プジョー308に6段AT搭載、値下げも実施

2010.06.03 自動車ニュース
 
プジョー308に6段AT採用、さらに値下げも

「プジョー308」に6段AT搭載、値下げも実施

プジョー・シトロエン・ジャポンは2010年6月3日、「プジョー308/308SW」のパワートレインを変更すると同時に価格の改定も行い、7月から販売すると発表した。

 
プジョー308に6段AT採用、さらに値下げも

今回変更されたのは、「308」「308SW」のオートマチックトランスミッション。従来、4段ATが搭載されていたが、エントリーグレードの「Style」を除き、すべて6段ATに改められた。先頃「308CC」に、そして発表されたばかりの「3008」「RCZ」などにも採用される、新開発のトランスミッションである。
さらに、搭載される1.6リッターエンジンにも改良が加えられた。最高出力は従来の140psから156psにアップ(ATモデル)。欧州の排ガス規制「ユーロ5」にも適合する、クリーン性能ももちあわせるという。

装備面では、「308 Cielo」で標準装備されていたレザーシートをファブリックシートに変更。インテグラルレザー内装をオプション設定とした。「308SW Griffe」はラインナップから落とされ、「308SW」唯一のグレード「308SW Premium」に「Griffe」相当の装備内容となるレザーパッケージがオプションで用意される。

今回の装備変更と同時に価格改定も行われ、モデルによっては最大で36.0万円の値下げとなった。各モデルの価格は以下のとおり。

308 Style:254.0万円(4AT)
308 Premium:269.0万円(6MT)/278.0万円(6AT)
308 Cielo:309.0万円(6AT)
308SW Premium:299.0万円(6AT)

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

308の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第31回 モテはギャップからと申します 2017.2.28 エッセイ 清水草一の話題の連載。第31回は「モテはギャップからと申します」。カーマニアがディーゼル車を選ぶ際に必要な要素とは一体何か? 現実的、かつ理想的な選択肢を探すなかで、筆者がたどり着いた境地とは?
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • プジョー308 GTライン(FF/6AT)【試乗記】 2015.9.4 試乗記 プジョーのCセグメントモデル「308」に、18インチアルミホイールや専用デザインの外装パーツなどが特徴の新グレード「GTライン」が登場。“しなやかさ”が魅力とされる308の足まわりと、225/40ZR18という偏平タイヤが織り成す走りをリポートする。
ホームへ戻る