プジョー308に6段AT搭載、値下げも実施

2010.06.03 自動車ニュース
 
プジョー308に6段AT採用、さらに値下げも

「プジョー308」に6段AT搭載、値下げも実施

プジョー・シトロエン・ジャポンは2010年6月3日、「プジョー308/308SW」のパワートレインを変更すると同時に価格の改定も行い、7月から販売すると発表した。

 
プジョー308に6段AT採用、さらに値下げも

今回変更されたのは、「308」「308SW」のオートマチックトランスミッション。従来、4段ATが搭載されていたが、エントリーグレードの「Style」を除き、すべて6段ATに改められた。先頃「308CC」に、そして発表されたばかりの「3008」「RCZ」などにも採用される、新開発のトランスミッションである。
さらに、搭載される1.6リッターエンジンにも改良が加えられた。最高出力は従来の140psから156psにアップ(ATモデル)。欧州の排ガス規制「ユーロ5」にも適合する、クリーン性能ももちあわせるという。

装備面では、「308 Cielo」で標準装備されていたレザーシートをファブリックシートに変更。インテグラルレザー内装をオプション設定とした。「308SW Griffe」はラインナップから落とされ、「308SW」唯一のグレード「308SW Premium」に「Griffe」相当の装備内容となるレザーパッケージがオプションで用意される。

今回の装備変更と同時に価格改定も行われ、モデルによっては最大で36.0万円の値下げとなった。各モデルの価格は以下のとおり。

308 Style:254.0万円(4AT)
308 Premium:269.0万円(6MT)/278.0万円(6AT)
308 Cielo:309.0万円(6AT)
308SW Premium:299.0万円(6AT)

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

308の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.25 試乗記 2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された、プジョーのフラッグシップワゴン「508SW GT BlueHDi」に試乗。「GT(グランドツアラー)」の称号が与えられた新グレードの乗り味やいかに?
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
  • 新型「メルセデス・ベンツEクラス ステーションワゴン」発表会の会場から 2016.11.29 画像・写真 メルセデス・ベンツ日本は新型「Eクラス ステーションワゴン」を発表した。また、クリスマスイベントとして「Mercedes-Benz Connection NEXTDOOR Star Garden」をオープンする。発表会の様子を画像で紹介する。
ホームへ戻る