三菱コルト/コルトプラスの燃費がアップ

2010.06.04 自動車ニュース
「コルトVery」
「三菱コルト」シリーズの燃費がアップ

三菱、「コルト」「コルトプラス」の燃費を改善

三菱自動車は2010年6月3日、「コルト」と「コルトプラス」に燃費向上を目的とする改良を加え、発売した。

「コルトプラスCool Very」。ボディカラーは、新色の「チタニウムグレーメタリック」。
「三菱コルト」シリーズの燃費がアップ

■1.3リッター車は、すべてエコカー減税対象に

今回「コルト」「コルトプラス」のFF車には発電制御の導入やオルタネーターの効率アップが、4WD車には点火プラグの変更などが施された。(「コルト ラリーアート バージョンR」「コルトプラス1.5RX」を除く)

また「コルトプラス」については、搭載エンジン排気量が、1.5リッター(105ps)から1.3リッター(92ps)にダウンサイズされた。 (「1.5RX」を除く)

これらの改良により、「コルト」「コルトプラス」とも、FF車は10・15モード燃費20.0km/リッターを達成。4WD車は、同18.6km/リッターを実現した。(「コルト ラリーアート バージョンR」「コルトプラス1.5RX」を除く)

結果、「コルト ラリーアート バージョンR」「コルトプラス1.5RX」以外のモデルで、FF車はエコカー減税の軽減率が従来の50%から75%に、4WD車はすべてが50%減税対象となった。「コルトプラス1.5RX」のFF車は、従来どおり50%軽減される。

このほかボディカラーの一部変更や、グレード展開の見直しも行われた。

価格は、「コルト」が124万9500円から198万4500円。「コルトプラス」は140万7000円から176万4000円。

特別仕様車「コルトClean Air Edition」。ボディカラーは、新色「カワセミブルーメタリック」(写真)のほか、「サクラピンクメタリック」「クールシルバーメタリック」「ホワイトパール」の全4色が設定される。
「三菱コルト」シリーズの燃費がアップ

■抗アレルゲンアイテム採用の特別仕様車

「コルト」のエントリーグレード「Very」をベースとした特別仕様車「Clean Air Edition(クリーンエア エディション)」が設定された。

この特別仕様車には、フロント/リアシートとアームレスト上面の表皮材に、花粉やダニなどのアレルゲン活動を約99%抑制するという「抗アレルゲン加工」が施されるほか、エアコンフィルターに天然成分の酵素などをもとにつくられた「バイオクリアフィルター」が採用される。

さらに成約者には、アレルゲンやタバコの匂いを分解・除去する「車載用プラズマクラスターイオン発生機」がプレゼントされる特典もつく。

「コルトClean Air Edition」の価格は、FF車が120万円、4WD車は138万9000円。

(webCG 曽宮)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)【試乗記】 2006.10.24 試乗記 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)
    ……230万4750円

    三菱のコンパクトカー「コルト」のスポーティグレードである「ラリーアート・バージョンR」MTモデルで、ホットハッチの鍛えられた走りを味わった。


  • 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)【試乗記】 2004.11.27 試乗記 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)
    ……185万3250円/191万1000円

    「コルト」の派生車種として当初から計画されていながら、「事件」のために投入時期が遅れてしまったユーティリティワゴンの「コルトプラス」。三菱の再生の行方を占う久々のニューモデルに『NAVI』編集委員鈴木真人が乗った。


  • 三菱コルト カジュアルバージョン(CVT)【ブリーフテスト】 2003.9.10 試乗記 ……140.8万円
    総合評価……★★★

    三菱自動車の再建計画「ターンアラウンド」の第1弾「コルト」。日独まじめなコンパクトに、ラテンなコンパクトカーをマイカーにもつ、自動車ジャーナリストの森口将之が試乗した。


  • 2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(RALLIART篇)【試乗記】 2006.7.25 試乗記 コルトラリーアート Version-R tuned by RALLIART(FF/5MT)/アウトランダー tuned by RALLIART(4WD/CVT)

    自動車メーカー直系のチューニングメーカー5社による「ワークスチューニングカー合同試乗会」に、『webCG』本諏訪と関が参加した。RALLIARTは、ホットハッチ「コルトラリーアート Version-R」と、SUV「アウトランダー」の2台をチューニングして、会場に持ち込んだ。


  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
ホームへ戻る