トヨタ、プロボックスとサクシードを一部改良

2010.06.02 自動車ニュース
「プロボックス バン 1.5DX“コンフォートパッケージ”」
トヨタ、プロボックスとサクシードを一部改良

トヨタ、「プロボックス」と「サクシード」の一部をエコカー減税対応に

トヨタ自動車は2010年6月1日、「プロボックス」「サクシード」を一部改良し、発売した。

「サクシード バン UL“Xパッケージ”」
トヨタ、プロボックスとサクシードを一部改良

今回行われた一部改良の眼目は、環境性能の向上と快適装備の追加である。

バンの1.5リッター車は、オルタネーターの制御などを改良したことにより、10・15モード燃費を従来比+0.2km/リッターの16.0km/リッターに改善。さらにCNG(天然ガス)車を除くガソリン車全車においてエンジンECUを変更し、空燃費センサーを追加することで、排出ガスを低減した。これらにより、バンの1.3、1.5リッター車(いずれもガソリンのFF/4AT)は、エコカー減税(50%)の対象となった。

装備面では、プロボックスのドアミラーに電動リモコン式を採用。一部グレードにはUVカット機能付きプライバシーガラスとカラードアウトサイドドアハンドルを標準とした。
一方サクシードでは、リアコンビネーションランプのカラーリングが変更された。

ボディカラーはプロボックス/サクシードともに、新色2色を含む5色のラインナップ。価格はプロボックス バンが109.8万円から283.7万円、プロボックス ワゴンが126.5万円から166.7万円。サクシード バンは131.4万円から173.5万円、サクシード ワゴンは149.1万円から177.5万円。

一部改良と同時に、特別仕様車「プロボックス ワゴン F“エクストラパッケージ・リミテッド”」と「サクシード ワゴン TX“Gパッケージ・リミテッド”」が設定された。
ボディカラーに特別色のマルーンブラウンマイカが追加され、サクシードには14インチアルミホイールが標準装備される。価格はプロボックス ワゴン F“エクストラパッケージ・リミテッド”が142.6万円から171.5万円、サクシード ワゴン TX“Gパッケージ・リミテッド”は163.3万円と184.3万円。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・サクシードUL(FF/CVT)/プロボックスGL(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.29 試乗記 顧客から高い支持を集めるビジネスバン「プロボックス/サクシード」が、デビューから12年にして初の大幅なマイナーチェンジ。徹底的な利便性の追求と、進化した走りに、トヨタの底力を見た。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
ホームへ戻る