第7戦トルコGP「最速チームの死角」【F1 2010 続報】

2010.05.31 自動車ニュース
勝負はこうやってするものさ──レッドブル2台の自滅を目の前で目撃したマクラーレン勢は、レース終盤の息詰まる首位攻防の末、接触することもコースアウトすることもせずに1-2フィニッシュを達成した。ルイス・ハミルトンは今季初優勝を飾り、ドライバーズランキング3位に浮上。前年のトルコGP覇者で今回2位に入ったジェンソン・バトンはランキングでも2位に。(写真=McLaren)
第7戦トルコGP「最速チームの死角」【F1 2010 続報】

【F1 2010 続報】第7戦トルコGP「最速チームの死角」

2010年5月30日、トルコのイスタンブール・パーク・サーキットで行われたF1世界選手権第7戦トルコGP。レース前から勝者が2人に絞られている、すなわちレッドブルのいずれかが真っ先にチェッカードフラッグを受けるであろうという大方の予想は、58周のレース中40周目に起きた同士討ちにより大きく覆された。

スタート直後のターン1に真っ先に進入するマーク・ウェバー(先頭)のレッドブル。僚友セバスチャン・ベッテル(前から2番目)が3番グリッドから2位にジャンプアップしたものの、次のターンで予選2位ハミルトン(同3番目)にかわされた。(写真=Red Bull Racing)
第7戦トルコGP「最速チームの死角」【F1 2010 続報】
過去2戦でライバルをことごとく蹴散らしたレッドブルに、直線スピードが抜群に速いマクラーレンが食い下がった。予選でハミルトン(写真前)2位、バトン(その後ろ)は4位につけ、レッドブルに離されることなくレース中盤以降は3-4位をキープ、最大のライバル2台が自滅すると1-2フォーメーションに。ハミルトンとバトンはその後、サイド・バイ・サイドの状態から“お手本のような”激しい抜きつ抜かれつを繰り広げたが、燃料セーブのため終盤は抑えの走りでゴールを迎えた。(写真=McLaren)
第7戦トルコGP「最速チームの死角」【F1 2010 続報】

■“あってはならない事故”

エアロ・コースのスペイン、メカニカル・グリップが求められるモナコ。性格のまったく異なる2つのコースで他を圧倒し連勝したレッドブルとマーク・ウェバーが、ここトルコで3戦連続、4度目のポールポジションを獲得した。僚友セバスチャン・ベッテルは3番グリッド。レースデイを迎え、向かうところ敵なしのレッドブルは、今年3度目の1-2を目指し、ウェバーはハットトリックに向かって突き進んでいた。

過去2戦ほどの一方的なアドバンテージはなかったものの、強力なダウンフォースを武器に、直線スピードで勝る強敵マクラーレンを従えての1-2体制。レースはレッドブルのもくろみ通りの展開となっていた──40周目までは……。

4台による接近戦のなか、長いバックストレートの後のターン12手前、2位ベッテルは1位ウェバーのインに思い切って飛び込んだ。レッドブルの2台はサイド・バイ・サイドの状態から、瞬く間にベッテルの右リアタイヤとウェバーの左サイドポッドが接触、ベッテルはマシンを回転させ激しくコースアウト、リタイア。ウェバーはコースアウト直後に復帰することができたが、マクラーレンの2台に先行を許し、優勝を逃した。

興奮ぎみにマシンを降りたベッテルは、頭の横で指をクルクルと回転させ、チームメイトへの怒りをあらわにした。そしてゴールまで走り切り3位となったウェバーは、表情を硬くしながら、奥歯にものが挟まったような発言に終始した。

言ってしまえば、よくあるレーシング・アクシデントかもしれない。現にスチュワードから何のおとがめもなかった。だが、優勝争いを繰り広げていた2台同士の接触ということ以上に、いまチャンピオンにもっとも近いチーム内での“あってはならない事故”であったことが大きかった。

かつてマクラーレンでアイルトン・セナとアラン・プロストが、あるいは最近ではフェルナンド・アロンソとルイス・ハミルトンがそうであったように、勝てるマシンを与えられた2人のドライバーの間にはある種のあつれきが運命づけられている。頂点のいすはひとつしかない。強烈なエゴで他人を蹴落とすメンタリティがない限り、この激烈ないす取りゲームには勝てない。

レース後、ウェバー、ベッテルともに自分に非がないことを訴えていた。これをきっかけにレッドブルのなかに確執が芽生えたとしたら、最速マシンをもってしてもチームのかじ取りが困難となり、今後の戦況もわからなくなる。アロンソ、ハミルトンの関係悪化が足を引っ張り、結果としてキミ・ライコネンとフェラーリにタイトルをさらわれた、という2007年シーズンの記憶もまだ新しい。2010年のターニングポイントになるかもしれない1戦で、2人のチャンピオンを擁する“確執歴の先輩格”マクラーレンが勝利したということに、何かの因果を感じてしまう。

