メルセデス、Mクラスにクリーンディーゼルモデル追加

2010.05.31 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツML350ブルーテック 4マチック」
メルセデス、Mクラス」にクリーンディーゼルモデル追加

「メルセデス・ベンツMクラス」にもクリーンディーゼルモデル

メルセデス・ベンツ日本は2010年5月31日、高級SUVの「Mクラス」にディーゼル排出ガス処理システム「BlueTEC(ブルーテック)」を装備した「ML350ブルーテック 4マチック」を追加し、発売した。

■コンパクトSUVなみの燃費

2005年10月に日本デビュー、2008年10月にフェイスリフトが施された現行型「Mクラス」に、クリーンディーゼルモデルが追加された。初代Mクラスにあったディーゼルエンジン車「ML270CDI」は、Mクラス全体の約50%を占めた人気モデルであったことから考えれば、待ちに待ったという方も多いかもしれない。

搭載される3リッターV6直噴ターボディーゼルエンジンは、最高出力211ps/3400rpm、最大トルク55.1kgm/1600-2400rpmのパフォーマンス。先に「E350ブルーテック」に採用されたものと同型のユニットだ。トランスミッションは7段のオートマチック(7Gトロニック)が組み合わされる。
尿素水溶液「アドブルー」を排ガス中に噴射し、NOx(窒素酸化物)を削減するという仕組みは「Eクラス」同様。日本の排ガス規制「ポスト新長期規制」をクリアする。

燃費は9.4km/リッター(JC08モード、社内参考値)を公表、2290kgというヘビー級のボディながら、コンパクトSUVなみの低燃費を実現したとうたわれる。

価格は814.0万円で、「ML350 4マチック」(756.0万円)と「ML550 4マチック」(1086.0万円)の中間に位置づけられた。

2年前より「メルセデス・ベンツE320 CDI」(先代モデル)に乗る、アルピニストの野口健氏。「どういうクルマに乗っているかということが、環境への取り組みの人に対するメッセージ」とコメント。今後は写真の「ML350ブルーテック 4マチック Limited for Seven Summits by Ken Noguchi」に乗って活動するという。
2年前より「メルセデス・ベンツE320 CDI」(先代モデル)に乗る、アルピニストの野口健氏。「どういうクルマに乗っているかということが、環境への取り組みの人に対するメッセージ」とコメント。今後は写真の「ML350ブルーテック 4マチック Limited for Seven Summits by Ken Noguchi」に乗って活動するという。

メルセデス、Mクラスにクリーンディーゼルモデル追加の画像

■7台限定の特別仕様車も

アルピニスト野口健氏とのコラボレーションによる、特別仕様車「ML350ブルーテック 4マチック Limited for Seven Summits by Ken Noguchi」も同日に発表・発表された。同氏の「“山”に対するインスピレーションを反映した」(プレスリリース)というモデルだ。

雪の結晶をイメージしたという専用デザインの20インチアルミホイールのほか、本革シートや電動ランバーサポートなどを含むラグジュアリーパッケージなど、快適性を高める装備が用意される。
ボディカラーはオブシディアンブラックとカルサルホワイトの2種で、価格は899.0万円。7台のみの限定販売となる。
なお、売上の一部は同氏が代表を勤めるNPO法人「セブンサミッツ持続社会機構」を通じて、清掃活動や地球温暖化の調査などの環境保全活動へ寄付されるという。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Mクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/7AT)【レビュー】 2016.1.8 試乗記 デビューから36年を経た現在でも高い人気を誇る、メルセデスのクロスカントリーヴィークル「Gクラス」。このクルマが長年にわたって支持され続ける理由はなんなのか? 新たに4リッターV8ツインターボが搭載された「G550」に試乗し、その魅力について考えた。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る