【スペック】全長×全幅×全高=4370×1850×1230mm/ホイールベース=2575mm/車重=1390kg/駆動方式=MR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(280ps/6400rpm、35.7kgm/4700rpm)/価格=892万5000円(テスト車=1136万8000円)

ロータス・エヴォーラ(MR/6MT)【試乗記】

新世代のモンスター 2010.06.07 試乗記 ロータス・エヴォーラ(MR/6MT)
……1136万8000円


ロータスのミドシップスポーツカー「エヴォーラ」のスポーツレシオ6段MT搭載モデルに試乗。ノーマルモデルとの違いとは。

心乱れて

日経デジタルコンテンツ社の美人すぎる編集記者からメールが届いた。
「いつもお世話になっております。『webCG』で乗っていただくエヴーラ(原文ママ)ですが、エアコンが不調のようです。走行には問題ないのですが、エアコンは使用しないでくださいとのことです。
で、私がお迎えにあがる予定でしたが、乗ってみたら、クラッチが遠くて運転が……。申し訳ないのですが、待ち合わせ時間に編集部に来てもらうことは可能でしょうか」
もちろん可能です。

「ロータス・エヴォーラ」は、VVA(Versatile Vehicle Architecture)と呼ばれる独自のアルミシャシーにトヨタ由来の3.5リッターV6を搭載し、FRPボディをかぶせたモデルである。エンジン横置きのミドシップスポーツにして、運転席・助手席の後ろに「+2」のリアシートを設けた同社の意欲作だ。日本での受注開始は、昨2009年6月から。

今回試乗するのは、以前から告知されていたクロースしたギアを組み込んだスポーツレシオバージョンである。
ロー(3.54)セカンド(1.91)はノーマル6MTと同じながら、3速(1.22→1.41)4速(0.86→1.09)5速(0.79→0.97)6速(0.64→0.86)と、上のギアに行くほど相対的にギア比が落とされる。リバース(3.83)とファイナルギア(1-4速:3.78/5-6速:3.24)は同じまま。
ただでさえ速いエヴォーラの加速がさらに鋭くなり……との期待で盛り上がる一方、調子の悪いスポーツカーに乗るほどストレスがたまることはないし、途中で問題が生じると面倒……と表向きは心配しつつ、しかし胸の奥底では「さすがはバックヤードビルダーの末裔(まつえい)」と細かい不具合をどこか楽しく感じている自分がいて、ロータスの新作というのは、まったく心乱されるものである。

 
ロータス・エヴォーラ(MR/6MT)【試乗記】の画像
テスト車は、オプション「プレミアムパック」をセレクト。アームレストやドアポケットなど、内装の多くが本革張りとなり、その色も4種類から選べるようになる。写真は、パプリカ(赤)のインテリア。
テスト車は、オプション「プレミアムパック」をセレクト。アームレストやドアポケットなど、内装の多くが本革張りとなり、その色も4種類から選べるようになる。写真は、パプリカ(赤)のインテリア。
ハイパフォーマンスはもとより、豊富なオプションも自慢のエヴォーラ。ボディカラーは、写真の白系だけで2色。全20色が用意される。
ハイパフォーマンスはもとより、豊富なオプションも自慢のエヴォーラ。ボディカラーは、写真の白系だけで2色。全20色が用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エヴォーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る