STIからレガシィの特別限定車デビュー

2010.06.08 自動車ニュース

STIから「レガシィ」のコンプリートカー「2.5GT tS」誕生

富士重工業のモータースポーツ統括会社、スバルテクニカインターナショナルは2010年6月8日、「スバル・レガシィ」をベースに、独自のチューニングを施したコンプリートカー「2.5GT tS」を発表、6月25日に発売する。

「2.5GT tS」は、STIが「レガシィツーリングワゴン」と「レガシィB4」の「2.5GT Sパッケージ」をベースに、独自のチューニングを施したコンプリートカーだ。“運転スキルを問わず、誰もが気持ちの良い走りを楽しめるクルマ”が目指され、シャシーやボディを中心に手が入れられている。

足まわりは、専用チューンが施されたビルシュタイン製サスペンションをはじめ、ボディ補強パーツの「フレキシブルタワーバーフロント」、「フレキシブルドロースティフナーフロントRH」、「フレキシブルサポートリア」を装着。また、リアサスペンションリンク(ラテラルリンク)の内側のブッシュにピロボールを使用し、回頭性の向上が図られたほか、STI製の18インチアルミホイールにより、外観もスポーティに演出されている。

エクステリアには、STI製のフロントアンダースポイラー、リアスポイラー、スポーツマフラー、専用オーナメントなどを装着。またインテリアは、専用のアルカンターラと本革を組みあわせたシート、本革巻きステアリングホイール、260km/hメーター、ブラックトリムの採用などにより、大人のスポーツモデルにふさわしい雰囲気が追求されている。

販売台数は、ツーリングワゴンとB4あわせて限定600台。受注期間は、2010年11月7日まで。

価格は、ベース車の70万1400円高で、「ツーリングワゴン2.5GT tS」が418万7400円、「B4 2.5GT tS」は402万9900円。それぞれ同価格で、5AT車と6MT車が選べる。

(webCG 曽宮)

「レガシィツーリングワゴン2.5GT tS」。
「レガシィツーリングワゴン2.5GT tS」。
「レガシィB4 2.5GT tS」。
「レガシィB4 2.5GT tS」。
 
STIからレガシィの特別限定車デビューの画像
「インプレッサ」のコンプリートカー「S204」などと同様、リアサスペンションの一部のブッシュが、ゴムブッシュから、よりソリッドな動きを実現するピロボールに変更されている。
「インプレッサ」のコンプリートカー「S204」などと同様、リアサスペンションの一部のブッシュが、ゴムブッシュから、よりソリッドな動きを実現するピロボールに変更されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る