第110回:「三菱i-MiEV」でエコランに挑戦

2010.06.02 エディターから一言

第110回:「三菱i-MiEV」でエコランに挑戦


電気自動車って実際どのくらい走れるの? エコ運転って具体的にどうすればいいの? イマの電気自動車の実力を試すべく、スーザン史子がエコランにチャレンジした。

「燃費」ならぬ「電費」を競う

三菱自動車主催の「メディア対抗エコラン大会」に参加してきました。
クルマは2010年4月1日から一般に向けて市販されるようになった電気自動車「i-MiEV」。コースは東京・田町の三菱自動車本社から、昼食会場となる三浦半島の観音崎京急ホテルへ向かい、再び田町へと戻ってくるというもの。

1番「電費」の良かったチームには「エコラン賞」が用意されていますが、その他にも、推奨ポイントに数多く立ち寄ったチームには「推奨ポイント賞」が、もっとも長い距離を走破したチームには「ロングラン賞」が用意され、それぞれの目標に向かって、自由にコースの組み立てができるようになっています。

今回『webCG』チームが狙いを定めたのは「推奨ポイント賞」。厳しくエコランして記録を出すのではなく、最低限守ることを決め、できるだけ一般ドライバーが普段走るような感覚でドライブを楽しもうというわけです。守るべきポイントは次の4点。

【その1】:周囲のクルマの流れを止めることのないよう、高速道路を走る場合は80km/hまで、一般道の場合は40〜60km/hの間で走る。
【その2】:クリープトルクをカットし省電費になるよう、信号待ちではなるべくセレクターレバーを「P」か「N」に入れる。
【その3】:クルマの持つエネルギーをうまく利用し、上り坂では手前で加速、下り坂では惰性で走ることで、なるべくアクセルは抜いた状態にする。
【その4】:電力消費が大きいエアコンは使わない。
といったことです。

基本的には、セレクターレバーは「Eco」ポジションに入れ、メーターの針が左側のチャージゾーンと右側のエコ&パワーゾーンとの境目を指した状態で走ること、前走車との速度差を調節できるよう、普段よりも少し車間距離を開けること、発進時には一呼吸おき、クリープが出てきてからじわっと踏むことを心がけました。

東京・田町にある三菱自動車本社を出発。まずは高速を使って横浜をめざす。
東京・田町にある三菱自動車本社を出発。まずは高速を使って横浜をめざす。 拡大
 
第110回:「三菱i-MiEV」でエコランに挑戦の画像 拡大
上り坂でのエコ運転のポイントは、坂道の手前の平坦な道で緩やかに加速しておくこと。上り坂ではアクセルを戻しながら上りきれれば、エネルギー消費は少なくすむ。でもこれがなかなか難しい。
上り坂でのエコ運転のポイントは、坂道の手前の平坦な道で緩やかに加速しておくこと。上り坂ではアクセルを戻しながら上りきれれば、エネルギー消費は少なくすむ。でもこれがなかなか難しい。 拡大
推奨ポイント・赤レンガ倉庫の前を通り、三菱みなとみらい技術館へ向かう。
推奨ポイント・赤レンガ倉庫の前を通り、三菱みなとみらい技術館へ向かう。 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7MT)【レビュー】 2018.5.22 試乗記 徹底した軽量化やパワートレインの変更などにより、強烈なドライビングプレジャーを追求したという「ポルシェ911カレラT」。母国ドイツの道でむちを当ててみると、一段と凝縮された“911のよさ”を味わうことができた。
  • BMW i8ロードスター(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.5.21 試乗記 次世代のモビリティーを提案するプラグインハイブリッド車であり、BMWのスポーツカーのなかでも最も高額なモデルである「BMW i8」。マイナーチェンジとともに追加されたオープントップの「ロードスター」に、風光明媚なスペイン・マヨルカ島で試乗した。
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
ホームへ戻る