グレードの「エクスクルーシブ」。バックソナーやESP、オートヘッドランプなどが標準で備わる。 拡大
120psを発生する1.6リッターの心臓。トランスミッションは4段ATのみ。
120psを発生する1.6リッターの心臓。トランスミッションは4段ATのみ。 拡大
荷室容量は、5名乗車時で、Bセグメントのライバルたちをリードするという300リッターを確保する。
写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます
荷室容量は、5名乗車時で、Bセグメントのライバルたちをリードするという300リッターを確保する。
写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます 拡大
シトロエンC3 エクスクルーシブ(FF/4AT)/DS3 スポーツシック(FF/6MT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
C3DS3シトロエン試乗記

あなたにおすすめの記事