BMW X6、新エンジンで燃費改善

2010.05.31 自動車ニュース

「BMW X6」、新エンジンで燃費改善

BMWジャパンは2010年5月27日、スポーツ・アクティビティ・クーペ「X6」にマイナーチェンジを施し、発売した。

高級SUV「X5」のマイナーチェンジに続き、SUVライクな4シータークーペ「X6」も小変更を受け、日本で発売された。

マイナーチェンジのキモは、「X5」同様、そのエンジンだ。すなわち、「xDrive35i」の3リッター直6ツインターボユニットは、シングルターボの3リッター直6に変更され、無段階可変バルブ制御のバルブトロニックを新たに採用。
さらに、6段だったオートマチックトランスミッションが8段になり、ブレーキに運動エネルギーを回収する「ブレーキエネルギー回生システム」が採用されたのと相まって、燃費性能は約21%改善された。

ツインターボの4.4リッターV8エンジンを搭載する「xDrive50i」も同様に、8段ATやブレーキエネルギー回生システムの採用などにより、5%の数値アップを実現したという。

価格は、「X6 xDrive35i」が856.0万円で、「X6 xDrive50i」が1098.0万円。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

X6の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る