まさかの同士討ちにチーム首脳、関係者も天を仰ぐ──最速マシンのレッドブルの死角は、シーズン序盤に頭を悩ませた信頼性の欠如ではなく、ドライバー間の度を過ぎた意地のぶつかり合い、だったのだろうか。接触によりリタイアしたセバスチャン・ベッテル(写真)は、自分がインサイドに飛び込み、先行していた矢先の接触であるとし、いっぽうトップから3位に落ちたマーク・ウェバーは、チームメイトが早めにステアリングを切ってきたと説明。双方口角泡飛ばす言い争い、にまでは(表面上)発展していないが、関係性の行方に注目が集まる。レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は「今日のジェンソン(バトン)とルイス(ハミルトン)は互いにスペースを与えながらレースをしていた。それこそ我々が(2人のドライバーに)求めていたことだ」。(写真=Red Bull Racing)
第7戦トルコGP「最速チームの死角」【F1 2010 続報】
今季最高位の予選5位を獲得したメルセデスのミハエル・シューマッハー(写真)。スタートでバトンを抜き一瞬4位を走るがすぐに逆転され、メルセデス勢は予選6位のニコ・ロズベルグとのタンデム走行に終始した。2強には突き放されたが、後続にも脅かされることなく、シューマッハー4位、ロズベルグ5位完走。(写真=Mercedes Benz)
第7戦トルコGP「最速チームの死角」【F1 2010 続報】

■レッドブル“接触の背景”

ポールシッターのウェバーの横には、今年初フロントローのハミルトン。3番グリッドにベッテル、次いでジェンソン・バトンと、レッドブルとマクラーレンが互い違いに並んだ。この予選順位が示唆するように、レースは2強同士の拮抗(きっこう)した展開となった。

走行ラインのアドバンテージを生かし、シグナルが変わった瞬間、クリーンなサイドの3位ベッテルは前方横の2位ハミルトンを抜き、早くもレッドブルがトップ2を占めた。しかしコーナー1つでハミルトンがすかさずオーバーテイクし、同じカラーリングのマシンの間にシルバーのマシンが割って入った。

スペイン、モナコでは後続を引き離せた首位ウェバーも、この日はハミルトンの猛チャージにあう。両者はおよそ0.5秒程度と僅差(きんさ)で周回を重ねたが、15周でトップ2台が同時ピットインをすると様相が変わる。リリースまで時間のかかったハミルトンは、このタイミングでウェバーを抜けなかったばかりか、コースに復帰すると逆に後ろのベッテルに抜かれ3位に落ちてしまったのだ。

何もなければ1ストップレースとなる今年のF1。最初(ほとんどのマシンにとっては唯一)のピット作業を終えると、1位ウェバー、2位ベッテル、3位ハミルトン、4位バトンという2強が数珠つながりとなっていた。この4台は2秒内に収まっており、5位ミハエル・シューマッハー以下後続の視界からどんどん遠ざかっていった。

そして、40周目の接触が起きた。実はこのとき、トップのウェバーは燃費走行に切り替えたばかりだったことが、レッドブルのチーム代表、クリスチャン・ホーナーの口からレース後語られた。
その1周後に同じモードで燃料をセーブしなければならなかったベッテルは、すぐ背後に迫るハミルトンからのプレッシャーも加わり、僚友のスピードが鈍るこの一瞬に賭けたのだ。
追い抜かれる方と追い抜く方。F1がスポーツである以上、両者に求められるのは当たらない分だけのスペースだ。ウェバーとベッテルの間には、それが皆無だった。

いっぽう、思わぬ1-2が転がり込んだマクラーレンの2人も、その後の丁々発止で観客をわかせた。小雨降る残り9周という時点、レッドブルと同じターン12でバトンがハミルトンの間隙(かんげき)を突き、続く最終セクションでの並走の後、首位の座を奪った。
だがそのオーダーも数百メートル程度で元に戻り、ターン1手前でハミルトンが首位奪還に成功。2人のチャンピオン経験者が駆る2台の同じマシンは、接触することなく、チームにとって第4戦中国GP以来となる1-2フォーメーションのままチェッカードフラッグをくぐり抜けた。

フェラーリはレッドブルやマクラーレン、メルセデスにまったく歯が立たず、中堅ルノー相手の日曜日を過ごした。これまでトルコで3勝しているフェリッペ・マッサは予選8位、フェルナンド・アロンソ(写真)に至っては同12位と低調。マッサはロバート・クビサと相対し、無難なレース運びで7位、アロンソは終盤ようやくビタリー・ペトロフを攻略し8位フィニッシュ。(写真=Ferrari)
第7戦トルコGP「最速チームの死角」【F1 2010 続報】
小林可夢偉(写真前)が今季3度目の予選トップ10に食い込み、10番グリッドから見事10位完走。BMW撤退後のザウバーにとって初ポイントをもたらした。ペドロ・デ・ラ・ロサ(その後ろ)は小林の後ろ11位でゴール。苦戦をしいられている今シーズン中盤以降に光明を見いだす2台完走となった。(写真=Sauber)
第7戦トルコGP「最速チームの死角」【F1 2010 続報】

■マクラーレンがランキングトップに

前戦モナコで結成以来初めてコンストラクターズランキングトップに躍り出たレッドブルは、今回1-2をみすみす逃したことで、得られたはずのポイント43点をまるまるマクラーレンに献上。その結果、マクラーレンがわずかながら1点上回り首位に立った。

ウェバーは引き続きドライバーズランキングをけん引しているが、2連勝で築き上げたポイントと自信が、この事件で揺らぐようなことがあれば……背後に迫る2位バトン、3位ハミルトン、4位フェルナンド・アロンソ、5位ベッテルまでが、1勝=25点獲得でトップに浮上する可能性を持つ。タイトル経験者とそうでないものの違いは、マシンの性能差以上に、精神面に作用するかもしれない。

次戦は久々の北米ラウンド、カナダGP。決勝は6月13日に行われる。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。