フェラーリ・フェスティバル2010 開催

2010.06.01 自動車ニュース

今年も盛況だったフェラーリの祭典 〜「フェラーリ・フェスティバル2010」開催

2010年5月29日、30日、静岡県小山町の富士スピードウェイで「フェラーリ・フェスティバル2010」が開かれた。

■新旧「フェラーリ」600台が集合

「フェラーリ・フェスティバル」は、正規インポーターである「フェラーリ・ジャパン」が主催するオーナー向けのサーキットイベントで、昨年に続いて2回目の開催となる。

会場がサーキットであるだけに、プログラムは「走り」がメイン。ナンバー付き車両によるスポーツ走行である「スポーツラン」、家族や仲間を同乗させての「アクティビティラン」から、サーキット専用車である「FXX」と「599XX」のデモラン、「F430」「360」などによるエキシビションレース「フェラーリトロフィ」、そしてF1マシン「F2001」のデモランに至るまで、初日である29日にはメインコースに一日中フェラーリサウンドが響きわたった。
また30日には、デモランに加えてドライビングスクールが実施された。

いっぽうピットでは1989年以前のクラシック・フェラーリを並べた「フェラーリ・クラシケ」、パドックでは現行全モデルの展示、さらに認定中古車の展示も行われた。

すでにお知らせしたように、29日には「458イタリア」「599GTO」のプレス発表会が開かれたが、「フェラーリ・フェスティバル」の参加者に向けては、まず29日に「458イタリア」、次いで30日に「599GTO」がパドックで公開され、大いに注目を集めていた。

「フェラーリ・フェスティバル2010」が開催された週末、遠くトルコのイスタンブールでは、フェラーリが1950年の第2戦モナコGPでF1参戦を開始してから、通算800戦目となるメモリアルレースを戦っていた。結果は残念ながらパッとしなかったが、ここ富士スピードウェイはときおり小雨がパラつく5月としては肌寒い空模様にもかからわず盛況で、全国から参加した新旧フェラーリは2日間で約600台を数えた。

(文と写真=田沼 哲)

原則としてフェラーリ以外は進入禁止とされたパドックの光景。
原則としてフェラーリ以外は進入禁止とされたパドックの光景。 拡大
サーキット専用車である「FXX」(前)と「599XX」(後)の、疑似レースともいうべきデモラン。
サーキット専用車である「FXX」(前)と「599XX」(後)の、疑似レースともいうべきデモラン。 拡大
終始激しいバトルを見せた「F430」「360」「355」「348」による「フェラーリトロフィ」。冷えた路面に足を取られ、スピンしたりコースアウトするマシンもあったが、大事には至らず。
終始激しいバトルを見せた「F430」「360」「355」「348」による「フェラーリトロフィ」。冷えた路面に足を取られ、スピンしたりコースアウトするマシンもあったが、大事には至らず。 拡大
ピットには3台のF1マシンが用意されていたが、デモランを披露したのは1台のみ。2001年の日本グランプリでミハエル・シューマッハが駆り、優勝した「F2001」を桧井保孝選手がドライブ。
ピットには3台のF1マシンが用意されていたが、デモランを披露したのは1台のみ。2001年の日本グランプリでミハエル・シューマッハが駆り、優勝した「F2001」を桧井保孝選手がドライブ。 拡大
ピットで行われた「フェラーリ・クラシケ」。1960年代から80年代のモデルが13台並べられていた。
ピットで行われた「フェラーリ・クラシケ」。1960年代から80年代のモデルが13台並べられていた。 拡大
パドックで公開された「458イタリア」。これまでに配布された広報資料、そしてこの日発表会でお披露目された実車と赤いボディカラーを見慣れていた目に、白がとても新鮮だった。
パドックで公開された「458イタリア」。これまでに配布された広報資料、そしてこの日発表会でお披露目された実車と赤いボディカラーを見慣れていた目に、白がとても新鮮だった。 拡大

関連キーワード:
458イタリアフェラーリイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.2 試乗記 「フェラーリ488GTB」をベースに、その走行性能を徹底的に高めたスペシャルモデル「488ピスタ」。マラネロのエンジニアたちは、この新型スーパースポーツでどんな走りを実現したのか。最終量産型に聖地フィオラノで試乗した。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【試乗記】 2018.3.12 試乗記 V8ターボエンジンを搭載するフェラーリの4シーター「GTC4ルッソT」に試乗。その走りにはどんな特徴があるのか。12気筒エンジンやMRの駆動方式を採用する、ほか多くの“跳ね馬”に接してきた清水草一がリポートする。
  • ジャガーIペース ファーストエディション/Iペース HSE EV400 AWD【海外試乗記】 2018.7.3 試乗記 “エレクトリック・パフォーマンスSUV”を名乗る、ジャガーのピュアEV「Iペース」にポルトガルで試乗。その走りは、これまで経験してきたEVとはひと味違った、ジャガーならではの素性のよさが感じられるものだった。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.6.26 試乗記 パワフルなV8ターボエンジンを搭載する、フェラーリのオープントップモデル「488スパイダー」。その走りの楽しみは、オープンエアモータリングのみにあらず。さまざまな場面で、クローズドボディーの「488GTB」とは違った魅力に触れることができた。
ホームへ戻る