【スペック】C3 エクスクルーシブ(写真手前):全長×全幅×全高=3955×1730×1530mm/ホイールベース=2465mm/車重=1210kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(120ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)/価格=239万円(テスト車=同じ)

シトロエンC3 エクスクルーシブ(FF/4AT)/DS3 スポーツシック(FF/6MT)【試乗記】

ときめく姉妹 2010.06.09 試乗記 シトロエンC3 エクスクルーシブ(FF/4AT)/DS3 スポーツシック(FF/6MT)
……239万円/273万7250円

異なる個性を引っさげて、同時に日本上陸を果たしたシトロエンの「C3」と「DS3」。ニューモデルの魅力を、巨匠 徳大寺有恒が語った。

昔の名前で出ています

松本英雄(以下「松」):2年ほど前に先代「C3」が販売中止されて以来、空白となっていた小型シトロエンが日本市場に復活しました。それも、同時に2モデル! 新しい「C3」と、それをベースとする3ドアのスペシャリティ・コンパクトとでもいうべき「DS3」です。
徳大寺有恒(以下「徳」):「DS3」は「DS」と名乗ってはいるものの、かつての「DS」の復刻版ではないんだよな。

松:ええ。従来からのシトロエンのレギュラーラインである「C」に対して、「DS」は新しいスペシャルなラインの名称ということですね。オリジナルの「DS」が持っていた、前衛的で独自性にあふれた精神を受け継ぎながらも、「アンチレトロ」を標榜(ひょうぼう)しています。
徳:だったらまったく違う名前にしてもよかったんじゃないか。
松:同感です。

徳:「DS」を筆頭に、かつてのシトロエンは、ひと目見ただけで「ほかのクルマとは違う」強烈なオーラを放っていたんだけどな。
松:巨匠はシトロエンにはいろいろ思い出があるんでしょう? 以前に伺った「GS」でハイドロ地獄に陥った話とか。
徳:ああ。あまりに修理費が嵩む(かさむ)のに女房がキレて、離婚の危機を迎えたんだ。(笑)
松:「2CV」にも長く乗られていたし、「エグザンティア」も愛用されてましたよね。
徳:「エグザンティア」はいいクルマだったなあ。「2CV」は女性ウケが抜群だった。あとは「CX」と「SM」にも乗ったよ。言わせてもらうと、「SM」は新車だぜ。

松:それは自慢できますよ。「CX」は僕も乗りました。もちろん中古だけど。調子がいいと本当に快適なクルマですよね。
徳:いや、まったく。ハイドロのシトロエンはすべからくそうなんだ。

松:僕は「アミ6」にも乗ってたんですよ。
徳:ほう。「アミ6」は欲しかったけど買えなかったクルマの1台だよ。
松:「アミ6」は「2CV」や「DS」のスタイリストとして知られる「フラミニオ・ベルトーニ」が手がけた最後の、そして彼がもっとも愛したシトロエンだそうなんです。雨の日に走っていると、水滴がフロントガラスに当たらずにルーフのほうに飛んでいくんですよ。

徳:そいつはすごいな。おっと、つい昔話になってしまったが、そんなこんなで、我々はシトロエンにはちょっとうるさいというわけだ。(笑)
松:では乗ってみましょうか。まずは「DS3」から。

1955年生まれの名車「DS」の名が使われる、シトロエンの新型車「DS3」。お互い似ても似つかないが、創造性や斬新さといったポリシーは相通じる、というのがメーカーの主張。
フロント両端にはLEDライトが備わり、アグレッシブなメインランプとともに個性をアピールする。
1955年生まれの名車「DS」の名が使われる、シトロエンの新型車「DS3」。お互い似ても似つかないが、創造性や斬新さといったポリシーは相通じる、というのがメーカーの主張。
フロント両端にはLEDライトが備わり、アグレッシブなメインランプとともに個性をアピールする。
テスト車「DS3 スポーツシック」は、ターボエンジンを搭載する「DS」ラインのスポーティグレード。ホイールはノーマルよりひとまわり大きな17インチを履く。
テスト車「DS3 スポーツシック」は、ターボエンジンを搭載する「DS」ラインのスポーティグレード。ホイールはノーマルよりひとまわり大きな17インチを履く。
【スペック】DS3 スポーツシック:全長×全幅×全高=3956×1715×1455mm/ホイールベース=2455mm/車重=1190kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=269万円(テスト車=273万7250円/ルーフステッカー(アーバントライブ)=4万7250円)
【スペック】DS3 スポーツシック:全長×全幅×全高=3956×1715×1455mm/ホイールベース=2455mm/車重=1190kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=269万円(テスト車=273万7250円/ルーフステッカー(アーバントライブ)=4万7250円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC3/C3 WRCコンセプト/CXPERIENCE 2016.9.29 画像・写真 グループPSAはパリモーターショー2016で、新型「シトロエンC3」や2017年のWRCに投入予定の「C3 WRCコンセプト」、次世代サルーンのデザインコンセプト「CXPERIENCE」ほかを公開する。その姿を画像で紹介。
  • シトロエンC3 2016.6.30 画像・写真 仏シトロエンが新型「C3」の概要を発表した。外観はAセグメントの「C1」やクロスオーバー車の「C4カクタス」に通じるデザインで、ドアパネルにはポリウレタン製のエアクッションを装着できる。個性的なルックスの新型「C3」を写真で紹介する。
  • 個性的デザインの「シトロエンC4カクタス」発売 2016.10.4 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年10月4日、シトロエンのクロスオーバーモデル「C4カクタス」を発売した。200台限定となる。個性的なデザインが特徴で、欧州では2015年にデビューし、ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞している。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
ホームへ戻る