第7戦トルコGP決勝結果【F1 2010 速報】

2010.05.31 自動車ニュース

第7戦トルコGP決勝結果【F1 2010 速報】

【F1 2010 速報】第7戦トルコGP、レッドブル“自滅”でマクラーレン1-2、ハミルトン今季初V

F1世界選手権第7戦トルコGP決勝が、2010年5月30日、トルコのイスタンブール・パーク・サーキット(5.338km)を58周して行われた。

3戦連続、今年4度目のポールポジションからスタートしたマーク・ウェバー。チームメイトのセバスチャン・ベッテルを従えて、破竹の勢いでハットトリックとチーム3度目の1-2を目指していた矢先、2台のレッドブル・ルノーがまさかの接触……。
結果、レッドブルと僅差の攻防を繰り広げていたマクラーレン・メルセデスが1-2フィニッシュを達成。ルイス・ハミルトンは昨年第14戦シンガポールGP以来、今季初優勝を飾った。

2位ジェンソン・バトン、3位は接触からリタイアを免れたウェバー。表彰台にのぼった3人は、チャンピオン最有力候補とみられるチーム内で起きた同士討ちのショックで複雑な表情を浮かべていた。

ミハエル・シューマッハー4位、ニコ・ロズベルグ5位とトップ2チームには歯が立たなかったメルセデスの2台が続き、6位に入ったルノーのロバート・クビサを間に挟み、7位フェリッペ・マッサ、8位フェルナンド・アロンソとフェラーリの2台が入賞した。
フォースインディア・メルセデスのエイドリアン・スーティルが9位、そしてザウバー・フェラーリの小林可夢偉が10位に入り、自身今シーズン初となる得点を成し遂げた。

以下、11位ペドロ・デ・ラ・ロサ(ザウバー)、12位ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ・フェラーリ)、13位ビタントニオ・リウッツィ(フォースインディア)、14位ルーベンス・バリケロ(ウィリアムズ・コスワース)、15位ビタリー・ペトロフ(ルノー)、16位セバスチャン・ブエミ(トロロッソ)、17位ニコ・ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ)、18位ティモ・グロック(バージン・コスワース)、19位ルーカス・ディ・グラッシ(バージン)、20位カルン・チャンドック(HRTコスワース)が完走となった。

ドライバーズチャンピオンシップでは、ウェバーが93点で引き続きトップをキープ。88点で2位バトン、84点でハミルトンとマクラーレン勢が浮上し、4位アロンソは79点、無得点に終わったベッテルは78点で2位から5位にドロップした。

コンストラクターズチャンピオンシップは、172点を獲得しているマクラーレンが3位から首位に躍り出て、レッドブルは僅か1点差ながら1位から2位に後退。フェラーリは146点で3位、メルセデス100点で4位という順位となる。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。