プジョー3008、日本で販売開始

2010.06.01 自動車ニュース
「プジョー3008」
「プジョー3008」、日本で販売開始

「プジョー3008」、日本で販売開始

プジョー・シトロエン・ジャポンは2010年6月1日、新型クロスオーバー「3008」の日本導入を発表。同日に発売した。

ブーメラン型のテールランプが目を引くリアビュー。ホイールのサイズは17インチだ。
「プジョー3008」、日本で販売開始

■ひと粒で3度おいしい

既報のとおり、2009年3月のジュネーブショーでデビューした「プジョー3008」が、日本で発売された。

「3008」は、“3種のクルマのいいトコどり”を実現したという新型車。すなわち、SUVのスタイリングとMPVばりの広い室内空間、さらにセダンのドライビングフィールを併せ持つ、欲張りなクロスオーバーモデルである。

本国ではディーゼル版も扱われるが、日本に導入されるのは1.6リッターのガソリンモデル(6段AT)のみ。ベーシックな「プレミアム」(339.0万円)と、レザーシートなどを備える上級グレード「グリフ」(385.0万円)の二本立てでラインナップする。

インテリアの様子。2つのグレードで、シート地が異なる(ファブリック/レザー)。
「プジョー3008」、日本で販売開始

■個性のなかに利便性

ごろりとしたミニバンを思わせるモノフォルムのボディは、全長×全幅×全高=4365×1835×1635mm(ホイールベース=2615mm)というサイズ。大きなエアインテークや左右に張り出したフェンダー、ブーメラン型テールランプなどで個性を主張。さらに、オフロードテイストただようステンレス製アンダーガードといった、クロスオーバーらしいディテールもあわせもつ。

インテリアは、ハッチバックモデル「308」より7cmほど広い室内幅や、標準で備わる大型パノラミックガラスルーフなど、ひろびろ快適な室内空間がウリ。荷室の容量は、基本が432リッターで、6:4分割のリアシートをフルフラットにすれば1241リッターまで拡大可能。フロアボードの高さは3段階に調節可能で、上下に分割して開くリアハッチゲートと合わせて、ユーティリティの高さに寄与する。
いっぽうで、センターコンソールが運転席を囲い込むようデザインされるなど、ドライバーのスポーツマインドにも配慮したとされる。

「ホビーテールゲート」と呼ばれるハッチゲートは、上下に分かれるタイプ。重い荷物の出し入れに便利で、ベンチとしての用途もウリ。
「プジョー3008」、日本で販売開始

■足まわりにも注目

そんな「3008」の心臓は、156ps/6000rpmと24.5kgm/1400-3500rpmを発生する1.6リッター直4直噴ターボユニットで、日本での走行パターンを考慮したという6段ATが組み合わされる。
足まわりは、フロントがマクファーソン・ストラットで、リアがトーションビーム式。左右のリアショックアブソーバーを油圧的に連結することで、路面の追従性と対ショック性の向上を図った「ダイナミックロールコントロール」は、プジョー初となる注目のメカニズムだ。

安全面では、6つのエアバッグに加え、コーナリング中に車両の姿勢を安定させるESPが採用されるほか、前方車両との車間距離接近を警告する「ディスタンスアラート」も標準で備わる。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
ホームへ戻る