670psのフェラーリ、599GTO日本デビュー

2010.05.31 自動車ニュース

670psのフェラーリ、599GTO日本デビュー

フェラーリ・ジャパンは2010年5月29日、静岡県小山町の富士スピードウェイで開かれた「フェラーリ・フェスティバル・ジャパン2010」において、「フェラーリ599GTO」を日本初公開した。

■史上最速の公道用フェラーリ

1960年代の「250GTO」、80年代の「288GTO」に続き、フェラーリ史上3台目となる「GTO」(Oはオモロガート=ホモロゲーションの意味)の名を冠した「599GTO」は、今年4月の北京モーターショーでワールドプレミアを果たしたモデル。6リッターV12エンジンをフロントに搭載した「599」をベースにしたサーキット専用車「599XX」のロードゴーイングバージョンである。

かつての「250GTO」「288GTO」がモータースポーツ参戦を目的としたホモロゲーションモデルだったのに対して、「599GTO」は公道を走るためにホモロゲーションを取得したモデル。強烈なパフォーマンスと同時に、多用途性や快適性をも追求した「史上最速のロードゴーイング・フェラーリ」というのが、フェラーリ自身によるうたい文句である。

より薄いアルミパネルやガラス、複合素材の導入などレーシングテクノロジーを駆使した徹底的な軽量化によって、乾燥重量は1495kgと「599」に比べ100kgもの軽減を達成。エアロパーツの装着により空力性能は改善され、ダウンフォースは「599」より倍増した。

第2世代に進化した「マグネティックライドコントロール・サスペンション」、より強力になった「カーボンセラミックブレーキ」、そして「ESP」や「F1-Trac」などの車両制御システムによりシャシー性能も一段と向上している。

5999ccの65度V12エンジンは「599XX」をベースに、ユーロ5およびLEV2規制に適合させるなど公道走行用にセッティングを変更。それでも最高出力は670ps/8250rpm、最大トルクは620Nm(63.2kgm)/6500rpmを発生、パワーウェイトレシオは2.23kg/psとなる。
トランスミッションは6段シングルクラッチの2ペダルMT「F1ギアボックス」の最新バージョンで、変速時間はわずか60ミリセコンド(0.06秒)に短縮された。

「史上最速」をうたうパフォーマンスは、最高速度335km/h以上、0-100km加速3.35秒、0-200m加速9.8秒、そして0-1000m加速が19.9秒。フェラーリ自前のサーキット(テストコース)である「フィオラノ・サーキット」におけるラップタイムは1分24秒を記録したという。
この「599GTO」、車名のとおり599台が限定生産されるが、すでに完売とのことである。

(文と写真=田沼 哲)

「599GTO」とフェラーリ・ジャパン プレジデント&CEOのエドウィン・フェネック氏(左)、フェラーリS.p.A コマーシャル&マーケティング・ディレクターのエンリコ・ガリエラ氏(右)。
「599GTO」とフェラーリ・ジャパン プレジデント&CEOのエドウィン・フェネック氏(左)、フェラーリS.p.A コマーシャル&マーケティング・ディレクターのエンリコ・ガリエラ氏(右)。

670psのフェラーリ、599GTO日本デビューの画像

670psのフェラーリ、599GTO日本デビューの画像
プレス・コンファレンスで2台を紹介するフェラーリS.p.A プロダクトマネージャーのアンドレア・バッシ氏。「日本は我々にとって、重要なマーケット。盛大なファン感謝イベントのなかでニューモデルを発表することができ、光栄に思います」。
プレス・コンファレンスで2台を紹介するフェラーリS.p.A プロダクトマネージャーのアンドレア・バッシ氏。「日本は我々にとって、重要なマーケット。盛大なファン感謝イベントのなかでニューモデルを発表することができ、光栄に思います」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

599の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「フェラーリGTC4ルッソT」発表会の会場から 2017.3.16 画像・写真 フェラーリがフロントエンジンの4シーターモデル「GTC4ルッソT」を日本で初公開。0-100km/h加速が3.5秒、最高速が320km/h以上という動力性能と、4シーターならではの実両性を併せ持つニューモデルのディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • 【ジュネーブショー2017】最高出力500psの「ポルシェ911 GT3」登場 2017.3.8 自動車ニュース 独ポルシェは2017年3月7日、ジュネーブショーモーターショーで「911 GT3」の最新モデルを世界初公開した。同車は最高出力500psの4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載しており、日本での販売価格は2115万円。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その1) 2017.3.8 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フェラーリは「F12ベルリネッタ」の後継車に当たる新しいフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を世界初公開した。
ホームへ戻る