クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=3956×1715×1455mm/ホイールベース=2455mm/車重=1190kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=269万円(テスト車=273万7250円/ルーフステッカー=4万7250円)

シトロエンDS3 スポーツシック(FF/6MT)【試乗速報】

艶やかコンパクト 2010.05.31 試乗記 シトロエンDS3 スポーツシック(FF/6MT)
……273万7250円

「C3」をベースに個性を強く打ち出したスペシャリティカー「DS3」。「DSライン」シリーズ第1弾となる3ドアコンパクトハッチに試乗した。

「DS」へのオマージュ

「シトロエンDS3」は、2009年11月に欧州でデビューしたコンパクトハッチ「C3」のいわば3ドア版。「DS」は、「Déesse(女神)」ならぬ「Different Spirit」を意味するという。「Surprise(驚き)」「Appeal(魅力)」「Vitality(活力)」が開発時のキーワードだったとか。もともとパーソナルな性格が強い3ドアモデルだが、シトロエンでは新たに「DSライン」と名付けてスペシャル感を強調、別の車種にもDSラインを展開していく予定だ。

DS3のボディサイズは、全長3965mm、全幅1715mm、全高1455mm。5ドアのC3よりわずかに長く(+10mm)、広く(+15mm)、スポーティさを強調するためか全高は75mmも低い。ホイールベースも10mm短縮され2455mmと、スペシャルモデルとしての性格付けは本格的だ。外寸だけで比較すると、マーケットで真っ向からぶつかる「MINI」(全長3700×全幅1685×全高1430mm)が、すっぽり入る大きさだ。

大きく口を開けたグリルの左右には、縦に並べられた6個のLEDライトが点灯する。実用上の必要性は感じられないが、プジョーとのコンポーネンツの共有化が進む昨今のシトロエンゆえ、できるだけ新奇なことに挑戦したほうがいい。このLEDライトは常時オンだが、車幅灯やヘッドランプが点灯すると消える。

C3が「ゼニスフロントウィンドウ」と呼ばれる、前席乗員の頭上を越えて広がるフロントガラスを採用した一方、DS3もウィンドウグラフィックに凝っていて、Bピラーは「シャークフィン」と呼ばれる形状が採られた。しかも上部3分の1はブラックアウトされているので、あたかもルーフが浮揚しているように見える。しかもDS3は、ルーフの色をボディカラーと違った色から選ぶことができる。ルーフを白く塗ってユニオンジャックを描いたMINIを連想する人がいるかもしれないが、新型シトロエンのそれは、もちろん「DS」へのオマージュである。

「DS3」の“ダブルシェブロン”は大きなフロントグリルの中にレイアウトされ、その上に「DSライン」専用のエンブレムが配される。左右のフロントLEDライトも個性をアピールする。
「DS3」の“ダブルシェブロン”は大きなフロントグリルの中にレイアウトされ、その上に「DSライン」専用のエンブレムが配される。左右のフロントLEDライトも個性をアピールする。 拡大
「シャークフィン」デザインと呼ばれるBピラーは、その名のとおりサメの背びれを思わせる。
「シャークフィン」デザインと呼ばれるBピラーは、その名のとおりサメの背びれを思わせる。 拡大
リアには「DS3」専用のエンブレム。
リアには「DS3」専用のエンブレム。 拡大
注目の記事PR
  • 音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。
    音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。 アバルト特集
注目の記事一覧へ

シトロエンDS3 スポーツシック(FF/6MT)【試乗速報】の画像 拡大
「スポーツシック」には、17インチアロイホイールが標準装備。ホイールカラーはブラン(白)とノアール(黒・写真)の2色から選べる。
「スポーツシック」には、17インチアロイホイールが標準装備。ホイールカラーはブラン(白)とノアール(黒・写真)の2色から選べる。 拡大
「C3」よりマッチョな印象のリアビュー。デュアルクロームエキゾーストエンドやルーフスポイラー、クロームサイドモールディングは、「スポーツシック」のみの装備。
「C3」よりマッチョな印象のリアビュー。デュアルクロームエキゾーストエンドやルーフスポイラー、クロームサイドモールディングは、「スポーツシック」のみの装備。 拡大

