ミツオカ・ビュートに最後の特別仕様車

2010.06.03 自動車ニュース

「ミツオカ・ビュート」に最後の特別仕様車

光岡自動車は2010年6月4日、コンパクトセダン「ビュート」に特別仕様車「Vintage(ヴィンテージ)」を設定し、20台限定で発売した。

往年の「ジャガーMk2」を思わせる見た目のコンプリートカー、「ミツオカ・ビュート」。ベースモデルとなる「日産マーチ」の生産終了にともなって、 2009年を最後にカタログから姿を消した――
はずだったが、今回“最後の最後”となる特別仕様車「ヴィンテージ」が発売される。

クリーミーホワイトのボディカラー、専用のグリルバッヂとリアエンブレム、Cピラーのオーナメントがエクステリアの特徴。インテリアも、専用デザインの本革シートやダッシュボードエンブレムなどの特別装備が与えられる。

20台の限定で、価格は「12ST」の230万円から「15LX」の275万6250円まで。

(webCG 関)

「ミツオカ・ビュート ヴィンテージ」
「ミツオカ・ビュート ヴィンテージ」

ミツオカ・ビュートに最後の特別仕様車の画像

ミツオカ・ビュートに最後の特別仕様車の画像

関連キーワード:
ビュートミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.11 試乗記
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)... 2017.10.6 試乗記