【スペック】全長×全幅×全高=3995×1685×1475mm/ホイールベース=2470mm/重量=1100kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4SOHC8バルブターボ(105ps/5000rpm、17.8kgm/1550-4100rpm)/価格=242.0万円(テスト車=273.0万円/HDDカーナビゲーションシステム+ETC車載器=31.0万円)

フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗速報】

向かうところ敵なし!? 2010.06.04 試乗記 フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)
……273.0万円


5代目「ポロ」の大本命、1.2リッターTSI搭載モデルが日本上陸。まずは上級モデルの走りを、箱根で試した。

20.0km/リッター達成

この5代目「ポロ」が昨年10月、日本で発売された時点から“本命”とされていた1.2リッターTSIが上陸した。すでにご存じの方も多いように、この1.2リッターターボの「ポロTSI」には2グレードが用意される。安価なほうは装備内容が従来の1.4のままでパワートレインのみ1.2TSIに換装した「TSIコンフォートライン」、そして、それにアルミホイール、オートエアコン、本革ステアリングその他の、豪華かつ、ちょいスポーティな装備を盛った上級モデルが「TSIハイライン」である。

“1.4リッター”に対して明確にパワー&トルクアップ(そして燃費も向上)した新世代ハイテクエンジンだけに、従来とほぼ同装備のコンフォートラインでも本体価格は10万円高くなった。しかし、日本の法規制に合わせた専用プログラムチューンによって、日本独自の10・15モード燃費でも20.0km/リッターを達成。待望のエコカー減税対象車になったことで、実質的な「乗り出し価格」はちょっと下がるという。

ただ、「エンジンを1.2TSIに一本化」という今回の新ラインナップは、昨年のポロ発売時点でフォルクスワーゲン・グループ・ジャパン関係者にうかがっていた内容とちょっと違う。もともとは「1.4コンフォートラインはそのままで、上級モデルとして1.2TSIハイラインを追加して2グレード体制にする」予定だった。新しい1.2TSIユニットは従来の1.6リッターNAの代替ユニットという位置づけだからだ。しかし、最終的にはこのように、ポロは全グレードが1.2TSIで統一された。その理由はハッキリしている。エコカー減税の延長だ。

従来の1.4リッターNAと比べると、パワーが20ps、トルクは4.4kgmアップしたうえ、10・15モード燃費も3.0km/リッター向上した。
従来の1.4リッターNAと比べると、パワーが20ps、トルクは4.4kgmアップしたうえ、10・15モード燃費も3.0km/リッター向上した。
「TSIハイライン」には、フルオートエアコン、センターアームレスト、レザーステアリング、フロントスポーツシート、パークディスタンスコントロールなどが装備される。
「TSIハイライン」には、フルオートエアコン、センターアームレスト、レザーステアリング、フロントスポーツシート、パークディスタンスコントロールなどが装備される。
フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗速報】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6MT)【ブリーフテスト】 2015.9.16 試乗記 フォルクスワーゲンのホットハッチ「ポロGTI」に新設定された、6段MTモデルに試乗。先にラインナップされていたAT車とのちがいをチェックしつつ、その走りや乗り心地、燃費などを項目ごとにリポートする。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る