楽しい色選び

日本のコンパクトカー市場は、97%が国産車。輸入車は、残り3%を分け合っているのが現状だ。その3%のうち39%が「MINI」、26%が「フォルクスワーゲン・ポロ」、11%が「フィアット500」、そして「プジョー207」(9%)、「アルファ・ロメオ ミト」(2%)が後を追う。

プジョー・シトロエン・ジャポンとしては、先代C3の販売がしばらく途絶えていたから、このセグメントへの再参入となる。DS3のようにインパクトがあるモデルは、願ってもないアイテムだろう。実際、C3/DS3が気になってディーラーに足を運ぶユーザーの数が増えているそうだ。
従来のシトロエンディーラーに加え、プジョー販売店の助けも借りて、販売・サービス網の拡充に努めている。C3/DS3の両モデルで、かつての「プジョー206」のような成功を再現させたいところだ。

日本でのDS3の発売は、2010年5月6日。「1.6リッター(120ps、16.3kgm)+4段AT」の「Chic(シック)」と、「1.6リッターターボ(156ps、24.5kgm)+6段MT」の「Sport Chic(スポーツシック)」の2車種で構成される。価格は、前者が249万円、後者が269万円。ライバルと目される「MINIクーパー(6AT)」は270万円、「クーパーS(6MT)」が297万円である。

DS3の楽しいところがカラーバリエーションの豊富さで、ボディ、ルーフ、ドアミラー、さらにアロイホイールやダッシュパネル、シートカラーにもバリエーションが用意される。当初は19種類の組み合わせが提案されるが、受注生産扱いでよりパーソナルなオーダーにも対応するという。

ボディやルーフ&ドアミラーをはじめ、シート、ダッシュボード、ホイールなどの色を好みに応じて組み合わせられる「ビークルパーソナリゼーション」は「DS3」の最大の特徴。さらにオプションでレザーシートやルーフステッカーを選ぶこともできる。写真は、ゼブラのルーフステッカー。
シトロエンDS3 スポーツシック(FF/6MT)【試乗速報】

若やいだ運転感覚

この日試乗できたのは、1.6リッターターボを積んだ「スポーツシック」。バケット調のスポーティな運転席に座ると、足元にはレーシィな雰囲気のアルミペダルが3つ並ぶ。革巻きのハンドルは、5ドアのC3より小径なタイプ。大きめのシフトノブを握って走り始めると、過給器付きらしい太いトルクで1190kgのボディを力強く動かす。

ツインスクロール式ターボを備えた1.6リッターは、燃料を直接シリンダーに吹くダイレクトインジェクション。連続可変バルブタイミング機構を備え156ps/6000rpmの最高出力と、24.5kgmの最大トルクを1400-3500rpmの広い範囲で発生する。1000rpmから過給が始まり、劇的なターボバンでドライバーを驚かすのではなく、アウトプットをじんわりと加勢するタイプだ。

ダイレクト感が強いマニュアルギアとの組み合わせは痛快で、スタイリッシュな3ドアハッチを運転している高揚感と併せ、なんというか若やいだ気分になる。子供たちが手を離れ、クルマのダウンサイジングを図りたい年配の方にも、ぜひ乗ってみていただきたい。

マクファーソンストラット(前)、トーションビーム(後)というコンベンショナルな形式をもつ足まわりは、5ドアモデルと比較すると明確に硬めだが、快適性を損なうレベルではまったくない。ロールは漸進的で、速めの旋回ではじんわり傾くさまが心地よい。オシャレさんを狙った男性誌なら「艶やかコンパクト」とでも名付けるであろうニューシトロエンである。

(文=細川 進(Office Henschel)/写真=河野敦樹)

「C3」より小径のステアリングホイールには「DSライン」専用のエンブレムがレイアウトされる。
「C3」より小径のステアリングホイールには「DSライン」専用のエンブレムがレイアウトされる。 拡大
「スポーツシック」には、アルカンタラ&ファブリックのダイナミックシートが標準装備される。
「スポーツシック」には、アルカンタラ&ファブリックのダイナミックシートが標準装備される。 拡大
シトロエンDS3 スポーツシック(FF/6MT)【試乗速報】の画像 拡大

関連キーワード:
DS3シトロエン試乗記

あなたにおすすめの記事